スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ツアーAD DIハイモジュラス試打評価|DIの焼き直しはDIの名で出すべき

シャフト試打
スポンサーリンク

数々の“DI系”

ツアーADと言うブランドは、DI以外のヒット作に乏しく今やフジクラに使用率も抜かれてしまうなど、やや勢いがなくなったように感じます。

ツアーADのラインナップとしては隔年で捕まるモデルと捕まりにくいモデルを出しており、捕まらない系の代表はXCやUBなどです。低スピンでフェードも打てるモデルが多い反面、難しすぎたりクセが凄かったりします。

2023年末に登場したツアーAD DIハイモジュラスはPTハイモジュラスに続くハイモジュラス第二弾です。限定販売なので欲しい人はお早めに。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ツアーAD DIハイモジュラスのデザイン

DIのオレンジに黒を組み合わせたカラーリングです。

ハイモジュラスの正式名称は「High Modulus Reloaded」のようです。

ツアーAD DIハイモジュラスは先端がグラデーションでブラウンのような色になっています。

構えるとオレンジの縞模様だけしか見えず結構黒いシャフトと言う印象が強いです。

ツアーAD DIハイモジュラスのスペック

重量は50g台からで、トルクはベースのDIよりも低めです。キックポイントなどに変更はありませんが、Rフレックスが無かったり、TXが選べると言う特徴があります。

試打データ

ツアーAD DIハイモジュラス6S×パラダイムトリプルダイヤモンド9°

ヘッドスピード54.3m/s
ボールスピード77.9m/s
平均キャリー303y
平均トータル323y
平均サイドスピン135rpmドロー
平均バックスピン2623rpm
平均打ち出し角-2.4°
平均打ち上げ角15.9°
最大の高さ54y
落下角度47°
左右ブレ-22y

現代の設計のシャフトには現代のヘッドということでパラダイムトリプルダイヤ。初速は思いの外速くて驚きました。最高初速は78.7m/s、最高キャリーは306yです。

打ち出し角がずっと左で捕まりが強いと思われるかもしれませんが、実際は捕まりが弱いからこうしないとまとまらないのです。元のDIも同じような要因で左打ち出しのドローが出やすかったのでやはりDIの名を冠しているだけあります。

スピン量はそこまで低いわけではなく2500rpm付近を推移します。全球キャリー300yを超えているので飛距離性能は悪くないでしょう。

ツアーAD DIハイモジュラス6S×エピックフラッシュサブゼロ9°

ヘッドスピード53.6m/s
ボールスピード76.8m/s
平均キャリー304y
平均トータル325y
平均サイドスピン243rpmドロー
平均バックスピン2412rpm
平均打ち出し角-0.8°
平均打ち上げ角16.3°
最大の高さ53y
落下角度46°
左右ブレ-21y

こちらも全球キャリー300y越えなので、ツアーAD DIハイモジュラスはヘッドに関係なく飛距離が出るシャフトだということが理解できます。

こちらの方がストレートに近い打ち出し角になりました。初速はやや落ちるものの最高キャリーが311yの爆飛び。

弾道の高さはやや下がります。全てドローで集めてありますが普通にスライスも出ます。ただ慣れれば何とかなる程度のミスなのであまり心配する必要はないと思います。

ツアーAD DIハイモジュラス6S×エピックフラッシュダブルダイヤモンド9°

ヘッドスピード53.5m/s
ボールスピード76.8m/s
平均キャリー305y
平均トータル327y
平均サイドスピン225rpmドロー
平均バックスピン2353rpm
平均打ち出し角-2.1°
平均打ち上げ角15.1°
最大の高さ48y
落下角度44°
左右ブレ-28y

癖のあるシャフトには癖のあるヘッドを。これまでも0か100の試打データでしたが、ツアーAD DIハイモジュラスとの相性は良いです。最高キャリーは310y、初速は77.7m/sです。スピンは最も低く集まりました。

弾道の集まり方も中々良いですよね。そしてこの組み合わせでの最大の特徴は弾道の低さです。サイドスピンはほとんどドローですが、稀にストレートも出るので多分フェードでも作れるセッティングです。

ツアーAD DIハイモジュラスの良い点

  • 飛ぶ
  • 左が怖くないので振れる
  • スピンが下がりやすい
  • 安定性が出せる
  • 強い弾道が出やすい

ツアーAD DIハイモジュラスのイマイチな点

  • スライスの危険性が常にある
  • やさしくない

ツアーAD DIハイモジュラスはどんな人向けか

一言で言えば“シャフト界のマッスルバック”です。

刺さる人には刺さるのですが、ほとんどの人にはこのシャフトの良さが分からないようになっていると思います。ツアーAD DIよりも少しスピンが少なくて、特に弾道が低くなる方に作用する要素が多いのでスペック選びに注意しましょう。

ハンデキャップは5以下、HS48m/sは欲しいです。

ツアーAD DIハイモジュラスのセッティング

マトリックスチャートではベンタスブラックの近くです。普通のDIと比べて多少捕まりが弱いと思いますが、トルクが小さいなど複合的なので単純な比較は難しいです。

ただ弾道の低さは際立っているのでそこはセッティングで大事にして欲しいです。組み合わせるヘッドは捕まりが同じくらい弱いものか、明らかに捕まるもののどちらかがおススメです。

今回の例ではエピックフラッシュサブゼロダブルダイヤは前者です。思いっきり捕まえる意識が得意ならぜひ試してください。

データチャート

飛距離性能や安定性は個人的に高評価しています。問題はこれを引き出せるかどうか。やさしさは微塵もなく、打ち始めの5球は見事なスライスを披露しました。それを越えた先に恐ろしく気持ち良く、飛ぶ領域が存在します。

総合評価

ツアーAD DIハイモジュラスはDIの次にDIなシャフトでした。

XCも要素的な再現はあってそれはそれで良い製品ではありましたが、やはりDIはDIなんです。2023年の本当に最後の方に出てきましたが、シャフトランキングにも間違いなく入る高評価で魅力的なシャフトです。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました