クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

ダイナミックゴールド120と105は普通のDGとどんな違いがある?DG105とDG120を比較試打して違いを解説

アイアン試打

ダイナミックゴールドを一新

約40年前に設計され、いまだにタイガー・ウッズをはじめとする世界中のトッププロが愛用するアイアン用スチールシャフト、ダイナミックゴールド。

今回特集するのは、ダイナミックゴールド105120をはじめとするダイナミックゴールド+数字のネーミングのモデル。これまで、ダイナミックゴールドSLやXP95など軽量モデルを展開してきたものの、ダイナミックゴールドユーザーにとっては、”あの振り心地”が無いこれらのシャフトにシフトすることは無かったわけです。

しかもそこにモーダスという新たな刺客が現れたこともあり、ダイナミックゴールドの軽量ラインを刷新する必要があったわけです。

それではダイナミックゴールド105と120のそれぞれの特徴と違い、選び方にフォーカスして紹介していきます。この記事では、ダイナミックゴールドを“オリジナル”、ダイナミックゴールド+数字のモデルを“新生ダイナミックゴールド”と呼称することにします。

専門家に相談してから買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

ダイナミックゴールド105

新生ダイナミックゴールドに共通して言えるのは、オリジナルに似せた剛性分布です。

スペックはこんな感じ。

フレックス重量トルク振動数
R300101g不明不明
S200103g不明不明
X100105g不明341cpm

海外での展開が少ないのかトルクがどこを調べても出てこなかったので不明にしています。振動数は341cpmで、モーダス120TXとほとんど同じ。シャフト重量がモーダス120TXよりも21gも軽いことを考えると、軽硬なシャフトであると言えます。

その他モーダス105と比較しても同じXフレックスで112g、345cpmなのでこれを考えても、ダイナミックゴールド105は軽くて硬いです。

ダイナミックゴールド120

こちらは新生ダイナミックゴールドの中で唯一ツアーイシューが選択できるモデルです。と言っても国内では販売されておらず、手に入れるならアメリカから仕入れる必要があります。

まぁ厳密に比較したわけではないのでどのくらい違うのかは分かりません。今回レビューするにあたり、せっかくなのでツアーイシューのダイナミックゴールド120にしてみました。

見た目の違いは、Team TrueTemperのTTのロゴが書いてあるくらい。

フレックス重量トルク振動数
R300116g1.9°不明
S200118g1.9°不明
X100120g1.9°350cpm

スペックはこちらもモデルの数字が最高フレックスX100の重量になっています。振動数としては、オリジナルと4~5しか変わらないので非常に似たスペックです。硬さやしなり方をそのままに重量だけを軽くしたということになりますね。

ダイナミックゴールド105と120の違いは?

大きな違いは性能の違いです。

試打データを見てもらえば一目瞭然でしょう。

上がダイナミックゴールド105で、下がダイナミックゴールド120のともにX100です。

別日の計測なので厳密な比較ではありませんが、YouTubeでは同日に計測を行っています。それでも同じようにダイナミックゴールド120は高スピンでフェード系ダイナミックゴールド105はドローで低スピン

また、方向性もダイナミックゴールド105と120の大きな違いの一つと言えます。

上がダイナミックゴールド105で下が120です。まるで反対の方向性になっています。

これを見ても、ダイナミックゴールド120がオリジナルに限りなく近いということが分かったと思います。

振り心地の違い

方向性の違いでもありますが、やはり振り心地でもダイナミックゴールド105は走る感覚があり、左に飛んでいきます。

硬さ自体は、振動数よりもダイナミックゴールド120がオリジナルよりも柔らかく感じます。そして、ダイナミックゴールド105と120の硬さの違いは感じにくいです。

とにかく、ダイナミックゴールド105は軽硬で捕まるシャフトダイナミックゴールド120は軽くしたオリジナルDGというフィーリングが最適な表現かなと思いました。

セッティングのポイント

ダイナミックゴールド105

オリジナルのDGからの買い替えを検討しているなら、ヘッドのロフトは現状よりも3°以上ストロングにしないように。

スピンがかなり減るので、同じ距離を楽に打ちたいのであれば、例えば32°のアイアンなどを使っている人は、そのままか場合によってはウィークにしても良いくらい。

現状よりも距離を伸ばしたいというなら、ヘッドはそのままでリシャフトしてみるのが第一段階でしょう。もしそれでも物足りないのであれば、だんだんストロングにしてください。

その時、ロフトの割にスピンが入るモデルを選ぶとうまく組めると考えています。

ダイナミックゴールド120

オリジナルからのリシャフトなら、平均距離は変わらず最大距離が伸びるものと考えてください。要するにダイナミックゴールド120はオリジナルよりも“飛ばそうと思えば飛ばせる”具合が強いということです。

同じ降り幅、振り感(強さ)で打つ限りは、データも飛び方もオリジナルにそっくりです。

フェード系の弾道が出るアイアン用スチールシャフトとしては、モーダス130やKBS ツアーVがありますが、その中でも特にバックスピン量が多いので、飛距離的にはやや不利です。

私がこのシャフトでアイアンを組むのであれば、ちょっとストロングなヘッド(ZX5とかAPEX2021とか)と組み合わせるかなぁと考えています。まぁDG使うことはありませんが。

まとめ

ダイナミックゴールド105ダイナミックゴールド120の違いを比較しながら、オリジナルDGと新生ダイナミックゴールドシリーズの違いがお分かりいただけたかと思います。

私のサイトでは、実際に試打クラブを作成して検証したアイアン用シャフトんおまとめ記事が多数ありますので、是非そちらも比較しながら読んでみて欲しいです。

ダイナミックゴールドの特徴と選び方|ダイナミックゴールドの特徴の違いを比較試打して検証
ダイナミックゴールドのアイアン用スチールシャフトをまとめてみました。この記事ではダイナミックゴールドX100,X7,120 X100,AMTツアーホワイトの4機種を同日比較試打を行っています。種類が増えてきたダイナミックゴールドをまとめて理解しましょう!
KBSスチールシャフト総まとめ|KBSツアー,ツアーV,C-TAPER,$-TAPERを試打比較
KBSのスチールシャフトの試打レビューです。私のコレクションであるKBSツアー、ツアーV、S-TAPER、C-TAPERを試打比較しました。全て最高のスペックを同じヘッドで対象比較。KBSシャフトを打ってみたいけど検討も付かない人は是非ご覧ください。
プロジェクトXシリーズの違いや特徴や合う人は?|プロジェクトX,LZ,LS,IOを試打比較
プロジェクトXシリーズを試打比較しました。プロジェクトXシリーズの中でも全てハードなスペックを揃えました。2020年に新たに登場したプロジェクトX LSとIOも加えて比較試打を行います。
モーダス3の違いや特徴を徹底解説|モーダス105,120,125,130を試打比較|モーダスウェッジの特徴・選び方も解説
モーダスシャフトは何が違うのかを試打比較します。自分に合うモーダスはどれなのか、特徴を知ることで最適解を探しましょう。モーダス105、120、125、130をそれぞれ同じ条件で試打を行いましたので、データでも比較していきます。
ウェッジ用シャフトの特徴違いを比較・まとめ|ダイナミックゴールド/モーダス/KBS
ウェッジ用スチールシャフトの特徴・違い・選び方を解説します。実際に試打計測を行い、振動数、重量測定を行ってまとめました。今回は、ダイナミックゴールド、モーダスウェッジ、KBSの8種類のウェッジ用シャフトを試打比較。

 

専門家に相談してからクラブが買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。
カテゴリー
アイアン試打 シャフト試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました