必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

テーラーメイドSiM DHY&UDI試打評価|松山選手が使うテーラーメイドのドライビングアイアン

アイアン試打

テーラーメイドのラインナップの独自性

テーラーメイドは、ウッドのメーカーと思いがちですが、実際は逆でドライバーのラインナップはかなり少ないです。しかも、アイアンでたくさんのモデルを展開していたりしています。

さらに面白いのが、ハイブリッドのラインナップです。しばらくは挿しっぱなしの1モデルでしたが、M3以来久しぶりに可変の小ぶりなハイブリッドを追加。これまでギャッパーシリーズも並行していたことを考えると、ハイブリッドやアイアン型ユーティリティも多数販売していることになります。

2021年は、SiM²、SiM²MAXに加えて今回紹介するSiM UDISiM DHYの計4種類となりました。アイアン型を2つ出すのは他社と比較すると、かなりレアケースです。

専門家に相談してからクラブが買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打データ

SiM UDI 3番(20°)

ヘッドスピード48.4m/s
ボールスピード63.7m/s
平均キャリー219y
平均トータル233y
平均サイドスピン21rpmストレート
平均バックスピン4229rpm
平均打ち出し角-1.7°
平均打ち上げ角16.8°
最大の高さ43y
落下角度48°
左右ブレ-6y

20°としては、飛距離は出ませんでしたし、高さも低めになりました。当然と言えば当然ですし、それを狙ったモデルだと思います。

SiM UDIは、ほぼストレート弾道で、打ち出し角が低い低弾道という感じです。スピンはかかっているので、かろうじて滞空時間が保ててキャリーが安定しているといった飛び方になっています。

ミスが出るとしたら、右です。左には絶対と言っていいくらい曲がりませんので、ハイブリッドで引っ掛けるのが怖いという人にとってはありがたいですね。

SiM DHY 4番(22°)

ヘッドスピード47.9m/s
ボールスピード64.7m/s
平均キャリー225y
平均トータル240y
平均サイドスピン16rpmストレート
平均バックスピン3964rpm
平均打ち出し角-1.6°
平均打ち上げ角17.4°
最大の高さ46y
落下角度49°
左右ブレ-7y

SiM DHYの方がUDIよりも捕まりが良いです。UDIのようにスライスは出ません。かと言って、引っ掛けることも有りませんでした。

捕まる分バックスピン量が減って飛距離が伸びました。22°としては、優秀な飛距離性能だと思います。

赤い弾道がSiM DHYです。この画像で見る限りは、どちらもストレート弾道ですが、ミスの傾向が違うので個人的にはまるで別物です。

デザインを考察

SiM UDI

まずはUDIから見ていきます。

アイアン型ユーティリティとしては、エッジの無い丸みを帯びたデザインです。

フェースは長く細いです。特に高さが少ないので、構えた時に“アイアンっぽさ”は希薄です。

SiM UDIのブレード厚はDHYと比較すると薄く見えますが、ソールの見え方で印象が変わっているようにも思えます。

ピンのアイアン型ユーティリティと違って、SiM UDIのグースは小さめです。いかにも上級者向けに作られていることがここからも分かると思います。

そもそも、UDIはアイアン(P790やその前のモデルなど)の一部として作られたモデルでした。ちなみに、UDIUltimate Driving Ironの略です。要するに、超飛ばせるアイアン。あまり飛びませんでしたが。

SiM DHY

こちらは打って変わって、ハイブリッドをコンパクトにしたようなデザインです。

DHYは、Driving HYbridの略で、あくまでハイブリッドであると、テーラーメイドは定義しているようです。

ソールの厚さがだいぶ分厚いのと、グースが強いのがDHYの大きな特徴でありUDIとの違いです。

ブレードも少しもったりしたデザインでソールは構えた時に少し見えます。

このデザインが気になる人は多いのではないかなと思います。性能的にはDHYの方が良いのですが、心からおススメ出来ないのがこの面構えです。

データチャート

やや厳しい評価になった根幹は難易度の高さです。とてもアマチュアに扱いきれるものではないかなと思いました。

ただ、その割にはスピンがかかったり、良い面もあるので調整次第で化けるかなと思います。カーボンシャフトを挿したら丁度良さそうです。

SiM DHYは、UDIと比較すると難易度は低いものの、普通のハイブリッドほどの使いやすさは持ち得ていません。

ハイブリッドが引っ掛けて嫌だという人の中で、フェードを打つならUDI、ドローを打つならDHYという選び方が良いのではないかと思います。

総合評価

上級者に対しては、UDIをおススメします。理由は徹底的に左を殺せるからです。DIやテンセイオレンジなどの先端剛性が高い物を挿してあげれば、多少難易度を下げられると思います。

DHYは、まずデザインに抵抗が無いことが求められます。受け入れられれば飛距離も出るし、安定感も悪くないのでおススメです。

SiM UDIのおススメ度

SiM DHYのおススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
アイアン試打 ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました