スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

パラダイムアイアン試打評価|シンプルさに隠れたハイテクが光るアイアン

アイアン試打
スポンサーリンク

グースが定番

キャロウェイのアイアンは強めのグースが定番でした。上級者モデルであっても案外グースしているので独特なデザインに感じます。

ドライバーと同じネーミングで販売するモデルということでは、テーラーメイドと同じスタイルを取っていますが、キャロウェイの方がモデル数が多い傾向にあります。パラダイムシリーズのアイアンはパラダイムとパラダイムX、パラダイムMAX FASTの三種類です。

今回はパラダイムアイアンを試打評価していきます。

パラダイムXドライバー試打評価|これ誰にメリットあるの?
キャロウェイパラダイムXドライバーを試打評価します。パラダイムの高慣性モーメントドライバーです。パラダイムXは可変ウェイトを取っ払い、よりシンプルに再設計されています。形状もシンプルなので振り心地もやや良いですが飛ばないしなんの価値があるのかよく分かりません。
パラダイムドライバー試打評価|エピックフラッシュは超えていない
キャロウェイパラダイムドライバーを試打評価します。カーボンを多用したボディでより高い安定性を与えたモデル。エピックシリーズから久しぶりに新しい名前で登場しましたが、そこまで革新的ではなく性能も凡な仕上がりです。
実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

パラダイムアイアンのデザイン

パラダイムアイアンのデザインはこれまでと比べて飛躍的にシンプルになった印象です。

バックフェースのトゥ側にはタングステンが埋め込まれており、安定性を狙った構造になっています。

構えてみるとそこまでグースは強くなく、ヘッドも締まって見えます。サイズ感で言えば同じロフトの他のモデルよりもやや小さめだと思います。

ブレード部分はこんな感じです。分厚くはありませんがシャープとも言えないくらいの形です。

断面はストレートでソールは厚めです。テカテカの仕上げですね。

ネックにはよくわからないことが書いてあります。

試打データ

パラダイムアイアン7番(29°)×純正カーボン

ヘッドスピード48.9m/s
ボールスピード61.2m/s
平均キャリー198y
平均トータル210y
平均サイドスピン240rpmドロー
平均バックスピン4941rpm
平均打ち出し角-0.0°
平均打ち上げ角22.5°
最大の高さ52y
落下角度53°
左右ブレ-6y

カーボンシャフトはドライバーと同じスピーダーのデザインです。平均キャリーは200yに迫るほどで、スピン量は5000rpm弱とそこまで悪くありません。方向性は左で、弱いドローが出ます。

初速性能が高いので飛距離はよく出ています。それに対して曲がり幅は大きくもなく安定性の高いアイアンという印象でした。

弾道は高いですが、打ち上げ角度は小さいです。これが初速にも貢献しているとも考えられます。

パラダイムアイアン7番(29°)×N.S.PRO950GH neo

ヘッドスピード47.1m/s
ボールスピード61.4m/s
平均キャリー194y
平均トータル205y
平均サイドスピン310rpmドロー
平均バックスピン5355rpm
平均打ち出し角-0.1°
平均打ち上げ角23.0°
最大の高さ53y
落下角度54°
左右ブレ-8y

パラダイムアイアンはスチールシャフトでも高い初速を示しました。平均キャリーは少し落ちましたが、バックスピン量は増えてより実用的な試打データになったと言えそうです。

方向性もほとんど変わりませんが、スチールシャフトの方が引っ掛けや打点のばらつきが大きくなったように思います。

ただ慣れた時の安定性は捨て難いものがあります。

パラダイムアイアンの良い点

  • 安定性が出しやすい
  • 初速性能が非常に高い
  • 形状がシンプルで綺麗

パラダイムアイアンのイマイチな点

  • 打感が悪い
  • スチールでは引っ掛けが出る

パラダイムアイアンは

パラダイムアイアンは打点がずれた時の打感の悪さが凄まじいです。しかし、弾道は良いのでなんとももどかしい感情を抱きます。

本来アイアンはこういう反応が正しいのか、本来アイアンはこうあるべきなのか。打点は特にトゥ側になりやすく手が痛くなるようなパチンという音がします。

パラダイムアイアンのセッティングのポイント

パラダイムアイアンはシャフト依存度がやや高いシャフトだと思います。安定性は出せますが、シャフトの反応がそれを上回るように思います。

カスタムをしてまでその安定性を引き出す必要があるかは分かりませんが、シャフトを変える効果はあるので気に入ったのであれば選択肢に入れてみてください。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

入れるとすればスチールなら柔らかくてフェードが出しやすいモデルが良いでしょう。島田のK’s NINEなどです。

データチャート

飛距離はロフトに対してよく出ていると思います。安定性も悪くないので高評価しました。一方でスピン量はお世辞にも高評価とはいかないものの全体としては悪くなさそうなデータチャートです。

総合評価

パラダイムアイアンはシンプルになったデザインに、7番29°のややストロングなロフトの中にできる限り安定性を演出したアイアンです。

総合して評価するならば「面白みや楽しさがなく極めて無機質な性能を持ったつまらないアイアン」です。データチャートや試打データを見る限りは高評価かと思うかもしれませんが、どちらかというと低評価です。

おススメ度2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました