必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

テーラーメイドハイトゥ3ウェッジ試打評価|フル溝ノーメッキで顔面強すぎな仕上がり!

アイアン試打

フル溝ウェッジ

テーラーメイドのウェッジは初めてノンメッキフェースを採用したミルドグラインドシリーズとハイトゥがメインのラインとして存在します。ハイトゥウェッジはこれまで56°以上寝ている番手でフルスコアラインを採用していましたが、ハイトゥ3では54°からフルスコアラインになっています。

今回は、テーラーメイドハイトゥ3ウェッジを2種類のシャフトで試打計測を行なって評価していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ハイトゥ3ウェッジのデザイン

ハイトゥ3はカッパー仕上げで高級感があります。バックフェース?はキャビティのように彫られています。

今回の試打はハイトゥ3スタンダードバウンスですが、ローバウンスとハイバウンスも存在します。

CNC精密加工により、均質な製品制度を実現しているのもハイトゥ3ウェッジの良さです。

試打クラブは58°なのでフルスコアラインです。ハイトゥ3はノーメッキフェースですから少し錆びています。

ブレード部分はテーパーしていて、重心が高くなるように設計されています。

試打データ

ハイトゥ3ウェッジ58°×ダイナミックゴールドS200

芝の長さ短い芝長い芝
ヘッドスピード33.2m/s34.2m/s
ボールスピード29.5m/s29.6m/s
平均キャリー70y71y
平均トータル75y77y
平均サイドスピン2101rpmドロー2320rpmドロー
平均バックスピン8039rpm7283rpm
平均打ち出し角2.0°2.5°
平均打ち上げ角36.9°36.0°
最大の高さ19y18y
落下角度51°49°
左右ブレ-3y-4y

ダイナミックゴールドでの試打データとしては飛距離が出なかったのが一つの特徴です。これは結構複雑なのでしっかりと説明します。まず、ヘッドスピードに対して短い芝であっても遅いボールスピードになりました。ロフトが立つ方向に力が伝わっていないように思います。

そしてサイドスピンが他のウェッジよりもかなり多くかかっています。ウェッジの場合サイドスピンによる曲がり幅は見ての通り小さいので問題はありません。ただ、それが表す前に進める力の小ささというのは留意すべきです。58°はそもそも縦距離を安定させるのが難しいですがハイトゥ3は特にその傾向が強いと思います。

弾道の高さも低めなのでミルドグラインドとは飛び方が違うことに気づきます。

ハイトゥ3ウェッジ58°×KBS Hi-Rev 2.0 115

芝の長さ短い芝長い芝
ヘッドスピード30.9m/s33.5m/s
ボールスピード29.0m/s29.3m/s
平均キャリー69y70y
平均トータル75y77y
平均サイドスピン2597rpmドロー2338rpmドロー
平均バックスピン7191rpm6344rpm
平均打ち出し角4.3°4.0°
平均打ち上げ角36.1°37.0°
最大の高さ18y19y
落下角度49°50°
左右ブレ-2y-2y

ハイトゥ3ウェッジには標準でKBS Hi-Rev2.0も選択できます。このシャフトは私が大変気に入っているおすすめのウェッジ用シャフトなので期待出来ます。

スピン量はそこまでかかっていませんが、安定しているので縦距離は出しやすいです。こちらのシャフトでもサイドスピンがかなりかかるのでやはりハイトゥ3ウェッジのヘッド特性なんでしょうね。

オーバーすることはほとんどないので安心感があります。長い芝の方がスピンが減りましたね。フェースでスピンをかけるタイプの方が芝の長さによるスピンの差が出やすいです。

ハイトゥ3ウェッジの良さ

特にHi-Rev 2.0でのショットは安定感が高くて、ミスの傾向も穏やかでした。ウェッジの性能差って、形状によるところが多かったりするので大差がつくことはほとんどありません。

ハイトゥ3は溝がたくさん切ってありますが、特別高スピンでもありません。距離が出にくいフェースの抜け方は特徴として挙げておいた方が良いですね。これはオーバーを防いでくれるのと、比較的しっかり振っても良いので地面に刺さるミスも防げると思います。

【完全版】ウェッジセッティングの極意|リキ@300yヒッターのギアノート|note
アプローチショットは絶大な保険 スコアアップに際してよく言われるのが「グリーン周りが命」「寄せで決まる」「結局はアプローチ」などの言葉では無いでしょうか。 あなたも言われたことがあるはずです。 実際問題、アプローチは大事かと言われれば大事だと私は考えます。 しかし、どれくらい大事かと言われると、他のどの技術とも同様...

ハイトゥ3ウェッジの特徴

アウトから入れるのは得意でないというか、このウェッジには合わない打ち方なのかなと思いました。基本的にウェッジはアウトから多めに入れるように打つことが多いのですがハイトゥ3を使うのであればある程度プレーンに乗せた方が打ちやすいです。

これはおそらくソール形状による着陸点が起因していると考えています。広い面で地面に設置するので一定な打ち出しになりやすい反面、慣れるまでは時間がかかりました。

こうして見るとトゥがわに重量が寄っているように思いますがその影響は良く分かりませんでした。

総合評価

ハイトゥ3ウェッジはフルスコアラインでノーメッキですが特別スピン重視でもなく良い意味で普通の距離感でした。もちろん、開いて打つ場面やバンカーでは差が出るかもしれませんがそれがメリットになるかは人によります。

デザインやバウンスを選べるというところでその辺りを調整してみると最適なモデルを選べると思います。ウェッジ選びの詳細は以下のnoteで徹底的に解説しているのでチェックしてみてください。

【完全版】ウェッジセッティングの極意|リキ@300yヒッターのギアノート|note
アプローチショットは絶大な保険 スコアアップに際してよく言われるのが「グリーン周りが命」「寄せで決まる」「結局はアプローチ」などの言葉では無いでしょうか。 あなたも言われたことがあるはずです。 実際問題、アプローチは大事かと言われれば大事だと私は考えます。 しかし、どれくらい大事かと言われると、他のどの技術とも同様...

おススメ度3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました