スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

タイトリストT350アイアン試打評価|曲がらなさMAXのハイテクアイアン

アイアン試打
スポンサーリンク

分かりやすいラインナップに

タイトリストは同じモデル名を3世代くらい使うので、クラブの話をするときにやや面倒なんですよね。2023年モデルのネーミングはT100とT200が継続で、T100SがT150に、T300がT350になりました。T300はそのままでも良いと思いましたが何故かT350になりましたね。

これまでのT300はシンプルなポケットキャビティの打点裏に樹脂を配置したスタイルでした。T350アイアンになって最大の変更点としてはT200のようなキャップバックを採用したことです。

今回はタイトリストT350アイアンを試打データをもとに評価していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

タイトリストT350アイアンのデザイン

全体的なボリュームは前作よりも増えたかなという印象が強いです。

T300アイアンはグースが強いイメージはあるものの、ボディサイズが気になるほどではありませんでした。一方でT350アイアンはバックフェース、ブレード全てむっちりしています。

テカテカな仕上げでタイトリストらしさを感じます。このテカテカは別に好きじゃない。

構えてみるとT300感が残っていますね。ヘッドサイズは大きく、ロフトが立っているのも分かりやすいです。7番で29°なのでゼクシオXやステルスアイアンがライバル。

試打データ

タイトリストT350アイアン×N.S.PRO 880AMC

ヘッドスピード45.8m/s
ボールスピード60.1m/s
平均キャリー186y
平均トータル196y
平均サイドスピン143rpmドロー
平均バックスピン5794rpm
平均打ち出し角-1.2°
平均打ち上げ角23.8°
最大の高さ53y
落下角度54°
左右ブレ-7y

非常にストレートに違い方向性で、安定感抜群でした。キャリーは平均186yで、バックスピン量は約5800rpm。バランスに優れた試打データです。

打ち上げ角度は24°弱なので29°のロフトとしてはしっかり高さが出ていると思います。サイドスピンの少なさは弾道の画像を見れば分かると思います。

縦ブレ6y、横ブレ8yです。ストロングロフトでもしっかりスピンがかかるからこそ、キャリーが安定するということですね。

タイトリストT350アイアン×N.S.PRO 105T

ヘッドスピード46.0m/s
ボールスピード60.6m/s
平均キャリー187y
平均トータル196y
平均サイドスピン297rpmドロー
平均バックスピン5872rpm
平均打ち出し角-1.2°
平均打ち上げ角24.1°
最大の高さ54y
落下角度54°
左右ブレ-10y

少し重量がある105Tでもバックスピン量やキャリーに差は出ませんでした。まぁこれは良くも悪くもという感じです。シャフトを変えても反応が薄いということでもありますし、重くしても距離が落ちないとも言えます。

こちらは先ほどよりもドローが強くなりましたがそれでもバックスピン量のレベルは保っています。

キャリーの最高値も最低値も880AMCと同じでした。初速も打ち上げ角度も高さもほとんど同じです。T350アイアンは大きいヘッドですし、グースも強いですが捕まりが強いわけではありません。これは最近登場するようになった高慣性モーメントアイアンに見られる特徴。つまり安定性の証とも言えます。

タイトリストT350アイアンの良い点

  • 安定性が高い
  • 打点ミスに極めて強い
  • 距離が出しやすい
  • 飛びすぎない

タイトリストT350アイアンのイマイチな点

  • シャフトを変えても反応なし
  • デザインが厚ぼったい

T350アイアンの打感

T350アイアンは樹脂パーツを打点裏に仕込んでいるので柔らかめな打感にはなっています。ただ自然ではないので好みは分かれると思います。おそらく性能、特に飛距離性能を優先して選ぶと思うのでフィーリングは二の次に考えてください。

ただ打点を外して打っても初速が落ちにくく、ミスへの強さはピカイチです。

他社製品と比較

安定性が高い反面シャフトを変えても反応しないのでこれはシャフト依存度が低いアイアンということになります。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

マトリックスチャートでは右側の真ん中あたり、222CB+の右です。

データチャート

安定性は高すぎるくらいで面白みに欠ける部分ではあります。ただこれは初心者中級者にはメリットになるのでそういう人が使うのには向いています。もちろんTシリーズのラインナップを見ればそれは一目瞭然なので納得感があります。

総合評価

T350アイアンは大型ヘッドらしさをしっかりと感じることが出来て、このクラスでもトップレベルの性能を誇ります。タイトリストにこのようなアマチュア向けモデルのイメージがないかもしれませんが、実はこれまでもかなりレベルが高かったのでそれを考えれば順当進化なのかもしれませんね。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました