スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ヨネックスMB301アイアン試打評価|タイムスリップした古臭すぎるマッスルバックアイアン

アイアン試打
スポンサーリンク

カーボン使いのヨネックス

ヨネックスはカーボン製品を数多く作っているメーカーです。テニスやバドミントンのラケットのようなカーボンフレームを得意としています。

ゴルフクラブでも非常に豊富な純正カスタムシャフトを用意していて、しかも毎年のように新シャフトを発売しています。やはりカーボンをゴルフでもフル活用しています。

今回はカーボンとは一見関係なさそうなマッスルバックアイアンの試打評価ですが、実際は関係アリアリなのでその辺りがどう効いているのかを検証できたらと思います。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ヨネックスMB301アイアンのデザイン

ヨネックスのマッスルバックアイアンは前作であるN1-MBで特集しました。それも今作のMB301同様カーボンパーツをバックフェースに仕込んでいます。

これはG-BRIDと呼んでいて、カーボンの制振効果を使ってより心地よいフィーリングに近づけています。

ソールはかなり薄い部類に入ると思います。2023年にこんなにシャープなマッスルバックが販売されることになるとは思いませんでした。驚きです。

ネックもストレートで徹底しています。ヨネックスMB301アイアンはかなりハードコアなマッスルバックアイアンです。

ブレードも薄いです。光沢感もどこか懐かしいテカテカした仕様で、古臭いです。

MB301アイアンのフェースは25μmの細かい凸ラインがあるらしく天候によらずスピンを確保してくれるようです。

薄いです。しかも低重心にする気も感じられない挑発的なデザイン。最高です。

スペック

番手は3番からあり、7番のロフトは34°と変更なし。PWは46°です。

マッスルバックとしては普通のバウンス角、フェースプログレッションです。国産のブリヂストンとダンロップが33°で競い合っていますが、ヨネックスはもっと上級者層をターゲットにしているのでしょうか。

試打データ

ヨネックスMB301 7番×モーダス125S

ヘッドスピード45.8m/s
ボールスピード58.5m/s
平均キャリー170y
平均トータル178y
平均サイドスピン158rpmドロー
平均バックスピン7084rpm
平均打ち出し角-0.6°
平均打ち上げ角26.6°
最大の高さ55y
落下角度56°
左右ブレ-4y

飛ばないアイアンはもはや貴重になりつつあります。ヨネックスMB301アイアンは昔ながらの“ちゃんと”飛ばないマッスルバックです。こう言うモデルを求めている人は一定数いるでしょう。

弾道は申し分ありません。バックスピンは安定して7000rpm付近を推移しておりキャリーはブレ幅5y、横ぶれ9yです。さすがに34°のマッスルですし、バックフェースのカーボンも初速のためのものではないので、平均58.5m/sというのも妥当です。

打ち上げ角度が非常に高いので超高弾道です。サイドスピンもかなり小さく、方向性も読みやすい高性能マッスルです。

ヨネックスMB301 5番×モーダス125S

ヘッドスピード47.3m/s
ボールスピード63.5m/s
平均キャリー202y
平均トータル213y
平均サイドスピン43rpmドロー
平均バックスピン5431rpm
平均打ち出し角-0.1°
平均打ち上げ角21.8°
最大の高さ55y
落下角度53°
左右ブレ-1y

5番まで完璧でなければ高評価はしませんが、ヨネックスMB301は5番も素晴らしいです。キャリーは200yほど出るので飛距離には困らないでしょう。

MB301アイアンの5番は7番よりもストレートというところがとても良いですね。高評価するアイアンでよくあることですが、MB301は7番もほぼストレートですからその統一感も誉めたいです。

やや飛びすぎな感じはしましたが、これだけバックスピンがかかっているのであれば問題ないと判断しました。5番はしっかり初速が出ていますね。5番からPWの基本セットなのでこれくらいの仕上がりの5番なら安心です。

ヨネックスMB301アイアンの良い点

  • ストレートな弾道
  • 適切なスピン設計
  • 高い安定性
  • 素晴らしい打感
  • 良い意味で古臭いデザイン

ヨネックスMB301のイマイチな点

  • 難易度がやたら高い
  • 試打環境が少ない

感動の打感

ヨネックスMB301は非常に打感が良いです。前作のN1-MBはそこまで打感が良いと感じませんでしたがMB301は抜群の仕上がりです。

このG-BRIDが効いているのを初めて感じることができました。私はややネック側でヒットするタイプですが、そんな人でも良い打感が楽しめます。

PWも秀逸

7番アイアンのサイドスピン自体がマッスルとしては少ないですが、そうなると当然PWも引っ掛けにくくなります。

しかもフェースプログレッションを変にフローさせていない(なぜかP社を煽る)ので予想通りな弾道になります。“デザインは性能を物語る”と私はよく言っていますが、まさにこのヨネックスMB301にも言えるでしょう。

他社製品との比較

マトリックスチャートではRFプロトの下付近になると思います。シャフト依存度が高いのであらゆるシャフトと組んで問題ないでしょう。また、シャフト性能を最大限引き出すヘッドでもあると思います。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

データチャート

極端な評価ですが、それで良いと思います。万人うけを狙ったらここまでのデザインにはしませんし、ロフトだってクラシックのままにしないでしょう。棲み分けをしっかりしており、振り切ったコンセプトだからこそ“分かる人にだけ分かる”通なクラブになっているのだと思います。

【完全版】マッスルバックアイアンのセッティングの極意|リキ@300yヒッターのギアノート
憧れは本当に憧れのままで良いのか。 マッスルバックアイアンはアイアンの本来の姿とも言えますし、源流、原型と表現しても差し支えないでしょう。 しかし昨今のトレンドは、ゴルファーの高齢化に合わせてストロング化と、高初速&低スピン化の一途を辿っています。 マッスルバックアイアンは定義からして進化を妨げられていますから、形...

総合評価

マッスルバックのあるべき姿を残した最新モデルです。

ヨネックスにしかできないG-BRIDとそれによる打感、高い性能、カッコいいデザイン。MB301アイアンはニッチだからこそ評価されるべきだと思います。

良い意味での古臭いマッスルバックはあっても良いのではないでしょうか。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました