スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

タイトリストT150アイアン試打評価|明確な差別化と性能アップ

アイアン試打
スポンサーリンク

T100Sが名称変更

タイトリストTシリーズはアマチュアからアスリートまでカバーするハイテクアイアンのラインです。ピュアなMBやCBはなく基本的には番手別重心設計のハイテクアイアンが多いです。

2023年モデルでは名称を刷新して、ややこしいT100とT100Sを明確に分けるためにT100SはT150になりました。ロフトは7番で32°のハーフキャビティアイアンです。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

タイトリストT150アイアンのデザイン

デザインはT100とそっくりです。T150もT100も2023年モデルはモデル名が非常に小さくなり、シンプルで良いですね。

バックフェースの肉厚のところにT100Sにあったような1本のパーツが見えます。

基本的な形状はT100と同じです。ロフトが2°寝ている分ネック側のブレードの具合が違いますが、ぱっと見で分かるのはそれくらいです。気持ちトゥ側が分厚いかな?

T150アイアンも角度によって見え方が変わりますね。

試打データ

タイトリストT150アイアン×モーダス120S

ヘッドスピード46.8m/s
ボールスピード59.5m/s
平均キャリー176y
平均トータル184y
平均サイドスピン346rpmフェード
平均バックスピン7135rpm
平均打ち出し角-0.3°
平均打ち上げ角24.4°
最大の高さ53y
落下角度55°
左右ブレ4y

T150アイアンに標準で設定されるシャフトはモーダス120とモーダス105で、今回の試打ではモーダス120を打ちました。バックスピン量が良くかかっており、前作T100Sとは大きく特性が異なっていることがわかります。

しかも方向性はフェードで、同じシャフトを組んだT100とも弾道の違いが表れました。T150とT100はこれだけ見た目が似ているのに方向性が違うとなると内部構造はかなり差があると考えられます。

平均キャリーは32°としてはかなり控えめで180yを割ります。ただそれに付随するスピン量があるので総合的な判断では高評価に値する素晴らしい試打データだと思います。

タイトリストT150アイアン×ダイナミックゴールドS200

ヘッドスピード46.7m/s
ボールスピード57.8m/s
平均キャリー172y
平均トータル180y
平均サイドスピン164rpmドロー
平均バックスピン7125rpm
平均打ち出し角-1.0°
平均打ち上げ角24.0°
最大の高さ50y
落下角度54°
左右ブレ-5y

モーダス105がまだ配給されていなかったのでダイナミックゴールドでも打ってみました。流石にDGでは初速が落ちますがスピン量はほとんど同じレベルでかかっています。しかもバックスピンのブレ幅は180rpmほどしかなく安定しています。そのためキャリーもほとんど同じところに集まっているのはアスリートアイアンらしい特徴です。

方向性はストレートで、これもT100よりも少しだけ右に集まっています。T150は方向の出方が大型ヘッドの高慣性モーメントモデルに似ています。このヘッドのサイズ感でこのような結果が得られたのは初めてです。

T150アイアンの試打におけるDGとモーダス120の違いは弾道の高さです。これは私のマトリックスチャート通りなのでシャフトの性能を引き出していると言えます。

タイトリストT150アイアンの良い点

  • 性能は申し分なし
  • バックスピンが安定してキャリーが集まる
  • スイートエリアの打感は良い
  • デザインがかっこいい
  • 標準シャフトの設定が鍵

タイトリストT150アイアンのイマイチな点

  • 重いシャフトに向かない
  • 万能というわけではない

T150はシャフト重量に注意

T150は32°のアスリートアイアンです。ある程度のレベルの人が使うことを想定して作られているはずです。ただその中にもT100との棲み分け的なものが存在すると私は感じました。

それはシャフトを入れ替えた時の反応です。

結論から言えば、T150に130g前後の最重量モデルのシャフトを入れるのはあまりおススメ出来ません。確かに試打データは良かったかもしれませんが、アレには裏があります。

DGではとにかくダフりました。シャフト重量を上げるとヘッドが通る位置が低くなって打点が上がります。マッスルバックならそれでメリットを引き出せますが重心設計をしたハイテクキャビティには逆効果でした。

でもそこはさすがタイトリスト。標準設定はモーダス120と105なんです。これは納得でした。なんで最近では珍しくモーダス120を設定したのかと疑問に思いましたが、そういうことだったんですね。

T150アイアンの打感

スイートエリアが広いアイアンというわけでもありませんが、打感はそこそこ良いです。

比較をすれば、T150アイアンよりもT100Sの方が打感が良かったです。先ほどのシャフト重量によって打点がかなり変わるので打感でセッティングを出すのもアリです。

他社製品と比較

スピン性能的には7000rpmクラスで、シャフト依存度は重量に対してのみなのでそこまで高くないかと思います。特にモーダス120でフェードするくらいなので、マトリックスチャートでは三浦技研MB5005のあたりに来ると思います。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

シャフト重量だけ気を使えば幅広いセッティングが可能です。

データチャート

T150アイアンもT100同様、安定性とスピン性能で満点の高評価です。中重量シャフトで美味しさを引き出せるので、やさしさも上がりました。ただロフトに対する飛距離性能は良くないのでそこは低めの評価です。

総合評価

タイトリストT150アイアンはバランスの取れたモデルだと思います。T100SよりもT100との差別化が目立ち、存在感が増したように思います。

タイトリストのアイアンは本当に性能が高いですし、デザインも年々洗練されているように感じられるので買わない理由が見つかりません。もっとレベルアップしたい人の強い味方になってくれること間違いなし。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました