必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

テーラーメイドP770アイアン(2020)試打評価レビュー|エモいアイアンです

アイアン試打

ハイテクアイアンの極致

テーラーメイドのPシリーズアイアンは、ドライバーから独立したラインナップで高性能なモデルばかり。特に前作で言えばP760とP790は中空充填剤というハイテクアイアンでした。

 

今作、同時に発売されるモデルとしてはマッスルバックのP7MB、キャビティバックのP7MC、そして今回レビューするP770です。P770の770はフェース長を表していて、P760よりやや大きくなった寛容なヘッド、テクノロジー的にはレベルが高いためどのメーカーも取り入れているわけではありません。

ロフトは7番で33°とこの手のアイアンとしては寝ています。これこそがP770アイアンの価値になっていきそうですね。

専門家に相談してからクラブが買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打データ

ヘッドスピード48.5m/s
ボールスピード59.4m/s
平均キャリー179y
平均トータル188y
平均サイドスピン165rpmドロー
平均バックスピン6184rpm
平均打ち出し角1.2°
平均打ち上げ角25.9°
最大の高さ55y
落下角度55°
左右ブレ0y

私が求めるバックスピン量、飛距離、方向性だと思います。P770アイアン(2020)は、面白いアイアンで、左右の打ち分けを非常にしやすいヘッドの動きをします。

 

この試打データでは、フェードとドローとちらも計測しているので、それぞれのデータの特徴を述べていきたいと思います。

 

まず、ドローですが、バックスピン量が5700rpmとやや少なめではあるものの、キャリー184yなので十分といって良いでしょう。サイドスピンは500rpm前後を推移し、曲がり幅は10y。打ち出し角はやや右のドローボールです。

 

一方で、フェードの場合、バックスピン量は6400prm、平均キャリー176yとスピン寄り。弾道の高さは56yと、ドローよりもさらに高弾道。打ち上げ角度も26°を超えますので硬いグリーンでもピンを狙う攻め方が出来そうです。曲がり幅は7yでした。

ビジュアルで見る弾道

弾道は高いです。33度の中でも特に高弾道だと思います。

揃っていますね。

フィーリング

打音は乾いた音で、とても中空充填剤とは思えません。これは、前作から継承されていますが、よりシャープで、どこに当たっているか分かりやすくなったように思います。

打感は決して柔らかいと形容できるほどではありません。ただ、柔らかければ良いとは思っていないので、評価を下げることは無いです。

 

あと、これは完全に深読みかもしれませんが、最近のテーラーメイドは製品精度の極限に挑戦しているように思います。スピードインジェクションです。

P770アイアンでも、中空構造だけでなく、中にスピードフォームを充填しています。これはやはり製品精度を保つのが難しい中空構造を制するためのように思ってしまうんですよね。

どちらかというとフェード向き

P770アイアンは、ドローよりもフェードの方が球を集めやすいです。ドローがダメと言うよりは、コントロールの幅がフェードの方が手に取るように分かるというイメージです。

ドローの方が特異な私がそう感じるので、もしかしたらかなりオートマチックなアイアンなのかもしれません。

今回組み合わせたシャフトはモーダス105でした。個人的にはドローが打ちやすいシャフトなので、今回の結果は意外でした。

データチャート

P770は飛距離、スピンのバランスが良く、非常に使いやすいアイアンだと思います。ただ、構造上仕方がないことではありますが、少々高いかなと思います。

これなら、ピンのi210やT100などにコスパでは勝てません。

まぁコスパが全てではありませんから、参考程度に。

総評

製品としての完成度は、前作よりもかなり良くなっています。

見た目もマッスル風にしたというのは、ユーザーのニーズをよく分かっているなと思いました。

ドライバーの性能ばかりがフィーチャーされがちですが、マーケティングも含めると、ドライバーはキャロウェイ、テーラーはアイアンがうまいな、と思っています。

 

これはいいアイアンですよ。

おススメ度

最安値はフェアウェイゴルフでした。トータル2万円以上安いです。

フェアウェイゴルフでP770アイアンを買う

テーラーメイドP790アイアン(2021)試打評価|改善された打感とシャープなデザイン
テーラーメイドP790アイアンの2021年モデルを試打しましたので評価をします。マットとクロムを組み合わせたシャープなデザインで、充填剤もこれまでと違うものを入れたことで打感も改善。P790アイアンは30.5°のロフトを考えると凄まじく魅力的なアイアンです。
タイトリストT100/T100S(2021)アイアン試打評価|タイトリストの最新名器を比較試打します!
2021年に新登場したT100/T100Sアイアン試打評価です。ロフトを34°にしたT100と、32°になったT100Sは、両者とも非常にバランスが取れているだけでなく、打感や振り心地もそっくりです。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました