必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ダイナミックゴールド85VSS PRO試打評価|打感が良くなる?新発想のダイナミックゴールド

シャフト試打

ダイナミックゴールドの十八番

ダイナミックゴールドといえば、40年前に設計された化石のようなシャフトでありながら、数多くのトッププロに支持され続けている定番中の定番。しかし剛性分布という考えすらない時代の製品なので、新しく台頭してきたニッポンシャフト等の追随を許している状況。

そんな中始まったのがダイナミックゴールドシリーズの刷新。所謂数字シリーズが発売され、軽量モデルもラインナップ。そして新たな試みとしてVSSというテクノロジーを搭載したモデルも登場。

このVSSとは“バイブレーション・サプレッション・システム”の略で、振動を抑制することを意味します。これはシャフト内部におそらく樹脂か何かのパーツを入れて振動を減らすというもの。昔あったダイナミックゴールドスピナーと似たようなことをしています。もっといえば、ツアーイシューEXのギミックとも似ています。

今回はそんなダイナミックゴールド85VSS PROをレビューしていきます。

ステルスアイアン試打評価|いつも穴場のコスパアイアン
テーラーメイドステルスアイアン試打評価です。いつもコスパが良いアイアンを発売するテーラーメイドですが、2022年モデルのステルスアイアンは、非常にシャープなデザインと高性能で人気間違いなしのアイアンです。
テーラーメイドP790アイアン(2021)試打評価|改善された打感とシャープなデザイン
テーラーメイドP790アイアンの2021年モデルを試打しましたので評価をします。マットとクロムを組み合わせたシャープなデザインで、充填剤もこれまでと違うものを入れたことで打感も改善。P790アイアンは30.5°のロフトを考えると凄まじく魅力的なアイアンです。

装着されるヘッド

今回特集するダイナミックゴールド85VSS PROは今のところ限定モデルのようです。通常のラインナップでは95VSS PROというモデルがありますが、85VSS PROはテーラーメイドのP790とステルスアイアンに限定モデルとして装着されます。

カラーリングは通常のダイナミックゴールドとは違い青字に金の縁取りになっています。一応キャロウェイにも限定モデルで装着されるらしいです。

試打データ

ダイナミックゴールド85VSS PRO×ステルスアイアン

ヘッドスピード45.9m/s
ボールスピード58.3m/s
平均キャリー199y
平均トータル213y
平均サイドスピン446rpmドロー
平均バックスピン3897rpm
平均打ち出し角0.2°
平均打ち上げ角21.3°
最大の高さ44y
落下角度49°
左右ブレ-12y

ステルスアイアンとの組み合わせは完全に飛び系。ドロー回転が割と多めにかかるので捕まるシャフトだと思います。ダイナミックゴールドは105以下の重量は捕まる傾向が強いので、性能的にはそれ通り。

黄色がステルスアイアンの弾道です。ストレートに打ち出しているので、良い弾道だと思います。相性は抜群。

ダイナミックゴールド85VSS PRO×P790アイアン

ヘッドスピード43.0m/s
ボールスピード58.3m/s
平均キャリー189y
平均トータル200y
平均サイドスピン795rpmドロー
平均バックスピン4768rpm
平均打ち出し角-0.8°
平均打ち上げ角22.7°
最大の高さ47y
落下角度52°
左右ブレ-22y

もう一つの限定アイアンがこのP790とダイナミックゴールド85VSS PROの組み合わせ。カーボンシャフトの標準ラインナップがないP790アイアンにはかなり軽量であるということになりますね。

赤い弾道がP790です。ロフトの分高い弾道で、安定感も良いですがドロー回転が強すぎます。ほぼ引っ掛けていると言ってもいいでしょう。ただ、これはおそらくヘッドサイズの問題だと思います。

正確に言えばヘッドの慣性モーメントが小さすぎるとひっかけが止まらなくなるといった感じでしょうか。P790とダイナミックゴールド85VSS PROの相性はあまり良くありません。バックスピンこそかかっていますが、褒められるものではない。

ステルスアイアンとの組み合わせの方が良いです。

実際にフィーリングは良いのか

気になるのは恐らく本当に振動が少ないのかということだと思います。

メーカーの公表値では95VSS PROで約50%振動を抑制するらしいですから感じないはずがないと思いました。

結論としては、振動は確かに少ないですが変な感じがします。具体的には硬く感じました。それも異様に

このシャフトを打つと、逆に他のシャフトがどこで振動しているかがよく分かります。それはボールに当たった直後です。ダイナミックゴールド85VSS PROは振り抜いた後に振動が少ないので変に硬く感じます。

データチャート

飛距離性能の高いシャフトではありますが、メーカーは別にそこを推しているわけではありません。飛距離に対する安定性は高いのでその辺りは高評価。一方でスピン量がイマイチで、特にサイドスピンは多すぎるかなという感じ。

フィーリングという項目があったとしても5点でしょう。

総合評価

今後ダイナミックゴールド85VSS PROが通常ラインナップになるかは分かりませんが、このフィーリングのために買うほどそこに価値はありません。振動が少なければ良いのかと言われればそうではないということです。

強いて言えばステルスアイアンとの組み合わせがオススメです。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました