必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

レジオフォーミュラB+試打評価|モーダス120ユーザーのためのカーボンシャフト

シャフト試打

モーダス120のためのシャフト

レジオフォーミュラシリーズは日本シャフトが展開するカーボンシャフト。レジオフォーミュラBプラスはモーダス120に似せた剛性分布でマッチングを推奨しています。

同じような剛性分布なら同じように振れるというそんな単純なものではないのですがまぁそういうコンセプトのものがこれまでなかったので選びやすいです。

今回はレジオフォーミュラB+を試打データをもとに評価していきます。モーダス120とのマッチングについても解説します。

レジオフォーミュラBプラスのデザイン

レジオフォーミュラBプラスは黒に青の模様が入ったコスメです。安っぽくなくて良いです。

高級感を出すのは難しいですが、このデザインは嫌いな人いないんじゃないですか。

レジオフォーミュラBプラスの良いところは構えると真っ黒なシャフトになるというところです。

試打データ

レジオフォーミュラBプラス65S×エピックフラッシュサブゼロ9.0°

ヘッドスピード54.7m/s
ボールスピード76.0m/s
平均キャリー302y
平均トータル324y
平均サイドスピン142rpmフェード
平均バックスピン2376rpm
平均打ち出し角-0.9°
平均打ち上げ角15.2°
最大の高さ48y
落下角度44°
左右ブレ4y

エピックフラッシュサブゼロを装着して試打をしました。ほぼニュートラルなヘッドなので特性がわかるかなと思います。レジオフォーミュラBプラスは非常に小さいフェードで集まりました。

ここまで綺麗なフェードが安定して打てるシャフトはありません。レジオフォーミュラBプラスは低中弾道のフェードです。初速は平均76m/sで最高77.1m/sでした。方向としてはMB+とも似ていますがBプラスの方が初速は出ます。

キャリーは常に平均値通りでブレは1y、横方向も7yしかブレません。レジオフォーミュラシリーズはどれも安定性が高くて素晴らしいですね。

レジオフォーミュラB+の特徴

  • フェードバイアス
  • 低中スピン
  • 安定性は100点
  • 飛距離性能は普通
  • 左を防ぐというよりフェードが打てる

レジオフォーミュラB+の良さ

レジフォーミュラBプラスの良さは間違いなく安定性です。

モーダス120を普段からコレクションアイアンに装着しているくらいのモーダス120愛好家ですが、この安定性はモーダス120とも少し違う気がします。

ただここまで安定するシャフトは非常に稀なので評価は高いです。

レジオフォーミュラB+は本当にモーダス120と合う?

モーダス120と言っても4つのフレックスがあります。一方でレジオフォーミュラBプラスには3つのフレックスしかありません。

なのでフレックスを選ぶことが難しい。

実際、今回打ったレジオフォーミュラBプラス65Sだとモーダス120のRやXに近いフィーリングだと思いました。モーダス120Sだと、レジオフォーミュラBプラス65Sよりもかなり捕まると思うのでマッチングは必ずしも一致しないと思います。

レジオフォーミュラB+の振動数

レジオフォーミュラB+65Sの振動数は252cpmでした。同じレジオフォーミュラのMB+の振動数は255cpmだったので大体同じくらいだと思います。

重さの割に柔らかいという点ではモーダス120と共通している部分もあるかもしれません。

レジオフォーミュラBプラスのセッティング

レジオフォーミュラBプラスはマトリックスチャートで言えばIZの右上あたり。

当時の指標だとBプラスはテンセイCKプロオレンジの近くにありますが、もっとフェードかなと判断しました。マトリックスチャートは日々変動していますので最新版は下をチェック。

合わせるヘッドはニュートラルからフェードポジション。一部スピン量が少ないモデルならドローポジションのヘッドも合うと思います。

データチャート

決して優しいシャフトではないのでやさしさの評価は低めにしましたが、安定性はバグっているので高評価。スピン量も丁度良いです。

総合評価

フェードバイアスということでモーダス120と本当に似ているのかは若干疑問です。フレックスの違いによる反応なんかも試してみないと本当の意味でのマッチングは成立しないと思います。

とは言ってもシャフト単体として素晴らしい仕上がりなのでそれだけで検討する余地はあると思います。

おススメ度5 out of 5 stars (5 / 5)

Kai'li(カイリ)ホワイト試打評価|テンセイを超える?シャウフェレが使うUSミツビシ出身モデル
ミツビシKαi'li(カイリ)ホワイト試打評価です。USミツビシの新作で2万円以下で買えるにもかかわらず、超高性能で良い素材も使っているシャフト。シャウフェレもシフトしたカイリホワイトはテンセイを超える完成度になるのか?
スピーダーNXグリーン試打評価|過去1ハードなスピーダー!低スピンフェードを打ちたいならこれ!
スピーダーNXグリーン試打評価です。過去1ハードなスピーダーで、低スピンフェードが打てます。ベンタスにも、歴代のスピーダーにもないローテーションの感触はあなたの救世主になるかも。スピーダーNXグリーンの特徴やセッティングまで考察しています。
ツアーAD CQ試打評価|気持ちよすぎる走り感で高初速を実現!
ツアーAD CQを試打評価します。走り系のツアーADとしてはVRの後継モデルとなります。ツアーAD PTやDJなどと似た独特な走り感は初速向上にも貢献しています。最高キャリーは319yと、これまた異次元です。
ディアマナGT試打評価|ディアマナGTはZFの後継の捕まる元調子
ディアマナGTを試打評価します。ディアマナGTは捕まりの良いディアマナZFの後継モデルとして登場。TB、PDに続く3代目の新デザインです。ディアマナGTはスライスの吹け球を防ぐことは出来ますが、それならもっと腕を上げて欲しいものです。
レジオフォーミュラMB+試打評価|”叩ける”ってのはコイツのことだ!
レジオフォーミュラMB+を試打評価します。世の中の叩けるシャフトを全て亡き者にするほどのインパクトを与えるシャフトです。レジオフォーミュラMBはモーダス105、115、125との相性を考えて設計されていますが、それ以外のユーザーにも需要のあるシャフトだと思います。
レジオフォーミュラB+試打評価|モーダス120ユーザーのためのカーボンシャフト
レジオフォーミュラB+を試打評価します。モーダス120とのマッチングを考えて作られたシャフトです。日本シャフトはスチールだけでなくカーボンを作らせても一流なのは、レジオフォーミュラB+を使えば分かるはずです。
ベンタスTRブラック試打評価|全方位高剛性の誰得シャフトが爆誕!
ベンタスTRブラック試打評価です。ベンタスブラックのさらに高剛性モデルがベンタスTRブラック。振動数的にも振り心地的にも硬さが目立ち、試打データ分析は非常に難しかったです。ベンタスTRブラックは特性が分かりにくく、飛距離も出しにくいので我こそはと言う変態に打ってほしいです。
ベンタスTRレッド試打評価|高初速でセッティングも自由自在!
ベンタスTRレッドの試打評価です。ベンタスTRレッドはベンタスシリーズの最新モデル。高初速なのであらゆるヘッドと組んでも飛距離が出しやすいです。ベンタスTRレッドは今後国内展開されるかもしれませんので今のうちに予習しておきましょう。
カイリブルー試打評価|テンセイの時代を終わらせる新シリーズ第二弾
カイリブルー試打評価です。US三菱の新シリーズのカイリの第二弾です。カイリブルーはカイリホワイトよりも少ししなりが大きく誰でも扱える方向性やスピン特性を持ちます。アマチュアにとってメリットが多いカイリブルーはテンセイシリーズを超える人気モデルになれるのか。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました