スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ヤマハVD/Xアイアン試打評価|まだまだ挑戦し続ける新種アイアン

アイアン試打
スポンサーリンク

まさかの弱腰!?

前作で衝撃の登場となったヤマハVD40アイアン。あまりにも巨大なヘッドなだけでなく、ネック部分にさらに肉付けするなど“常識では考えられないけど理論上はありだよね”という斬新なモデルでした。

その後継となるVD/Xアイアンはデザイン的には似ているものの、ロフト体系を大きく変更。その辺りが結果にどう影響するのかを試打評価していきたいと思います。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ヤマハVD/Xアイアンのデザイン

最近流行りのキャップバックスタイルです。構造自体は前作とさほど変化がないものの、バックフェースセンター部分に板みたいなパーツが追加されました。

反発性能を向上させているらしいですが、前作同様VD/Xアイアンも“飛び系”ではないと思います。安定性が一番印象的です。

この角度から見ると、ネックの肉付けまで繋がったソールになっています。VD/Xアイアンはこの肉付けの肩が落とされているようなデザインになっているのでより洗練された印象です。

トゥにはウェイトが埋め込まれています。ここまで大きいヘッドの一番端っこに46gという極端な重さのウェイトを置くことには美しさを感じませんが、効果があればよしとします。

フェースはまぁデカい。艶感は白っぽく光るので屋外だとちょっと気になるかもしれませんね。

ヤマハVD/Xアイアンのスペック

VD40アイアンは7番で30°でしたがVD/Xアイアンは28°です。

ちょっと弱腰なんじゃないかなと思います。30°で出来ることに限界を感じたのか知りませんが、もう少し粘って欲しかったです。

試打データ

ヤマハVD/Xアイアン7番×純正テンセイTR

ヘッドスピード46.3m/s
ボールスピード59.9m/s
平均キャリー190y
平均トータル200y
平均サイドスピン192rpmドロー
平均バックスピン5296rpm
平均打ち出し角0.2°
平均打ち上げ角23.6°
最大の高さ52y
落下角度53°
左右ブレ-3y

カーボンシャフトの試打データです。初速は約60m/sでロフトに対してはそこまで速いというわけでもありません。スピン量は5000rpmを超えているため、よくかかっていると思います。

平均キャリー190yでスピン5300rpmは良いバランスです。

打ち出し角度がほとんどストレートでサイドスピンも少ないので安定感は抜群です。コンセプト通りの試打データが出るというのは容易いことではないのでこれは存分に評価したい部分です。

ヤマハVD/Xアイアン7番×N.S.PRO950GH neo

ヘッドスピード46.8m/s
ボールスピード60.5m/s
平均キャリー186y
平均トータル196y
平均サイドスピン360rpmドロー
平均バックスピン6018rpm
平均打ち出し角-0.5°
平均打ち上げ角23.6°
最大の高さ53y
落下角度54°
左右ブレ-9y

スチールシャフトでの試打データはさらにスピンが増えました。初速は同程度ですがやや上がって、平均キャリー186y、バックスピン量6000rpmというまさかの結果。

この見た目で意外と飛ばないというのは前作から継承されていると言っても良いかもしれませんね。スチールシャフトではやや引っ掛け傾向があるので曲がり幅が大きくなりました。

まぁそれでもストレート弾道が打てるのは大胆なヘッドデザインのおかげですね。

ヤマハVD/Xアイアンの良い点

  • 安定性が高い
  • スピンと距離のバランスが良い

ヤマハVD/Xアイアンのイマイチな点

  • トゥダウンが起こる
  • 打感は悪い
  • ヘッドがあまりにもデカい
  • 構えにくい

トゥダウン問題

個人的には面白いのですが、なぜかスチールの方がトゥダウンしました。

カーボンはしなっている方向が良いのか、うまく打てているだけなのか分かりませんがそこまで気になりません。カーボンは右に飛ぶことも多かったのでしなりのタイミングによってはカーボンでも起こるでしょう。

構えにくい

普通にクラブ通りのライ角で構えても真っ直ぐにするのは難しいですが、ライ角を少し寝かせるとこのように閉じます。

これはソール形状の影響もありますし、重心設計の影響もあると思います。そもそもフェースの真っ直ぐがどこなのかも分かりにくいのでグリップに迷いが出ると思いますので注意してください。

他社製品と比較

安定性が高いので、シャフトを変えても横方向の影響は出にくいです。多分スチールかカーボンか、くらいの影響しか出ません。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

マトリックスチャートでは222CB+の近くです。

データチャート

安定性、スピン性能は満点の高評価です。飛距離はロフトに対して可もなく不可もなくという感じです。やさしさで減点したのは、癖がすごいから。形状であったり、トゥダウンの可能性は考慮して選ぶ必要があります。

総合評価

イマイチな点の数が多かったので低評価かと思うかもしれませんがどちらかというと高評価です。前作よりもさらに挑戦的なデザインにしたのはすごく良いと思います。性能は文句なしなのでそれを割り切って使えるならぜひ積極的に選んでほしいです。

おススメ度4 out of 5 stars (4 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました