スピーダーエボリューションⅢ試打&評価|ストレートに近いドローを狙う

スポンサーリンク
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
シャフト試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

捕まり弱めの奇数スピーダー第二弾

スピーダーエボリューションⅢは先中調子のスピーダーエボリューションシリーズの奇数系になります。

 

初代が濃い青のコスメだったのに対して、エボⅡと似た赤のコスメで登場しました。フジクラはスピーダーエボリューションシリーズのうち、直近3世代しか語ろグに載せないので、エボⅢはもうすでにカタログ落ちしています。

 

新品のクラブにエボⅢを組んで発注することは出来ませんが、人気シリーズですし、まだこのサイトに掲載していなかったのでこんかいは特集してみようと思います。

 

それでは試打データから分析していきます。

試打データ

ヘッドスピード53.1m/s
平均キャリー282y
平均トータル301y
平均サイドスピン68rpmドロー
平均バックスピン2891rpm
平均打ち出し角-0.4°
平均打ち上げ角15.4°
最大の高さ50y
落下角度47°
左右ブレ-6y

他のスピーダーエボリューションシリーズと比較すると、エボⅢはやや控えめな飛距離になりました。

 

最大飛距離はキャリーで285y、トータル304yです。

 

特徴はサイドスピンの少なさで、スライスが出にくいストレート系。先中調子でストレート系の球が出るのは珍しいですね。

 

実際に後でお見せする弾道もストレートになっているので参考までに。

 

また、バックスピンはやや多めといったところでしょうか。ボリュームゾーンは3000rpm付近でハードヒッターには少し多いです。

 

故に飛距離が伸び悩んだと思われます。

 

打ち上げ角は少し高めの15.4°。ボリュームゾーンが16°くらいなので高打ち上げですね。エボⅢが発売された当時のヘッドは弾道が低いモデルも多かったのでこのような設計になっているのかもしれません。

 

エボⅢの弾道

左の二球がエボⅢのシャフトとしての弾道イメージと思ってください。ほとんど曲がり幅が無いストレートボールです。

若干高めの弾道。

エボⅢのフィーリングと相性

エボⅢは右に飛ぶ心配が少ないので、スライサー向けだと思います。

ただ、エボⅤのような強い強制力は感じませんので、超スライサーはエボⅢよりもエボⅤの方が合うでしょう。

 

また、剛性感は先端のやわらかさは感じるものの、急激に加速するような挙動は見せません。先中のわりには比較的穏やかです。

 

ヘッド軌道がインサイドアウトの方が飛ばしやすいでしょう。アウトサイドインだとおそらく左に引っ掛けると思われます。

今現在緩いフェードを打っている人がドローに挑戦してみたいならこのシャフトはもってこいだと思います。

 

データチャート

ハードヒッター向けのシャフトではなさそうです。

 

全体的にしなる量が多く、バックスピンがかかりやすいので飛距離は期待しにくいでしょう。

 

エボⅢは非常に限定されたタイプの人にフィットするシャフトだと感じました。

 

総評

わざわざ買うほどのシャフトでは無いかなと。

 

廃版になっていますし、入手はしやすい訳では無いので中古がメインの市場になってくるでしょう。

 

スピーダーエボリューションシリーズの中でも、エボⅢは特に微妙な味付けなので見極めやセッティングが難しそうです。

 

おススメ度

スピーダーエボリューション(初代)試打&評価|飛距離アップを目指したエボシリーズの初代となるモデル
スピーダーエボリューションの試打&評価です。スピーダーエボリューションシリーズの初代であるこのモデルを試打して、データ分析をしながら特徴やフィットする人を解説します。初代スピーダーエボリューションは多くの人にフィットする癖の少ない特性と、ヘッドスピードが上がりやすいことから、飛距離アップにつながること間違いなしです。
スピーダーエボリューションⅣ試打データ付き評価|低スピンのスピーダー
スピーダーエボリューションⅣの試打レビューです。ストレートボールを打つことが出来る強弾道スピーダーです。中調子とは思えないほどしっかりとした振り心地で上級者の人でも楽しんで打てるでしょう。
スピーダーエボリューションⅤ試打データ付き評価|スイング強制用シャフトとして入れるのがおススメ
スピーダーエボリューションⅤ(5)の試打レビューです。捕まり系奇数スピーダーはかなり低弾道でドローが打てる仕様。筆者は変態なのでスイング強制用のシャフトとして評価しています(笑)。
スピーダーエボリューションⅥ(6)試打&評価|スピーダーっぽくないハードな振り心地
スピーダーエボリューションⅥ、6世代目のスピーダーの試打&評価です。偶数の中調子のシャフトで、様々なヘッドと組めそうな癖の少ないシャフトです。振り心地はスピーダーらしからぬハードなイメージです。スピーダーTRを使っている人がもう少し捕まえたいならこのシャフトでしょう。

/https://gearnote300y.com/shaft-review/speeder-evo7/

ディアマナTB試打&レビュー|超飛ぶ新コスメのディアマナTBは何が進化したのか
ディアマナTBの試打&レビューです、青マナの最新作であるディアマナTBは前作と比べてややマイルドで万人受けな振り心地になりました。飛距離性能、安定性ともに素晴らしいの一言です。特にハードヒッターの方にはお勧めのシャフトです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました