永井花奈プロのクラブセッティング2019|女子プロのトレンドを取り入れたセッティング

スポンサーリンク
女子プロのセッティング
スポンサーリンク

アマでの実績多数、プロでも活躍中

永井花奈選手は、中学生1年生で日本アマに出場するなど早熟な選手として名をはせました。

 

プロになってからも2017年に初優勝をするなどその実力は留まるところを知りません。

 

2019年シーズンはヤマハとクラブ契約をしていますので、ヤマハの新製品を投入してトーナメントに臨んでいます。

 

それでは、永井花奈選手のクラブセッティングを見ていきましょう。

 

永井花奈選手のクラブセッティング

番手ブランドシャフト
1WヤマハRMX220 9.5°アッタスクール4(S)
3W/5WヤマハRMXフォーカス 15°/18°スピーダー569エボリューションⅤ(R)
UTヤマハRMX UT 19°/22°アッタスFW65 IPブルー(R)
UTホンマ・ツアーワールドTW747 28°ヴィザードUT-7H
7I~PWヤマハRMX120 MCI70(R)
ウェッジタイトリスト・ボーケイSM7 48°/51°/58°N.S.PRO850GH(R)
パターピン・スコッツデールTRシェイH不明

アイアンとドライバーはヤマハ製、パターはピン、ウェッジはタイトリストとフレキシブルなセッティングと言えそうです。

 

永井花奈選手は、ドライバーの平均飛距離が230yくらいなので、ヘッドスピードは速くなさそう。

 

全体的に軽めに組んでありますね。

 

それでは詳しく深読みしていきます。

 

筆者の深読み

ドライバー

永井選手のドライバーは高弾道、高慣性モーメントのRMX220。ロフト角は9.5°です。

ヤマハRMX220ドライバー試打評価|捕まる特大慣性モーメントの大型ヘッド
ヤマハの新作、RMX220ドライバーの試打&評価です。特大慣性モーメントと、BOOSTRINGで飛距離の最大化を狙ったドライバーです。スリーブは前作と互換性がありますので、今ヤマハのクラブを使用している方は注目のドライバーだと思います。

面白いのがシャフトで、アッタスクールの4S。

 

先中調子の捕まるシャフトです。40g台のシャフトは女子プロでもまだ使用している人は少ないです。

 

アン・ソンジュ選手がTP4Sをセッティングに入れて注目されたのもまだそんなに古い話ではありませんからね。

 

長さは45.25インチで、ヤマハのカスタム標準の長さですね。

 

ウッド

普通のモデルに見えますが、フォーカスというモデルです。

 

フォーカスではありませんが、RMX FWの試打レビューです。

ヤマハRMXフェアウェイウッド試打データ&評価|ニュートラルな構えやすいヘッド
ヤマハのRMX FWを試打しました。ロフト17°で平均キャリー250y超えの飛距離性能を誇るこのモデルは3番、5番、7番を設定。正直これだけ飛べば3番ウッドは不必要だと思います。ヤマハのRMXドライバーを使っているなら絶対追加した方が良いです。
ヤマハRMX FW試打&評価|性能は微妙で、あまり魅力的ではない
ヤマハRMX FWの試打&評価です。試打データをもとに評価しましたが、飛距離は普通、方向性は中途半端、扱いやすさや構えた時の見た目も評価できるものではありません。過去打った中でも最も魅力がないフェアウェイウッドに類するでしょう。

 

通常のモデルと異なり、小ぶりなヘッドで強弾道仕様です。シャフトはスピーダー569エボリューションⅤ。

スピーダーエボリューションⅤ試打データ付き評価|スイング強制用シャフトとして入れるのがおススメ
スピーダーエボリューションⅤ(5)の試打レビューです。捕まり系奇数スピーダーはかなり低弾道でドローが打てる仕様。筆者は変態なのでスイング強制用のシャフトとして評価しています(笑)。

ドライバーと同様に、先中調子のシャフトです。

 

このシャフトはそこまで高弾道ではありませんし、FW用ではなくドライバー用をカットして使っています。

 

ハイブリッド

永井花奈選手が使用するハイブリッドは計3本、うちロフトの立った2本をヤマハの新モデルを投入しています。

ヤマハRMX UT試打&評価|きれいなドローが打てる易しいハイブリッド
ヤマハの2019年モデル、RMX UTの試打&評価です。現代のハイブリッドとしてはやや小ぶりでディープフェース。デザイン性に優れたハイブリッドです。弾道は簡単にドローを打てる仕様ですし、易しいです。RMXシリーズでそろえるなら必須の一本です。

 

RMX UTに装着されたシャフトはアッタスのIPブルー、フェアウェイウッド用です。私のサイトを熟読している方なら「なぜハイブリッド用ではないの?」と思ったでしょう。

 

IPブルーはハイブリッド用とフェアウェイウッド用があります。

 

ヤマハのハイブリッドは確かホーゼルの太さがフェアウェイウッド用シャフトに合うようにしてあります。これは、シャフトラインナップがいまほどハイブリッドを重視していなかったからです。

 

ですから、ハイブリッド用ではなくフェアウェイウッド用なのです。一応ハイブリッド用の記事を貼っておきます。

マミヤアッタスHY IPブルー試打&評価|超良い!振り心地最高のアッタス
マミヤアッタスHY IPブルーの試打&評価です。マミヤが販売しているハイブリッド用シャフトで、低めのトルクと先中調子がうまくマッチしています。いままで打ったハイブリッド用シャフトで最もフィーリングの良いシャフトです。

 

これも先中調子で、比較的捕まりやすいです。

 

もう一本28°のハイブリッドはホンマのTW747です。ヤマハでは作っていないロフトのハイブリッドです。

このヘッドに、シャフトはホンマの純正カーボンシャフトです。しかもスペック的には吊るしのものです。

ホンマTW747ハイブリッド試打データ付き評価|グリーンを狙えるハイブリッド
ホンマTW747UTの試打レビューです。ホンマオリジナルの専用カーボンシャフトが選択可能。性能の高さはさすがと言わざるを得ません。今ホンマのクラブを使っている方だけでなく、グリーンを狙えて飛距離の出るクラブを探している方にもぜひチェックして頂きたいです。

 

アイアン

クロモリヘッドのRMX120のアイアンを入れています。

ヤマハRMX120アイアン試打&評価|易しいアイアンでスコアアップを狙おう
ヤマハRMX120アイアンの氏&評価です。ロフト31°でヘッド重量も前作のRMX118から変更しなかったものの、素材と構造は一新されまるで別のクラブに仕上がっています。ただ、だからと言って評価が下がったのではありません。慣性モーメントが向上して方向性が安定、飛距離も集めやすいのでかなりおススメ。

 

番手が、7番からPWと4本しか入っていません。飛距離にアドバンテージが無い永井花奈選手ゆえのセッティングだと思います。

 

シャフトはMCI70(R)。女子プロで圧倒的な人気のカーボンシャフトですね。

アイアンのシャフトを比較|何が違うの?弾道画像で比較します|KBS、DG、NSやカーボンも
世に数多あるアイアン用シャフトがどんな違いがあるのか疑問に思っている方も多いと思います。そこで、試打データと弾道の画像を比較しながら考察してみました。この試打記事ではマイナーなメーカーやブランドを扱っていますのでマニア必見。

 

中調子で、比較的高弾道、高スピンになるシャフトです。

 

女子プロで、このようなアイアンを最低限に減らしたセッティングを見ることが多くなってきました。

 

確かに、上から落としてグリーンに乗せるようなプレースタイルならハイブリッドの方が、有利なのですが、弾道が高くないアマチュアには厳しかったりします。

 

しかも、ハイブリッドにはカーボンシャフトが入っていますから、どこからでも打つには技術が必要です。

 

ですから、男性アマには案外合わないかもしれません。

 

ウェッジ

アイアンが少ないからか、ウェッジは3本入れたセッティングになっています。

 

PWが45°なので、そこから3°刻みで48°、51°と入れて、おそらくサンドウェッジとして58°を使っているのでしょう。バウンスはそれぞれ10°、12°、8°です。

 

51°は通常生産品ではないので、カスタムスペックとなります。

 

シャフトはN.S.PRO850のRフレックス。このシャフトも女子プロには絶大な人気ですね。

 

パター

パターはL字マレットのピン・スコッツデールシリーズ。スコッツデールは畑岡選手もセンターシャフトのものを使っています。

 

長さは33インチ。女性用の標準が32インチなのでもしかしたら長めでしょうか。

 

永井花奈選手のセッティングは…

オーソドックスな女子プロセッティングって感じです。

 

シャフトやハイブリッドの数含め近年のトレンド通りな組み合わせ方です。セッティングのメインフレームはヤマハですが、適宜他メーカーの製品も入れているのでバランスが良いです。

 

男性アマが参考になるかは分かりませんが、スイングテンポがゆっくりでカーボンシャフトのしならせ方をよく理解していれば使いこなせるセッティングだと思います。

 

 

コメント