クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

勝みなみプロクラブセッティング2019|飛距離アップ中?のクラブセッティング

スポンサーリンク
女子プロのセッティング
スポンサーリンク

2019年シーズンは早い段階で複数優勝をして、全米オープンにも出場しました。

 

一方で、予選落ちや棄権も多くやや安定感に不安がありますが、予選通過した時は上位に食い込んでくるのでその爆発力は黄金世代の中でもピカイチでしょう。

 

プレーとしては平均パット1位のパットの名手です。パーオン率は69%で21位なので、アプローチでのリカバリーのうまさも効いているでしょう。

 

さっそくクラブセッティングを見ていきましょう。

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

勝みなみプロのクラブセッティング

番手ブランドシャフト重量
1WスリクソンZ785 10.5°ディアマナDF50(SR)
298g
3WスリクソンF85ディアマナDF50(SR)313.2g
5WスリクソンF85ディアマナDF50(SR)321.9g
UTスリクソンH65(22°)ミヤザキケーナブルー7S364.1g
5I~PWスリクソンZ-ForgedN.Sプロ・プロトタイプ(S)
不明
ウェッジクリーブランドRTX⁴(50,54,58)N.S.PRO不明
パターオデッセイオーワークス#1不明不明

 

パター以外全てダンロップ製品で固めています。アイアンにはマッスルバックのZ-Forgedを選択しています。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

筆者の深読み

ドライバー

Z785のドライバーで、10.5°のロフトを使用しています。

スリクソンZ785ドライバー試打データ付き評価|契約プロが活躍!
スリクソンZ785の試打レビューです。飛距離やスピン量まで細かいデータから性能をレビューします。シャフトも二種類試打したので、両方の試打結果を見ることが出来ます。契約プロが活躍しているスリクソンの最新モデルを徹底的に検証します!!

 

シャフトはディアマナDF50SRです。全体的な重量は298gとやや軽量に仕上げています。

ディアマナDF試打データ付き評価|前より易しい新世代ディアマナ
ディアマナDF60Sの試打レビューです。ヘッドはTS3の9.5°を装着してデータ計測を行いました。ディアマナの新シリーズの飛距離、スピン量、安定性など全てをデータをもとにレビューしています。伝統のハードコアモデルはどう進化したのか!?

 

平均ドライビングディスタンス247yで、そこそこ飛距離は出る方ではありますが、このセッティングを見るとやや飛び重視の軽量仕様に思えます。

 

ウッド

3番と5番を入れています。

 

シャフトはドライバーと同じディアマナのDF5SRです。5番を一つ重いスペックにする人が多いですが、勝みなみプロは全て同じ重量、硬さにしています。

 

このDFというシャフトは比嘉真美子プロや渡邉彩香プロも使用している人気のシャフトです。適度に捕まり、そこまでハードなスペックではないので女子プロがよく使っているのでしょう。

 

ハイブリッド

22°のハイブリッドにH65を選択しています。

シャフトはミヤザキケーナブルー7Sです。ブルーという名前ですが赤いシャフトです(笑)

 

ケーナは3種類あって、ブルーは中調子のトルク3.7。ドライバーとウッドの5SRのトルクが4.7の中元調子なので、トルクフローはきれいだと思います。

 

アイアン

アイアンはスリクソンZ-ForgedにN.S.PROのプロトタイプです。ダンロップ契約のプロは、Z585やZ785、ゼクシオフォージドなど易しめのモデルを使っている女子プロが多いなか、勝みなみプロはマッスルバックを選択。

 

スリクソンZ-Forged試打データ&評価|スリクソンのマッスルバックアイアン
スリクソンのマッスルバックアイアン、Z-Forgedの試打レビューです。ヘッドが大きめのかっこいいマッスルバックアイアンです。性能面はZ785と大差ないのですが、操作性が抜群に高いです。我こそはという上級者の方はぜひ試打してみてください。

 

プロトタイプのシャフトはモーダスのデザインです。重量は分かりませんが、軽量仕様ではないかと予想しています。

 

ウェッジ

クリーブランドのウェッジを比較してみた!|RTX⁴&RTX⁴FORGEDをデータで徹底比較
クリーブランドのウェッジ二種類を試打評価。RTX⁴とRTX⁴フォージドを試打データを用いながら徹底比較しました。タイトリストプロV1を使用してより実践に近いデータをとってみました。最新のミーリングに低価格と魅力的なウェッジです。

 

RTX⁴は割と普通の顔で、汎用性の高いウェッジです。勝みなみプロは、黒い方のヘッドにカスタムプリントしています。

 

パター

いまだにプロに人気のオーワークスシリーズの#1、ピンタイプです。これの前のモデルからフェース素材を改良した二層構造になっています。

 

ただ、パターに関してはたびたび変更するプロが多いのでもしかしたらストロークラボにしていたり、シャフトだけストロークラボに変更している可能性はあります。

 

勝みなみプロのクラブセッティングは…

特徴なしですね(笑)

 

強いて言うなら、トルクフローがキレイというところですが、これは他のプロでも言える場合が多いので。

 

昨年はZ565やZ785をとっかえひっかえしていたので、飛距離に若干の変化があったのだと思います。今年Z-Forgedを使い続けているなら、2019年のドライビングディスタンスも少し伸びるかもしれませんね。

 

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
女子プロのセッティング
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました