テーラーメイドM6アイアン試打データ付き評価|とっても易しいアイアン

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

M6アイアンはとにかく易しい

Mシリーズから発売される2種類のアイアンのうち、度数が立っていて軽量なのがこのM6アイアンです。

 

7番アイアンのスペックは、今回試打したREAX85JPシャフトで28.5°、総重量410gほどです。実はこのREAXというシャフトが秀逸で、トルクがSフレックスで1.8と硬め。

毎回テーラーメイドの日本向けアイアンに設定されているシャフトです。しかも、Mシリーズの偶数モデルだけなんです。

 

早速、M6アイアンの試打データからレビューしていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード40.6m/s
平均キャリー180y
平均トータル192y
平均サイドスピン464rpmドロー
平均バックスピン5110rpm
平均打ち出し角2.8
平均打ち上げ角21.3
左右ブレ0y

 

軽量で度数も立っているにもかかわらず、全然飛びません(笑)

M5よりもスピン量が多いのは低重心だからでしょうか。特にタングステンウェイトが仕込まれているわけではないので不明ですが。

 

打ち上げ角度もM5とほとんど同じです。バックスピンが多いものの落下角度はM5よりも浅くなりやすいです。ですから、グリーンでの止まり具合は同等かと思います。

 

M6アイアンの良さ

良い所はありません。

 

強いて言うなら、シャフトですがこちらは前作から継承ですからここで褒めるべきではない気がします。私は、このアイアンをテーラーメイドが本気で作っているとは思わないので、良さを見つけることはできませんでした。

 

まぁ、テーラーメイドにはPシリーズがあるので、このM6なんかは前作からあまり進化していないように思います。

 

どんな人に向いているか

是非、これからゴルフを始める初心者の方に使ってほしいですね。

 

このシャフトは硬いですが軽いので、ヘッドをコントロールする感覚を養うことが出来るようになると思います。

 

度数も28.5°なので、飛距離を出す楽しさも享受できるでしょう。

データチャート

易しさがかなり高評価です。それでも、テーラーメイドのアイアンは種類が多いので易しさで言えばMグローレの方が優秀だと思います。

 

総評

色々書きましたが、やはり中途半端な感じは否めませんね。

 

見た目こそM6のドライバーそっくりですが、性能はドライバーに対して少々易しすぎる気がします。初心者向けのセットに入っているアイアンみたいな感じです。

 

おススメ度

ゼクシオ11/ゼクシオXアイアン試打&評価|素材の違う二種類のゼクシオアイアンを比較試打!!
ゼクシオ11&ゼクシオXのアイアンを比較試打。それぞれ1°ずつストロングンロフトになっていますが、安定性は前作に比べてもかなり向上していてピンを狙っていけるアイアン。個人的には打感の良いゼクシオXがおススメ。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました