クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

アッタス・ダース試打評価レビュー|最強のアッタス!アッタス・ダースはハードヒッターにおススメ!

スポンサーリンク
シャフト試打
スポンサーリンク

アッタスの12作目はダース!

毎年アッタスシリーズのネーミングを楽しみにしていますが、今年は12にちなんでダースと名付けられました。毎年予想していますが、毎年外しています(笑)

来年は何でしょうか…キング?

 

まぁどうせ外れるのであえて書きません。

画像はメーカーHPより

さて、2020年モデルは中元調子で、捕まりを抑えた仕様との前評判です。先端剛性を高めた剛性分布を見る限り、ハードヒッター向けにしているように思われます。

画像はメーカーHPより

早速アッタス・ダースの試打データを見ていきましょう。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード53.7m/s
ボールスピード75.9m/s
平均キャリー299y
平均トータル320y
平均サイドスピン240rpmドロー
平均バックスピン2461rpm
平均打ち出し角-2.4°
平均打ち上げ角15.6°
最大の高さ50y
落下角度45°
左右ブレ-28y

今回は、G425LSTの9°のヘッドにアッタス・ダース5Sを組みました。

5Sの割には、スピンも少なめで、捕まりも弱かったです。悔しいですが、前評判通りの結果となりました。

最大飛距離は、キャリー305y、トータル328yです。G425LSTとしては、同じ重量帯のピンツアー55で同じ最大距離が出ましたので、相性も良かったです。まぁピンツアーはマミヤが作っていますから、当たり前かもしれませんが。

打ち出し角度がやや左になってしまいましたが、サイドスピンは抑えられていて曲がり幅は最低限です。左真っすぐといった感じ。G425で組むのであれば、ライ角フラットポジション、他のメーカーならオープンフェースのポジションでフェードに変わると考えて良いでしょう。

高さは良く揃っています。最大飛距離でのスピン量が2099rpmとかなり少ないので、6Sであればさらに低弾道になることが期待できます。

 

アッタス・ダースは打ち出し角は左なので、きれいにドローさせるにはオープンフェースのヘッドを選ぶと良いと思います。

アッタス・ダースのポジション

今回試打したアッタス・ダースは5Sだったので6Sを仮定してみます。

このマトリックス図で言えば、エボⅢとエボⅣの間に位置します。アッタス・ダースは非常にマイルドな捕まらない系だと思います。

弾道の高さは中弾道、打ち上げ角はやや高くなるのでヘッドは選ばないと思います。この辺りの素性の良さはさすがアッタスシリーズという印象です。

セッティングを考える

マーベリックサブゼロより右のヘッドでなければ大丈夫だと思います。

アッタス・ダースの振り心地は、ジアッタスとだいたい同じくらいのトルク感、硬さだと思います。特にカウンターバランスになっているわけではありませんが、アッタス・ダースの5SはテンセイCKプロオレンジの6Sと似たような方向感覚でした。

左に引っ掛けることは無いものの、捕まえた球を打つこと自体は難しくありません。そんなスペックです。重さベースで選べば方向性は右になると思います。それに対して硬さを調整すれば今回のように捕まるセッティングにすることも容易です。

アッタス・ダースのデザイン

アッタス・ダースの黄色ベースで先端はグレーです。DAAASなんですね。

ロゴの裏は結構黄色いので構えると派手です。まぁジ・アッタスほど派手ではないです。

データチャート

飛距離性能が高いだけでなく、安定性も良かったです。バックスピン量はハードヒッターでも満足できる数値だと思います。アッタス・ダースは見た目の割に?ハードなシャフトです。

総評

アッタスシリーズのシャフトは、前から言っていますが、ヘッドを選ばない”濃いめの薄味”なシャフトが多いです。なので、カスタムの際に自分の好きなヘッドを組んでもヘッド特性を邪魔することが無いためセッティングしやすいです。

アッタス・ダースは、アッタスシリーズとしては珍しく捕まりが弱めなので、これまでアッタスシリーズに目を向けなかったハードヒッターにも訴求しているでしょう。

 

例年通り数量限定のピンクバージョンが出たら私もアッタス・ダースを買おうかなと思います。

おススメ度

アッタスG7試打&評価|カウンターバランスの再現性の高いシャフト
アッタスG7の試打&評価です。カウンターバランスで長尺にも対応したシャフトです。同じカウンターバランスのテンセイオレンジなどに比べて柔らかく簡単に捕まえられるので中級者にもお勧めです。高弾道のドローボールを安定して打つことが出来るシャフトだと思います。
アッタスCOOL(クール)試打&評価|寛容性の高い方向性とヘッドを選ばない素性の良さ
アッタスクールを試打&評価してみました。いまさらではありますがアッタスクールはマミヤらしい素性の良いシャフトです。ネーミングがダサいので使っている人は決して多くはありませんが、良いシャフトですよ。ドローヒッターでも十分使えますしミスへの強さはピカイチ。
ジアッタス試打データ付き評価|サイドスピンが激落ち!
マミヤの最新モデルジアッタスをTS3のヘッドで試打レビュー。どのヘッドにも相性抜群で、サイドスピンが安定して低いので球のばらつきが非常に少ないです。今回の試打レビューでは、計測データをもとにジアッタスの性能を検証していきます。
アッタス11(ジャック)試打&評価|”濃いめの薄味”な弱ドロー&強弾道
アッタス11(ジャック)の試打&評価です。稲見萌寧選手が使用するシャフトで、11世代目のアッタスとなります。中調子のしなやかなシャフトで、注目は打ち出し角の高さとやんわりと捕まる性格。アマチュアにピッタリの要素が詰まった良いシャフトです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました