必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ローグST MAXアイアン試打評価|飛び系の割に高い安定性と捕まりの良さが魅力

アイアン試打

ストロングロフト×強グース

キャロウェイと言えば開発力のあるブランドで、1世代で数多くのモデルを発売することで知られています。特に最近ではストロングロフトのモデルに力を入れていて、ローグSTシリーズでも合計4種類のモデルを発売。

今回特集するのはその中でも特別ストロングなローグST MAXアイアンです。このモデルは7番で27°のロフトに強めのグースを入れたいかにもキャロウェイらしいアイアン。

まずはローグST MAXアイアンのデザインから分析していきます。

ローグST MAX(マックス)ドライバー試打評価|最高レベルの安定性で”軽くても曲がらない”を実現
ローグの復活 キャロウェイは2つのモデルを2年ごとに更新する形で毎年新作を登場させます。2022年のキャロウェイはローグSTシリーズ。2018年に初めて登場したローグは、これまでの流れから、方向性重視に大きく舵を切ったモデルでした。 ...
ローグST MAX Dドライバー試打評価|スピン特性が独特だが需要がある仕上がり
キャロウェイローグST MAX Dドライバー試打評価です。ローグSTシリーズのドローバイアスモデルで、意外なスピンバランスで高評価を獲得。流石のキャロウェイと言わざるを得ない素晴らしい仕上がり。ローグST MAX Dドライバー、おススメです。
ローグST MAX LSドライバー試打評価|スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバー
ローグST MAX LSドライバー試打評価です。一世代跨いで復活したローグSTシリーズの低スピンモデル、ローグST MAX LSドライバーを試打。スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバーだと思います。
ローグSTトリプルダイヤモンドLS試打評価|第二のロースピンモデルの実力は?
キャロウェイローグSTトリプルダイヤモンドLSドライバー試打評価です。ロースピンモデルとしてUSでは通常販売されるトリプルダイヤモンドLSは、ローグST MAX LSとどう違うかなどを比較しながら評価します。
キャロウェイローグST LS FW試打評価|超安定のFWでスコアアップしようぜ
キャロウェイローグST LS FW試打評価です。名器を数多く販売してきたキャロウェイの正当なラインから出た低スピンモデル。超安定するだけでなく飛距離も申し分ない名器の予感。
キャロウェイローグST MAX FW試打評価|歴代の名器には及ばない落ちこぼれ
キャロウェイローグST MAX FW試打評価です。これまで多くの名器を生み出してきたキャロウェイの新作。ローグST MAX FWはX HOTの系譜を辿るモデルですが、どんな評価になるのでしょうか。
ローグST MAXハイブリッド試打評価|FW並みに飛ぶハイブリッドはいかが?
キャロウェイローグST MAXハイブリッドの試打評価です。ハイブリッドを多く発売するキャロウェイの最新ハイブリッド。ローグST MAXハイブリッドはソールにレールを配置した意外と革新的なモデルです。

ローグST MAXアイアンのデザイン

ローグST MAXアイアンの基本構造はポケットキャビティだと思います。もはや構造を分類することが困難になってきているのであまり重要でもありませんが。

今作のローグSTシリーズはブレードっぽいMAX FASTとPROがあり、このみた感じキャビティなのがローグST MAXとMAX OSです。

グースはしっかりついていて、ソールも分厚いです。ネックは試打用なので特に短く見えますが実際の製品もかなり短いです。

やはり重心は低く作ろうとしているのが分かります。この断面もなかなか違和感がありますが、こうして見ないと気付きませんでした。

ヘッド長は特別長くはないかなと思います。それは形状的にネック側を絞っているからかもしれません。

ブレード厚はかなり分厚くなっています。これはローグST MAXとOSだけです。

試打データ

ヘッドスピード45.3m/s
ボールスピード61.4m/s
平均キャリー212y
平均トータル226y
平均サイドスピン517rpmドロー
平均バックスピン3816rpm
平均打ち出し角-1.4°
平均打ち上げ角20.7°
最大の高さ48y
落下角度50°
左右ブレ-23y

試打データは日本シャフトの950GHneoです。スピンがかかりやすいシャフトでもないのですが、スピンはかなり少ないです。

平均キャリーが213yというのは27°というロフトを考えるとローグST MAXアイアンは割と飛んでいる方だと思います。バックスピン量が4000rpmを切るので完全な飛び系です。

グースしていることから予想は出来ましたが打ち出しも少し左になるくらい強めの捕まりです。サイドスピンもアイアンとしては多めの500rpm程度かかっています。

ただ、飛び系としてはキャリーや高さは揃っていて、落下角度も50°付いているので悪くはないでしょう。試打計測のボールはツアーB Xなのでスピンはかかりやすいとは思いますからボールでもほぼどうしようもないかなと思います。

ローグST MAXアイアンのフィーリング

打感はいかにも飛び系のマルチマテリアルな感触です。プラスチック感があるので気持ち良くはないですが、楽しさは備えていると感じました。

ローグST MAXアイアンは打ち出し角度が左になるくらいなので、インパクトの瞬間に包み込むようにじわっとボールが潰れる感触はあります。これを安易に打感が悪いと形容するには失礼な、独特なフィーリングです。

シャフトの組み合わせ

今回は飛び系アイアンのために作られたN.S.PRO950GHneoを組み合わせましたが、変なミスもなく上手くヒットしました。

ローグST MAXアイアンのヘッド特性としてはしっかりとドローバイアスになっていることが挙げられます。なのでneoよりは普通の950の方が良い気もしますし、neoなら一つ柔らかくしても良いと思います。

データチャート

ローグST MAXアイアンはスピン量以外の評価は割と高いです。珍しくやさしいアイアンとして評価できる製品だと思います。このロフトとしては安定性も高いので結構おすすめ。

総合評価

ここまでスピン量が少ないのは珍しいですが、まぁ飛び系なのでターゲットとなるゴルファーもスピンが最優先事項ではないと考えられます。そういうコンセプトなら安定性も高いですし、スチールシャフトでも上手く打てますし、高さはそこそこ出るので評価は高いです。打感やスピン量にこだわりがなく捕まりが良い安心感のあるアイアンが欲しい人には大変おススメ出来るモデルです。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました