スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

2023年シャフトランキング|300yヒッターが選ぶ本当におススメのシャフト

シャフト試打
スポンサーリンク

シャフトが高い

シャフトが発売されたら何も考えずに買う病気を罹患している私としては、2023年はシャフトの高額化の年だったと思っています。数年前からテンセイやベンタスのようなUS出身モデルが登場し、国内向けラインよりも1万円ほど高い価格設定が定着しつつあります。

2023年はマミヤがUSモデルを日本でも発売、三菱は通常のディアマナシリーズは出さずUS出身の後継であるディアマナWSを発売。全体的には価格が上がりました。

そんなシャフトをほとんど購入した私が忖度なく正直にランキングを作りました。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

2023年シャフトランキング

ツアーAD DIハイモジュラス

名器DIにM40XやT1100Gなどの高弾性カーボンを組み合わせたハイモジュラス。PTハイモジュラスに次いで二作目となる DIハイモジュラスは飛距離性能の高さと抜群の引っ掛け耐性が差別化ポイント。難易度は非常に高いですが、DIの名に恥じない仕上がりの良さです。

テンセイプロ1Kブルー

2023年はディアマナが秋発売しなかったのでテンセイプロ1KブルーとディアマナWSの2種類が新製品として登場しました。これまでもテンセイの青系は安定性とフェードバイアスが特徴でしたが、1Kも共通しています。そして、テンセイの青系の中でもトップクラスの飛距離性能はやはり高評価です。

デラマックス080D

絶大な信頼を置いているデラマックスの最新モデル。捕まる赤デラと、捕まりを抑えた青デラの中間を担う真っ直ぐ担当の虹デラです。デラマックスらしいしなり戻りのスピードが飛距離に直結します。やや取り扱いにくさはありますがそれでも試打データが素晴らしいので2位にランクイン。

テンセイ1Kブラック

テンセイのUSモデルです。いち早く購入してレビューしましたがこれが良かった。厳密にはテンセイ1Kの”プロ”シリーズではありませんが結構ハードなシャフトです。元調子系の苦手な初速をこのシャフトでは高いレベルで実現しています。単品販売も開始されましたのでぜひおすすめしたいです。

カイリレッド

おススメ度では満点ですが、私の評価としては他のシャフトほど魅力がありません。ドローバイアスでちょうど良いスピン量は確実に需要があるでしょう。しかも2万円ほどで買えるというコスパは素晴らしいです。

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
シャフト試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました