必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ステルスHDアイアン試打評価|新ジャンルの安定アイアン

アイアン試打

ヤマハVD40にライバル登場

巨大なヘッドにモリモリの肉付けをしたヤマハVD40アイアンは、アイアンに慣性モーメントを持ち込んだハイテクモデルでした。理論的に合理的で、実際の性能も伴った面白いアイアンでしたがイマイチ流行りません。

そんな中テーラーメイドがステルスHDアイアンを発売。コンセプトがかなり似ていて、現代においてストロングではない30°のロフトに長めのフェース、分厚いソールを持たせています。ステルス2の世代ではありますが、モデル名はステルスHDです。

というのも、昨年発売のステルスアイアンはそのまま継続で販売されるため、そのバージョン違いとして誕生したからです。ややこしい。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ステルスHDアイアンのデザイン

ステルスHDアイアンの形状はヤマハUDプラス2のような長方形のフェースです。バックフェースを見てもわかるほど顕著です。

この手の面白アイアンは大好きですが、テーラーメイドがやっているのが最高にイカれていて好きです。

流石にこのアイアンを検討していて気にする人もいないと思いますが、ブレードは厚いです。ただ問題はブレードよりもソールにあると思います。

ステルスHDアイアンは7番で30°ですが、構えるとソールが見えます。アイアンとして見れば異端だと思いますがフェースの形も相まってアイアン型ユーティリティとして捉える方が賢明です。

ソールが目立ちすぎて気になりませんでしたが、ステルスHDアイアンは結構グースが強いです。このアングルだとバックフェース側にソールとバックフェースのパーツをくっつけたようなスタイルです。それを除くとステルスアイアンに見えなくもないです。

ステルスHDアイアンの構造は自称中空です。ピンの中空とは違い、ステルスHDはステルス同様ポケキャビにキャップをした複数ピースの中空です。

試打データ

ステルスHD7番(30°)×純正スチールS

ヘッドスピード47.3m/s
ボールスピード59.8m/s
平均キャリー181y
平均トータル190y
平均サイドスピン434rpmドロー
平均バックスピン6058rpm
平均打ち出し角-0.1°
平均打ち上げ角25.5°
最大の高さ55y
落下角度55°
左右ブレ-9y

試打データは意外すぎるかもしれませんが文句のつけようがありません。30°としては飛んでいませんが初速はほぼ60m/s出ていますし、バックスピン量6058rpmを考えれば悪くないでしょう。

安定性は間違いなく高いです。この試打データだけで判断するのは難しいですが、ステルスHDを試打した30球でグリーンを外すほどの曲がりは2球だけ。

ステルスHDアイアンの性能的な特徴は圧倒的な高さです。打ち上げ角度は25.5°で、試打室のネットに当たる時点で高いとわかるほどでした。30°のアイアンではありますが極めてレベルブローです。それを考えるとスピン性能の高さを再認識します。

ステルスHD7番(30°)×純正カーボンS

ヘッドスピード47.8m/s
ボールスピード60.8m/s
平均キャリー186y
平均トータル196y
平均サイドスピン679rpmドロー
平均バックスピン5946rpm
平均打ち出し角0.2°
平均打ち上げ角24.4°
最大の高さ55y
落下角度55°
左右ブレ-13y

カーボンにすることで若干の初速向上と打ち上げ角度の減少はありますが、それでもスチールと同じ高さ、落下角度がでます。驚異的です。

ステルスHDの方向性はドローですが、ミスは引っ掛けではなく若干のスライスです。OBするほど曲がることもありません。

カーボンシャフトでは縦距離の安定性が少し失われますが、そこまで極端でもありません。それよりもカーボンで6000rpmかかるということを褒めるべきでしょう。

ステルスHDアイアンの良い点

  • 一方向性が高い
  • バックスピン量が確保しやすい
  • 高さが出るからどんなグリーンでも止まる
  • ロングアイアンも無理のないロフト体系

ステルスHDアイアンのイマイチな点

  • デザインがかなり奇抜
  • 打感が分かりにくい
  • トゥヒットしやすい

ステルスHDアイアンの妙なところ

ステルスHDアイアンはこのフェース形状が印象的です。

デザインも合理性があれば(=性能が伴っていれば)納得できますから、このフェースは仕方ないかなと思います。ただ打感はステルスアイアンと比べても悪いです。乾いた音で、硬さは否めません。なぜかトゥ側でミスヒットして右にプッシュしたりもするので独特の反応を示すアイアンです。

データチャート

ステルスHDアイアンは飛び系ではありません。あくまで安定性を極めたアベレージゴルファー向けで、ライバルはVD40です。逆に言えばVD40アイアン以外に比較対象がありません。そういう意味では、ステルスHDアイアンの形状やスタイルはアイアンの新たな形を提唱しているとも言えます。

総合評価

ステルスHDアイアン、ぜひ打ってください。

テーラーメイドらしい挑戦的なモデルです。ドライバーがパッとしなかった分このアイアンで挽回しています。元々テーラーメイドのドライバーと同じ名前がついたアイアンは良いモデルが多いですがステルスHDもその一つになるでしょう。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

ステルス2プラスドライバー試打評価|過去作からの焼き直しのかき集め
テーラーメイドステルス2プラスドライバー試打評価です。可変ウェイトを搭載するモデルです。前後重量バランスに優れ、振り心地が良いドライバーだと思います。純正やジアッタスなど癖の少ないシャフトとの組み合わせでの結果が良いのでそういった組み合わせの人にはおススメできます。
TaylorMade Stealth HD Irons
product

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました