必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ローグST MAX OSアイアン試打評価|偏見を捨てて使うべきアイアン

アイアン試打

止まらないストロングロフト化

アイアンはプレーヤーの高齢化と共にストロングロフト化が進んでいます。私のように若かったり、飛ばし屋だと必然的に選択肢が少なくなってしまう悲しい事態でもあります。

アイアンは飛べば良いわけではありませんが、飛んだほうが楽ではあることは確か。ただ完成度の高いアイアンは少なくなってきているとは感じるのでその辺りが注目のポイントになってくると思います。

今回特集するのはキャロウェイローグSTシリーズのMAX OS。オーバーサイズの略で大型ヘッドであることはネーミングから分かるのですが、ロフト体系はちょっと複雑。ローグST MAX OSは7番で28.5°なのでローグST MAXよりも1°寝ているんです。なんとなくOSの方が飛ばしやすそうな気がしますが、そういうわけではないんですね。

LINE追加してクラブ診断
シダドルは試打から購入までをご自宅に居ながら体験できる新サービスです。アンケートに答えるだけで、私(リキ)があなたのお悩みに合わせた中古クラブをご提案し、ご自宅に配送、好きな場所で好きなだけ試打して購入できます。もちろん、合わなかったら無料で返却可能です!

ローグST MAX OSのデザイン

ローグST MAX OSアイアンのバックフェースは初代ローグスターアイアンに似ていて、2本の柱のようなものが見えます。

ローグST MAX OSアイアンとMAXの違いはバックフェースの中央ソール側の部分です。ローグST MAX OSアイアンの方は画像の通りTC101やTW757Vxのように肉抜きがされていて、よりヘッドの安定感を高めている印象。

グースは相当大きくて、いかにもキャロウェイのアイアンという感じがします。ソールの厚さも凄まじいですね。

構えるとフェースはそこまで極端に長くはないので、あまり気になりません。小ぶりとは絶対に言いませんが、オーバーサイズと言っている割にはスッキリして見えるのが不思議なところです。

ブレード厚はむっちりしていてボリューミー。

試打データ

ヘッドスピード43.2m/s
ボールスピード60.5m/s
平均キャリー202y
平均トータル215y
平均サイドスピン495rpmドロー
平均バックスピン4462rpm
平均打ち出し角-0.3°
平均打ち上げ角20.3°
最大の高さ46y
落下角度50°
左右ブレ-15y

試打データを見てみると、飛距離性能の高さがやはり目立ってしまします。データはあくまで平均値なので分かりにくい部分もありますから少し解説します。

まずローグST MAX OSアイアンの良さは方向の安定感です。ストロングロフトのアイアンは方向がばらつく傾向にありますが、その点は心配要りません。

常にドロー回転でありがなら打ち出し角度はほぼストレートなのも好印象でした。縦距離のブレは4yなので良くできていると思います。

バックスピン量はお世辞にも多いとは評価しませんが、かけようと思えば6000rpmくらいはかけられます。その時もキャリー200yなので、打ち方次第では実用性も戦略性も高いのではないでしょうか。

ローグST MAX OSアイアンの打感

この手のハイテクアイアンは打感が悪いと、安易に評価されることが多いのですが正直ナンセンスです。もちろん、比較対象としてマッスルバックを出すのは適切ではないのでそういうことはしませんが、客観的に言って打感は悪くないです。

樹脂感は強いですけど、結構気持ち良い打感です。音が静かなのも働いているかなとは思います。

データチャート

飛距離性能の高さの影に隠れて安定性が目立たない可能性があるので私はそこを強調しておきます。スピン量は安定していますが、多くはないのでどんなコンディションでも止まるアイアンではありませんが、扱いにくさはありません。

総合評価

ローグST MAX OSアイアンは、打ちやすくて、簡単に一定な弾道も打てるので完成度が高いと思いました。アイアンで演出する安心感って、こういうデザインな気がするんですよね。

大型ヘッドが苦手だったり、グースネックが嫌いな人は多いのですが、いつまでもチャレンジしないと自分の適応能力がなくなるので移行するなら早い方が良いと思います。

おススメ度

ローグST MAXアイアン試打評価|飛び系の割に高い安定性と捕まりの良さが魅力
ローグST MAXアイアンの試打評価です。飛び系アイアンの中でも分厚いブレードと強めのグースでやさしいアイアンを目指したローグST MAXアイアン。飛ぶだけと括っているのであればそれは偏見なので是非ともチェックしましょう。
ローグST MAX Dドライバー試打評価|スピン特性が独特だが需要がある仕上がり
キャロウェイローグST MAX Dドライバー試打評価です。ローグSTシリーズのドローバイアスモデルで、意外なスピンバランスで高評価を獲得。流石のキャロウェイと言わざるを得ない素晴らしい仕上がり。ローグST MAX Dドライバー、おススメです。
ローグSTトリプルダイヤモンドLS試打評価|第二のロースピンモデルの実力は?
キャロウェイローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバー試打評価です。ロースピンモデルとしてUSでは通常販売されるトリプルダイヤモンドLSは、ローグST MAX LSとどう違うかなどを比較しながら評価します。
キャロウェイローグST LS FW試打評価|超安定のFWでスコアアップしようぜ
キャロウェイローグST LS FW試打評価です。名器を数多く販売してきたキャロウェイの正当なラインから出た低スピンモデル。超安定するだけでなく飛距離も申し分ない名器の予感。
キャロウェイローグST MAX FW試打評価|歴代の名器には及ばない落ちこぼれ
キャロウェイローグST MAX FW試打評価です。これまで多くの名器を生み出してきたキャロウェイの新作。ローグST MAX FWはX HOTの系譜を辿るモデルですが、どんな評価になるのでしょうか。
ローグST MAXハイブリッド試打評価|FW並みに飛ぶハイブリッドはいかが?
キャロウェイローグST MAXハイブリッドの試打評価です。ハイブリッドを多く発売するキャロウェイの最新ハイブリッド。ローグST MAXハイブリッドはソールにレールを配置した意外と革新的なモデルです。
ローグST MAX(マックス)ドライバー試打評価|最高レベルの安定性で”軽くても曲がらない”を実現
ローグの復活 キャロウェイは2つのモデルを2年ごとに更新する形で毎年新作を登場させます。2022年のキャロウェイはローグSTシリーズ。2018年に初めて登場したローグは、これまでの流れから、方向性重視に大きく舵を切ったモデルでした。 ...
キャロウェイAPEX UW試打評価|クラブセッティングに革命を起こす新種!
キャロウェイから発売された新しい”ユーティリティウッド”、APEX UWを試打評価します。ユーティリティの長さで、スピンバランスはFWといういいとこ取りのクラブはクラブセッティングに新たな風を吹かすのか。
ローグST MAX LSドライバー試打評価|スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバー
ローグST MAX LSドライバー試打評価です。一世代跨いで復活したローグSTシリーズの低スピンモデル、ローグST MAX LSドライバーを試打。スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバーだと思います。
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました