香妻琴乃プロのクラブセッティング|○○○なセッティングが良い!

スポンサーリンク
女子プロのセッティング
スポンサーリンク

香妻琴乃プロは2018年は東海クラシックでのプロ初優勝、賞金2437万円で賞金ランク46位。

 

1992年生まれの26歳です。2014年の賞金ランクが19位で自己最高。そこからは100位以内には入っているものの、優勝はありませんでした。

 

さっそく2018年の香妻琴乃プロのクラブセッティングを見ていきましょう。

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

香妻プロのクラブセッティング2018

番手ブランドシャフト重量
1WスリクソンZ785ディアマナBF50(S)
306g
3WスリクソンF85ディアマナBF50(S)319g
7WスリクソンF85ディアマナBF50(S)336.3g
UTスリクソンH65(22/25)バサラプロトタイプ358.6g/361.8g
6I~PWスリクソンZ585N.Sプロ・プロトタイプ
不明
ウェッジクリーブランドRTX F-フォージドⅡ(48,52,58)N.Sプロ・プロトタイプ不明
パターオデッセイプロタイプiX#1不明不明

ダンロップと契約していますのでほぼ全てダンロップ製のクラブを使用しています。ギア契約していても別のメーカーのクラブを入れている方も多い中、きれいなセッティングです。

 

ウッド類とアイアンは最新のZ785、ユーティリティが前作のH65。シャフトもBF50のSなので、一般人でも手に入るスペックです。アイアンのヘッドに名前が掘ってあり、かっこいいです。

 

ウェッジが3本、フローもきれいにつながっています。アイアンとウェッジはǸ.Sプロのプロトライプですのでスペックは全く分かりません。

 

パターはオデッセイのピンタイプ。

 

筆者の深読み

ウッド類

飛距離から推察するとヘッドスピードが42~45m/sほど。50g台のシャフトでドライバーの総重量が306gはかなり理想的です。

 

ディアマナBF50(S)はトルクが5.0と結構高いです。BF,DF,RFになった新しいディアマナは全体的に柔らかくなりましたので、50sはアマチュアにもピッタリだと思います。

 

 

一般男性のヘッドスピードより少し速いですが、とても参考になる理想的なウッドのセッティングです。

 

もしかしたら、

「フェアウェイウッドは60Sの方が良いんじゃないの?」

と思っている方も多いと思います。

 

私のおススメは同じ重さのシャフトを入れることです。フェアウェイウッドはドライバーよりヘッドが重いので、シャフトを重くすると飛距離フローが狂ってしまいますので。

 

Z785ドライバーのレビューはこちら。

スリクソンZ785ドライバー試打データ付き評価|契約プロが活躍!
スリクソンZ785の試打レビューです。飛距離やスピン量まで細かいデータから性能をレビューします。シャフトも二種類試打したので、両方の試打結果を見ることが出来ます。契約プロが活躍しているスリクソンの最新モデルを徹底的に検証します!!

 

ユーティリティ

なぜ香妻プロがユーティリティだけ前作のH65なのかは分かりませんが、勝手に推察するとヘッドの形ではないかと思います。

また、シャフトはバサラプロトタイプです。我々が手にすることが出来る物ではありません。バサラ自体は柔らかくてしなやかなシャフトですので、たぶんそんなシャフトだと思います。

 

アイアンが6番(27°)からですから、ユーティティの度数をそのまま25°、22°と繋いでいます。ユーティリティはカーボンシャフトで飛距離が出やすいので25°を入れないとグリーンを狙えなくなるホールが出てくるのでしょう。

 

アイアン

6番アイアンからZ585のセットにN.Sプロのプロトタイプを挿したセッティング。製品としては5番からPWまでのセットで売られているので5番を抜いています

これは、是非参考にしてください。

 

Z585自体は難しいクラブではないものの、5番アイアンは難しいのでリスクが高いです。ですので、このようにユーティリティを2本入れて長いアイアン(25°くらい)を抜いてみてください。

 

Z585アイアンのレビューはこちら。

スリクソンZ585アイアン試打&評価|Z585は最高の仕上がりのポケキャビアイアン
スリクソンZ585アイアンの試打レビューです。距離、方向性、難易度、スピン量全てが高次元で成立しています。香妻プロが使用しているのも納得の高性能クラブです。ポケットキャビティでも打感が良く、ほとんど欠点はない!?

 

ウェッジ

これが一番の驚きでした!

 

見ての通り、ソールの厚いやさしいウェッジです。ダンロップのウェッジの中でもおそらく一番やさしいと思います。

 

PWが44°で、そこから4°あけて48°、52°。サンドウェッジとロブショット用で58°を入れているみたいです(憶測)。

 

ウェッジは多ければ多いだけ細かい距離を出すことが出来ます。もし、うまくよらなくて悩んでいるなら、このくらいウェッジをたくさん入れることをおススメします。

 

パター

たぶんこれの色違いです。オーソドックスなピンタイプにソフトなインサートが装着さてた仕様です。もしかしたら、インサートは違うかもしれませんが、形とネックはこの写真のものと同じです。

 

かっこいいパターですね。

 

香妻琴乃プロのセッティングは○○○

一言でいうと、優等生

 

とても参考になるセッティングです。筋力などは一般男性と同等かそれ以上なので、重さや硬さがこのくらいで良いんだとお判りいただけたかと思います。

 

ルックスもセッティングもかなり私好みな香妻プロ、2018年のセッティング紹介でした(笑)

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
女子プロのセッティング
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました