必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

三浦技研CB-2008アイアン試打評価|打感にこだわればポケキャビもここまで出来る!

アイアン試打

大型キャビティの2000系

三浦技研はキャビティバックとマッスルバックのラインがありますが、キャビティはその中でも3タイプに分かれています。

上級者向けのCB1000系、やや大きいヘッドの2000系、ハイテク構造のPP系に分けることができます。今回紹介するのはCB2008というモデルで2017年に登場しました。私がかつて使っていたCB-2007の後継と思われるネーミングですが、構造はポケットキャビティになっているので、大きな変化です。

この記事では、他のCB系に対するCB-2008の位置付けや違いを比較しながら評価していきます。

LINE追加してクラブ診断
シダドルは試打から購入までをご自宅に居ながら体験できる新サービスです。アンケートに答えるだけで、私(リキ)があなたのお悩みに合わせた中古クラブをご提案し、ご自宅に配送、好きな場所で好きなだけ試打して購入できます。もちろん、合わなかったら無料で返却可能です!

三浦技研CB-2008のデザイン

三浦技研CB-2008アイアンは彫りの深いポケットキャビティ構造。実は三浦技研初の複合構造になっています。

バックフェースにある二つのリブはツインパワーブリッヂと言って打感の向上と音を追求しています。

三浦技研のMGマークの部分はボリュームがあり、最近のアイアンに見られる左右重量の増加を狙っているように思います。

ソールデザインは、トゥ側に向かってやや広がる形状をしていて少しだけグースも確認できます。

ブレード厚も決して薄くはありません。よく見るとスコアライン部分のフィニッシュを延長せずに他のフレーム部分と同じメッキのブレードになっています。これは私が2021年モデルで最高評価を与えたホンマTR21Xと同じです。それよりも4年も前にやっているわけです。

トゥ側を見ると、CB-2008アイアンが複合素材であることが理解できます。バックフェースとフェース部分で違う素材を使っています。この溶接には強いこだわりがあるようで、通常の溶接では軟鉄側の組織が変化してしまって打感を損ねるため、作業時間と溶接量に最新の注意を払って作られているそうです。

試打データ

ヘッドスピード45.4m/s
ボールスピード57.5m/s
平均キャリー178y
平均トータル187y
平均サイドスピン84rpmフェード
平均バックスピン6186rpm
平均打ち出し角-1.7°
平均打ち上げ角22.5°
最大の高さ46y
落下角度53°
左右ブレ-4y

CB-2008の7番のロフト角は32°で、スリクソンZX7やオノフKUROなどと同じです。平均キャリーは178y、バックスピン量約6200rpmで私が評価基準とするキャリー180y&6000rpmをほぼ満たしています。

しかも左右ブレは9y、縦ブレにおいては3yというレベルの高さ。ポケキャビでここまでの精度で打てるモデルはかなり稀だと思います。試打データにはフェードと表記しましたが、ストレートと言っても過言ではありません。

なぜここまで試打データが揃うのかも私程度の知識では理解できません。何かこう、魔法がかかっているようにスピンがかかるアイアンです。

これは後述しますが、デザインによる影響が少なからずあるのではないかと分析しております。

CB-2008の魔法

CB-2008アイアンの安定感は構造やロフト設計をみても納得感は薄いです。そこで100球ほど打って感じた部分を分析していきたいと思います。

デザインのところで触れませんでしたが、三浦技研CB-2008アイアンはハイバウンス設計です。私はキャビティやポケキャビにはハイバウンスの相性が良いと思っていて、これがCB-2008アイアンの安定感の源ではないかと考えています。

7番で7°というかなり大きなバウンスはピンのアイアンに匹敵するほどです。バウンスがインパクトロフトを一定に導いてくれるようなそんなフィーリングです。

CB-2008の打感

三浦技研で似たようなポケットキャビティのアイアンが無いので比較が難しいですが、独特な打感です。

三浦っぽいかといえば、そうでもありません。ただ打感は良いです。

こういうアイアンは打点が高い人にとってはフィーリングが損なわれることが多いのですが、その心配は無用。打点が高くてもむぎゅっとボールとコンタクトしてくれます。

データチャート

あまり期待していませんでしたが、性能面に三浦イズムを感じることができます。決して飛び系アイアンではないので飛距離を伸ばすために選ぶのではなく、保険として32°のロフトにしておくのが得策かと思います。

ただ、5番アイアンまでしかラインナップされていないので、それ以上の長い番手が欲しい人にとっては需要を満たさない可能性はあります。まぁ5番で25°なのでこれ以上立っている必要はないと思います。

総合評価

贔屓するしないに関係なく、三浦技研CB-2008は良いアイアンです。

バックスピン量のバランスと、ハイバウンス設計という三浦らしい“優しさ”の作り方が絶妙に光っています。スコアにもつながるでしょうし、これまでハードなアイアンばかりでしんどくなってきた層にも響くモデルだと考えています。

CB-2008アイアンは複合素材とかポケットキャビティとか、いかにもヤワなアイアンと舐められそうな特徴が多いですが、しっかりと三浦がまとめ上げたことが分かるアイアンです。

おススメ度

三浦技研CB-1007試打評価|これぞお手本と言わしめる名作ツアーアイアン
三浦技研CB-1007アイアンを試打評価します。CBシリーズの中でも人気の高いモデルで、クラシックロフトにシンプルなキャビティバック構造のモデル。上級者が求めるものを全て詰め込んだと言っても過言ではない傑作キャビティです。
三浦技研CB-1008純鉄試打評価|99.3%の最高純度の“純鉄”で作られた限定モデル
三浦技研の300セット限定モデル、CB-1008純鉄を試打しましたのでそのレビューをします。純鉄というのはアイアンに使用できる最高純度の鉄で成形したシリーズで、CB-1008の通常モデルとロフトやFP値、デザインなどに違いがあります。今回はそのCB-1008純鉄を試打したフィーリングなどを詳しく解説しています。
三浦技研CB-1008試打評価|三浦CB1000番台の正統派ハーフキャビティアイアン
三浦技研CB-1008アイアンの試打評価です。伝統のCB1000系の名を冠した最後のモデルであり、現在大人気のTC-101の前身となるモデルです。操作性と飛距離、スピンのバランスに優れた素晴らしいアイアンです。
三浦技研TC-101アイアン試打評価|笹生選手がメジャー制覇した国産アイアン
三浦技研TC-101を試打評価しました。笹生選手のメジャー制覇を支えた日本が誇るフォージドメーカー三浦技研のキャビティバックアイアンです。ツアーキャビティという新しいスタイルで登場したTC-101は独特の寛容性と打感の良さを持つ素晴らしいアイアンです。
オノフラボスペックMB-247D試打評価|三浦技研製200セット限定の軟鉄鍛造アイアン
オノフラボスペックMB-247D試打レビューです。オノフが設計、三浦技研が製造した軟鉄鍛造のマッスルバックアイアンです。オノフらしいシンプルなデザインと、高い飛距離性能、スピン性能が感動ものです。
三浦技研MC-501アイアン試打評価|肉抜きの芸術が織りなす性能とは?
三浦技研MC-501アイアンの試打評価です。前作MB-5005よりも増えた21gの肉抜きは、フェース裏のトゥとヒールにかけて施してあり、曲がりに強い設計。MC-501アイアンは海外で展開しているミウラゴルフでも販売していますしMCW対応の現行モデルなので、デザインの幅は広いです。
三浦技研MB-5005アイアン試打評価|伝統と革新の融合が絶妙なマッスルバックアイアン
三浦技研MB-5005アイアンの試打評価です。伝統のMB5000番台でありながら、マッスルバックとしてはやや異端な肉抜きデザインが特徴。MB5001から丁度20年後に登場した傑作マッスルは、今でも色あせない魅力を醸し出します。
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました