必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ホンマTW757Vxアイアン試打評価|さすがとしか言えない万能アイアン

アイアン試打

外さないホンマ

ホンマといえばアイアンのメーカーというイメージが強いです。かつてパーシモン時代に覇権を獲ったブランドから、今やアイアンの名器を製造するブランドに変革していったように思います。

今回紹介するのはホンマTW757Vxと言うキャビティバックアイアン。これまでもVxアイアンはラインナップされていたので、それの後継モデルということになります。まずはデザインから、その特徴を捉えていきたいと思います。

ホンマTW757Bアイアン試打評価|ホンマの進化するマッスルバック
ホンマTW757Bアイアン試打評価です。アイアンに定評があるホンマの最新マッスルバックはトゥにタングステンのネジを搭載し、ヒール側のバックフェースを肉抜き。完全武装のハイテクマッスルに進化した模様。
実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

TW757Vxアイアンのデザイン

ホンマTW757Vxアイアンはシンプルで深めのキャビティバック。TW747Vxと酷似したデザインです。トゥ側とヒール側に重量を持たせた三浦技研TC-101とも似たデザインになっていますね。

そして、トゥ側に埋め込まれたタングステンウェイトもこれまでのモデルと同じ。

ソールの厚さは普通くらいで、最近のロフト30°のモデルとしてはシャープと言っても良いかもしれません。もちろん、ホンマとしては普通ですが。

ネックの形状も割と綺麗でホンマらしさを感じます。TW757Vxアイアンは、かなり多くのユーザーをターゲットにしているように思います。万人受けするような“難しそうでもやさしそうでも無い”絶妙なデザイン。

オフセットはほんの少しだけしており、ヘッドサイズはやや小さめ。ブレード厚は若干細いかなというくらい。

至近距離で見るとネック側が特にシャープな感じがします。トゥ側に重さを持たせているのでしょうか。

300yヒッター流”キレ”を最大限引き出すたった5つのコアドリル|リキ@300yヒッターのギアノート|note
実はドライバーよりアイアンが得意です。 これは私のYouTubeやWebサイトを知っているあなたにとっては意外な事実かもしれません。しかし、これが本音であり、飛ばし屋リキはある意味ネット向けの演出だったりします。私は元来アイアンでスコアを作るタイプのゴルファーです。それは過去のデータがしっかりと物語っており、スコアが...

試打データ

ホンマTW757Vxアイアン×モーダス105S

ヘッドスピード44.6m/s
ボールスピード57.8m/s
平均キャリー187y
平均トータル199y
平均サイドスピン67rpmフェード
平均バックスピン4990rpm
平均打ち出し角-1.4°
平均打ち上げ角21.6°
最大の高さ45y
落下角度51°
左右ブレ-3y

ホンマTW757Vxアイアンは純正スチールシャフトとしてモーダス105、950GH neoが選択できます。これまでモーダスforTWと言う105g程度の純正カスタムを用意していましたが、なぜか廃止になったみたいですね。

バックスピン量はモーダス105らしくあまり多くないのですが、方向性はストレートに限りなく近いです。これだけ真っ直ぐならコントロールもしやすいです。ホンマTW757Vxアイアンの安定性のための工夫は活きていると言えそうです。

弾道の高さも揃っていますので、スコアを出したい人にもおススメ出来そうです。

ホンマTW757Vxアイアン×VIZARD IB-WF70S

これまでも高評価してきたホンマのカーボンシャフト、IB-WFは70で3フレックス、85と100はSのみの1フレックスがラインナップ。

多分多くの店舗では70が置いてあると思います。

ヘッドスピード47.1m/s
ボールスピード60.8m/s
平均キャリー193y
平均トータル204y
平均サイドスピン274rpmドロー
平均バックスピン5628rpm
平均打ち出し角-4.2°
平均打ち上げ角20.7°
最大の高さ48y
落下角度52°
左右ブレ-21y

試打データは、こちらの方がよかったです。先程のモーダス105でも悪くなかったですが、私としてはこちらの組み合わせの方が打ちやすかったですね。

白がIB-WFの弾道。ホンマTW757Vxアイアンの方向の安定感はこの両方の試打データからも証明できたかと思います。

平均飛距離がキャリーで193yなのに対して、バックスピン量はモーダス105よりも多い5,600rpm。ドロー回転がかかっているとは言え、曲がり幅は小さいです。

高さは少しカーボンの方が高く落下角も大きいのでよりピンをデッドに狙えるのはホンマTW757Vxアイアン×VIZARD IB-WFの組み合わせだと思います。

ホンマTW757Vxアイアンのフィーリング

フィーリングはかなり高評価です。そもそも打感が良いアイアンが多いですが、TW757Vxアイアンはセンターヒットしやすいのも相まってとても良いです。

正直言うと同じTW757シリーズのマッスルバック、TW757BよりもTW757Vxの方が平均点が高いなと感じるほどです。

打感の種類としては、少しだけ吸い付く感触、ボールが離れるまでヘッドがブレずに押すと言う印象でした。このサイズにしては、ヘッドの挙動が安定していて、G425などのサイズかんと似たような安定感を感じる事が出来ます。さすがホンマ。

シャフト選び

TW757BではカーボンのIB-WFの方がフェードしましたが、TW757Vxアイアンではドロー傾向が強かったです。なので、あまりパターンは無いんだろうなと考えています。

このカーボンシャフトは本当に使いやすいのでヘッドスピード50m/sある人でも70g台で良いくらいです。このシャフトは100gにすると少し地面に深めにコンタクトするのでスピンが減る人がいますから、試打して感触を確かめてみてください。70だったらほとんどの人には問題なく使えるはず。

データチャート

素晴らしい仕上がりと評価しています。贅沢を言えばもう少しスピン量が欲しいところですが、まぁそれはシャフトでどうにか出来ると判断しました。

245種類のヘッド・シャフト特性を一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート|note
マトリックスチャートとは 様々なドライバー、シャフトを試打してきましたが、それぞれの特性を誰が見ても分かるようにするにはどうしたらよいか日々考えてきました。 そこで、今年の4月に作成したのが以下のマトリックスチャートです。 このチャートは2018年から2020年初めのモデルを掲載していました。比較的新しいモデルの...

総合評価

やはりホンマは良いアイアンを作ります。今年のモデルではTW757Vxが一番高評価です。多くの人がこの性能を体感できると思いますし打感の良いエリアに入りやすい特性も享受出来ると確信しています。

ホンマTW757Vxアイアンは、打感が良くて、構えた時のちょうど良いサイズ感が魅力だと思います。どのメーカーも巨大化、小ロフト化が進む中で芯がブレないものづくりをしてくれているあたりが本当に尊敬します。

おススメ度

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました