クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

オノフラボスペックMB-247D試打評価|三浦技研製200セット限定の軟鉄鍛造アイアン

アイアン試打

三浦技研製のオノフラボスペック

今回レビューするのはかなり稀有なアイアンです。その名もオノフラボスペックMB-247D

オノフと三浦技研の共同開発で、三浦技研が製造したマッスルバックアイアンです。限定200セットですが、メーカーホームページからは購入できなくなっていますので、小売店の在庫のみでしょう。

これから説明していきますが、確かに打ったらほしくなるくらい感性に訴えかけてくるアイアンだと思います。三浦技研のアイアンを使っている私でさえも感動を覚えます。

早速レビューしていきましょう。

専門家に相談してから買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打データ

オノフラボスペックMB-247D 7番×DG S200

ヘッドスピード41.9m/s
ボールスピード56.9m/s
平均キャリー173y
平均トータル181y
平均サイドスピン544rpmドロー
平均バックスピン6545rpm
平均打ち出し角-1.7°
平均打ち上げ角23.8°
最大の高さ48y
落下角度53°
左右ブレ-14y

34°のロフトであることを考えれば、飛距離性能はまずまず良いと思います。キャリーで平均173yでかなり安定感もあります。

ダイナミックゴールドとしては、珍しく捕まった弾道になりました。若干サイドスピンは多いようにも思えますが、曲がりはそこまで大きくありません。

オノフラボスペックMB-247Dはマッスルバックとしてはかなりレアな飛ばせるモデルであり、捕まえやすいモデルと言えます。

オノフラボスペックMB-247D 5番×DG S200

ヘッドスピード46.0m/s
ボールスピード62.6m/s
平均キャリー193y
平均トータル202y
平均サイドスピン135rpmフェード
平均バックスピン6625rpm
平均打ち出し角0.6°
平均打ち上げ角20.2°
最大の高さ50y
落下角度53°
左右ブレ4y

5番アイアンも飛距離は十分でキャリー193yとなりました。さすがにダイナミックゴールドなので、5番で捕まるほどではありませんが、ほぼストレートで安定感は抜群。

赤が5番、黄色が7番です。

しかも、弾道の高さは7番とさほど変わらないという優秀さです。バックスピン量もかなり多く、良く出来たアイアンだと痛感します。

デザインの素晴らしさ

オノフラボスペックMB-247Dの最大のトピックはやはりデザインの美しさにあると考えています。

しかし、このシンプルなデザインの中にも良く考えられている点が多数あるので、解説していきたいと思います。まずは、バックフェースの肉抜きです。オノフラボスペックMB-247Dアイアンは、2019年に登場したモデル。

三浦技研の同年式は、私が使用しているTB-Zeroです。それよりも前のMB-5005やMC-501ではこのようなバックフェースの肉抜きが見られます。

良く見ると、ブレードの上部は少し絞られているように思います。これも低重心化するための設計ではないかと思います。

オノフラボスペックMB-247Dを構えて見ると、“何の変哲もない”というのが率直な印象でしょう。しかし、詳細に見ていくとここにも様々な工夫が現れています。

1つは、スコアライン。スコアラインの上の数本は短く、彫られた溝が少ない訳ですから低重心化に繋がっていそうです。オノフラボスペックMB-247Dのデザインの特徴の多くは“やさしさ”のためにあるように考えられます。

もう一つは、スコアラインの位置です。通常、アイアンのスコアラインは、フェースセンターを中心に広がっていますが、必ずしもスイートエリアが真ん中にあるとは限りません。

一方で、このオノフラボスペックMB-247Dのスコアラインはスイートエリアが中央に来るようにしてあります。これにより構えた時にイメージした通りに打つことが出来るのだと思います。

ブレードはそこまで薄くはなく、やや角ばったソリッドな印象。

ソールの厚さも何というか適度。グースも少しあって、これもやさしさにつなげるためのデザインでしょう。ネックも長かったり太かったりせず、決してハードコアなイメージは湧きません。

オノフラボスペックMB-247Dの打感

マッスルバックといえば、打感が気になるところだと思います。しかも三浦技研製となると尚更です。

ズバリ、オノフラボスペックMB-247Dの打感は最高です。

これ以上はないくらいに打感は良いです。私はこのオノフラボスペックMB-247Dを試打したことで、アイアンの評価軸や価値観がガラッと変わりました。デザインがここまで性能や打つ人の意識を支配するというのは、ゴルフクラブの設計の奥深さを物語っています。

データチャート

マッスルバックとして、また34°のアイアンとしての評価は格別に高いです。飛距離性能、スピン性能のバランスは素晴らしいです。

やさしさも正直30°位のロフトのクラブとも遜色ないレベルなので、初めてマッスルバックアイアンを使いたいという人にもおススメ出来ます。

総合評価

オノフラボスペックMB-247Dは私がこれまで打ったアイアンの中でも最高評価です。打感が良いアイアンはこれまでもたくさん打ってきましたし、易しいアイアンもたくさん打ってきました。ですが、ここまで美しくここまで打感が良くそれでいて簡単に性能を引き出せるアイアンはありません。

200セット限定でもう既に新品在庫も少ないので見つけ次第購入することをおススメします。二木ゴルフ等オノフとコラボしている店舗では一部在庫がありますので買わなくても実物を見てみてほしいです。

おススメ度

専門家に相談してからクラブが買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました