必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

フォーティーンTB7アイアン試打評価|小ぶりになったTBシリーズの最新作!

アイアン試打

フォーティーンの大人気モデル

フォーティーンと言えばウェッジのイメージが強いのは私だけではありません。しかしそんなフォーティーンも少量ではありますが、アイアンモデルも展開しています。

特に2020年に登場したTB5アイアンは常に品薄となるほどの大人気モデルになりました。そのTBシリーズの最新モデルが2022年に登場したTB7アイアンです。発売から約1ヶ月経ってようやくレンタルが出来たので試打データをとって評価して行きます。

フォーティーンTB7アイアン試打評価|このデザインは流石にズルい!

TB7アイアンのデザイン

TB7アイアンのTBとはTheater Bladeの略です。バックフェース形状が劇場のようなのでシアターブレードと名付けられました。

バックフェースにはフォーティーンの羽のマークとTB7のロゴが描かれています。

ブレードはシャープでカッコいいです。TB7はTB5から一回り小さくなりました。

デザインは完璧で、誰もがかっこいいと思うでしょう。

TB7アイアンの特徴の一つにソールの薄さがあります。TB5ではかなりぼったい印象だったソールはTB7になってかなり細くなりました

滑らかなデザインです。

試打データ

TB7アイアン7番×モーダス105S

ヘッドスピード46.6m/s
ボールスピード60.3m/s
平均キャリー197y
平均トータル209y
平均サイドスピン113rpmドロー
平均バックスピン4856rpm
平均打ち出し角-1.5°
平均打ち上げ角21.7°
最大の高さ49y
落下角度52°
左右ブレ-8y

バックスピン量は相当に頑張ってもこれくらいしかかかりませんでした。TB7アイアンの試打データはTB5アイアンと酷似していてあまりスピン性能が高いとは言えませんね。

打ち上げ角度は普通なのでスピンだけがTB7アイアンの特異な点だと思います。

弾道の高さはそこそこ出ているので悪くはありません。キャロウェイのX-FORGEDスターもそうですが、ただ立てただけのピュアな構造のアイアンはスピンが少なくなりすぎることが多いです。

TB7アイアン5番×モーダス105S

ヘッドスピード42.9m/s
ボールスピード59.9m/s
平均キャリー221y
平均トータル243y
平均サイドスピン76rpmドロー
平均バックスピン2600rpm
平均打ち出し角-0.4°
平均打ち上げ角15.5°
最大の高さ32y
落下角度39°
左右ブレ-4y

TB7の5番アイアンはオプションなのでまぁこれで評価を下すのも酷ですが、酷いものです。スピンは全くと言っていいほどかからず角度も極小。

ドライバーのような試打データになりました。試打データだけ悪ければ良かったのですが、実際に練習場で打った方がより悪く感じたので救いようがありません。

低すぎます。ただでさえ高さが出にくいので5番アイアンは頑張って欲しかったですが、これは使えません。6番までのセットである意味正解なのでしょう。

打点分析

普段62°のライ角で打つ私が何故かかなりトゥダウンしてアップライトにヒットしていました。

デザインを見ても分かりませんでしたが、TB7アイアンはトゥ側がとても重く感じる動きをしています。

そして、アタックアングルもダウンに入れにくい変な感触。その割にはロフトが経っていますね。

これがベストショットのデータです。実際はここまでトゥヒットではなく下の画像くらいですが、トゥヒットの打感が良かったです。

特別高い打点では無いのにスピン量が低いのはやはりインパクトロフト故でしょう。

TB7アイアンの打感

打感は良く無いです。別に悪くはありませんが、この構造を考えれば褒めたもんではないでしょう。

マッスルバックに似たシアターブレードというスタイルは打点裏の分厚いエリアもある程度確保しているわけですが私のようにそもそも高い打点で打てる人には物足りない打感。

よく見ると分厚いエリアはかなり下に集中しています。これでは打感が良く無いのも納得です。

セッティングのポイント

TB7アイアンは重いシャフトか、重い振り感のシャフトがおススメです。今回試打したモーダス105は軽快に動くシャフトなので合っているとは思えません。

想定されるターゲットであるマッスルを使いたいけど飛距離が足りないユーザーにとって重いシャフトにするのはあまり好ましくない感じはしますが、まぁロフトだけ飛ぶ方にずらすカスタマイズということで。

データチャート

飛距離や安定性は悪く無いのですが、総合するとバランスが悪いという評価になります。スピン量があまりにも少なく、5番アイアンでは致命的なほどに低弾道になってしまうことは無視できません。

総合評価

総合評価としては、おススメではありません。TB5からヘッドサイズが小さくなり見た目は良くなったのですが、試打データはほとんど同じで改善はされていません。

それでいて相変わらず微妙な打感なので無価値です。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました