スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

パラダイムMAX FASTアイアン試打評価|打感が終わっている

アイアン試打
スポンサーリンク

興味のないライン

キャロウェイはほとんど日本市場向けとも言えるMAX FASTシリーズを展開しています。ドライバーは270gほどの超軽量モデルで、アイアンは30°を切るストロングロフト、ハイブリッドでさえ巨大だったりします。

私は基本的にこういったユーザーを舐めた製品は嫌いなのでレビューすることもないのですが他のモデルとの比較のため、マトリックスチャート充実のために全く乗り気にならないまま試打評価を行うことにしました。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

パラダイムMAX FASTアイアンのデザイン

バックフェースはパラダイムアイアンとそっくりです。先端にタングステンを配置したハイテク構造。

基本的にはバックフェースとフェースとフレームの3ピース構造に、タングステンウェイトを番手ごとにそれぞれ配置した仕様です。バックフェースはバッジです。

カッコつけてFORGED455とか書いています。これはフェース素材のカーペンター455スチールのことだと思います。キャロウェイやピンは以前から使用していますね。ステンレスに近いスチールです。

断面は分厚く、ブレードにかけて細くなっていく形状はパラダイムにも見られました。

どう頑張っても左に向く感じがしました。ヘッドサイズはやや大きいくらいで、同ロフトの他社製品よりは小さいと思います。

パラダイムMAX FASTアイアンのスペック

5番から56°までラインナップしており、7番のロフトは26°です。

ライ角は番手に対しては0.5°立ててありますが、長いのでイメージ的には6番のシャフトに5番のロフトを付けて、7番と表記しているということです。

試打データ

パラダイムMAX FASTアイアン7番×N.S.PRO850GH neo(S)

ヘッドスピード46.1m/s
ボールスピード61.3m/s
平均キャリー202y
平均トータル214y
平均サイドスピン333rpmドロー
平均バックスピン4753rpm
平均打ち出し角0.6°
平均打ち上げ角21.0°
最大の高さ49y
落下角度52°
左右ブレ-6y

パラダイムMAX FASTアイアンのスチールシャフトはN.S.PRO850GH neoが用意されています。飛び系アイアン用のシャフトなので相性は悪くなさそうです。平均キャリーはロフトなりの202yで、縦ブレも2yと安定しています。方向は弱いドローで、バックスピンもロフトや飛距離の割にはかかっていると言えます。

曲がり幅が小さいのはハイテク構造による重心設計のおかげだと思います。それをこの小さいヘッドに詰め込むのがキャロウェイの美学ですね。

高さはこのあと見るカーボンシャフトよりも少し高いです。初速がしっかり出ているので、距離が出ながらスピンも保っているのでしょう。

パラダイムMAX FASTアイアン7番×純正カーボンR

ヘッドスピード44.8m/s
ボールスピード60.6m/s
平均キャリー204y
平均トータル217y
平均サイドスピン55rpmフェード
平均バックスピン4328rpm
平均打ち出し角1.1°
平均打ち上げ角20.6°
最大の高さ47y
落下角度50°
左右ブレ6y

この手のストロングロフトアイアンはカーボンとの相性が良い場合がありますが、パラダイムMAX FASTはそれほどでもありません。スチールの方がまだマッチしている感じがします。

弾道はフェードで、シャフトが柔らかいという影響が感じられます。飛び系アイアンでは良くあることですが、慣性モーメントを大きくしたためにフェースがローテーションしにくく、結果的にフェードになることがあります。特にこれは柔らかいシャフトがトリガーとなって起こるのでそれかと思います。

フェードではありますがバックスピン量は全然かかりません。初速は60m/sを超えていますし飛んではいますが、これといって魅力的な試打データということでもありません。

パラダイムMAX FASTアイアンの良い点

  • 試打データは良い
  • 方向安定性が高い
  • スチールなら縦距離も揃う
  • 比較的コンパクトなデザイン

パラダイムMAX FASTアイアンのイマイチな点

  • 打感が悪い
  • 感覚と実際の方向が一致しにくい

パラダイムMAX FASTアイアンの打感

パラダイムMAX FASTアイアンの打感は本当に悪いです。カーボンシャフトでも、スチールシャフトでも同様に硬く、完全なセンターに当てても気持ちよさは0です。

そもそもパラダイムで打感が悪かったので期待していませんが、それにしても悪いです。打っていて楽しくないというのは残念でした。

データチャート

飛距離性能、安定性は高評価です。スピン量は度数に対しては悪くありませんが、それでも多くもないという評価です。飛ぶアイアンなので、距離や方向性は少しのミスで瞬時に大きくなりますからやさしさとコスパで少しポイントを下げました。

総合評価

パラダイムMAX FASTアイアンは、飛び系アイアンの中では全体的におとなしい仕上がりと言って良いかもしれません。フィーリングが低評価なのでおすすめすることはないと思います。

ただ、キャロウェイが考える飛び系の形を理解できたことは一つの成果だと考えています。

おススメ度2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました