必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ホンマTW757Pアイアン試打評価|ホンマアイアン史上稀に見る駄作

アイアン試打

元祖ぶっ飛びアイアン

ホンマのTW757Pアイアンは、私がとても評価したTW747Pの系譜を辿る飛び系アイアンです。ロフト体系は7番で28.5°、PWが43.5°とTW757Vxよりも1.5°ずつ立てたような感じです。

TW757PのPはポケットキャビティのPで、構造もロフト体系も完全に飛び系。それでは早速TW757Pアイアンのデザインから見ていきます。

ホンマTW757Vxアイアン試打評価|さすがとしか言えない万能アイアン
ホンマTW757Vxアイアンの試打評価です。ホンマのキャビティバックアイアン。7番のロフトが30°で最もアベレージヒッター向け、万人向けに作られているアイアン。さすがホンマのキャビティと言わざるを得ない完成度。

TW757Pアイアンのデザイン

バックフェースはトゥ側にやや重さを感じるデザインとなっており、昨今の飛び系らしく左右に重量を散らした構造。

TW757Pは字体が他のモデルとは違って、若干安っぽく見えてしまうのは気のせいでは無いはず。

トゥ側にはタングステンのネジが埋め込まれています。ピンのアイアンみたいです。

TW757Pアイアンのポケットはこんな風になっていますが、よく見ると深いポケットにバッジが貼ってあるような感じですね。

ヘッドサイズは少し大きく感じます。また、グースが結構入っているので捕まりそうな雰囲気もプンプンしますね。

ブレードは分厚いです。ですが、光沢感からか構えるとそこまで感じません。この辺りがホンマの抜け目なさです。

試打データ

ヘッドスピード46.5m/s
ボールスピード59.1m/s
平均キャリー193y
平均トータル205y
平均サイドスピン388rpmフェード
平均バックスピン4899rpm
平均打ち出し角-0.1°
平均打ち上げ角20.9°
最大の高さ45y
落下角度51°
左右ブレ9y

平均飛距離はキャリー193yで、バックスピン量は5000rpmを下回りました。ちょっと微妙でしたね。TW757Pは28.5°ながらTW757Vxのカーボンシャフトよりも初速で劣りました。

ズバリ高初速域に頻繁にヒットしないからだと思います。

高さのばらつきも結構大きいので、やはり飛び系の領域を超えることはなさそうです。正直TW747Pほどの衝撃はTW757Pには無さそうです。

TW757Pアイアンのフィーリング

フィーリングは良くないです。比較的乾いた音で、打感は少し硬さを感じます。特にヒール側にはキャパがなくすぐにミスになる傾向があります。

一方でトゥヒットには強く、打感が悪くてもデータが良いという傾向がありました。飛び系の要素よりも、高慣性モーメントの要素の方が感じられるアイアンだと思います。

シャフトについて

VIZARDの純正シャフトが一番良かったです。同じカーボンのIB-WFはイマイチ相性が良くないので基本はこのカーボンが良いです。

スチールシャフトにすると言う手もあると思うのですが、それならTW757Vxの方が向いているのでTW757Pである必要がない気もします。

データチャート

ホンマとして初めて評価の低いアイアンかもしれません。シャフトによって性格が変わるので、シャフトチョイスは慎重に。飛距離的に、TW757Vxとあまり変わらないので、TW757Pアイアンは中途半端な仕上がりと言わざるを得ません。

総合評価

特別褒めるポイントはありません。逆に言えば、TW757Vxアイアンの秀逸さを証明する形となってしまったと思います。今年のホンマはVxを買いましょう。

おススメ度

 

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました