クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

ピンのマッスルバック!ブループリント試打評価|ピンの最高難易度マッスルバックアイアン

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ピン初の軟鉄鍛造マッスルバック

ピン初の軟鉄鍛造マッスルバックアイアンが登場しました。

 

その名はブループリント(BluePrint=青写真)

 

カーボンスチールを削り出して作られるこのマッスルバックは、超上級者が求める操作性、打感を実現するとのこと。

 

ブループリントのスペックは以下の通りです。

番手ロフト角バウンス角
217°
320°
423.5°
5 27°
630.5°
734°
838°10°
942°11.5°
W46°13°

 

ピンのアイアンらしく、バウンス多めです。ライ角は変更可能なので表記していません。

 

私個人的にはマッスルバックアイアンの良さを感じたことは無いので、懐疑的ですがいつも通りデータメインで検証してみましょう。

 

さっそく試打データを見てみましょう。

 

試打データ①GC2

#7

ヘッドスピード43.5m/s
平均キャリー171y
平均トータル180y
平均サイドスピン965rpmドロー
平均バックスピン6828rpm
平均打ち出し角1.3
平均打ち上げ角20.8°
左右ブレ-11y

#5

ヘッドスピード45.6m/s
平均キャリー196y
平均トータル209y
平均サイドスピン307rpmドロー
平均バックスピン5007rpm
平均打ち出し角4.6
平均打ち上げ角18.0°
左右ブレ8y

#4

ヘッドスピード46.3m/s
平均キャリー209y
平均トータル221y
平均サイドスピン99rpmドロー
平均バックスピン5076rpm
平均打ち出し角3.9°
平均打ち上げ角16.7°
左右ブレ12y

 

今回はブループリントの試打クラブをセットでレンタルしたので、4番からPWまで打つことが出来ました。

 

ブループリントはマッスルバックでロフト角も7番34°とかなり寝ていますので飛距離はそれ相応です。特に飛ばないというわけでは無く度数なり。

 

7番の距離ではタイトリストMBであったり、スリクソンZ-Forgedと同じキャリー。どんなに頑張っても最大飛距離はキャリーで174yでした。

青が7番、赤が5番、黄色が4番です。

試打データ②トラックマンレンジ

せっかくブループリントの試打クラブを借りたので、練習場に持っていきました。

 

そこで、数少ないトラックマンレンジを導入しているフルヤゴルフガーデンで計測をしてみました。

 

#7

トラックマンレンジの方が少しだけ距離が出ますが、どちらにしろそんなに飛んでいません。

 

#5

 

#4

試打データ分析

少し画像や表がが多いのでここで整理してみます。

 

バックスピンは7番で7000rpm近い数値を示し、スピン性能の高さが分かると思います。

 

また、落下角は3球全て51°。

 

全体的にドロー回転なのは、ドローでないと全く飛ばなかったからです。フェードだとバックスピンが8000rpmを超えてキャリー165yほどに落ちます。

 

もちろん、それでも使えないことは無いのですが、ドライバーのヘッドスピード50m/sの私がこれだけ飛距離が落ちるので、平均的なヘッドスピードの人は気を付けてください。

 

さらに、番手が上がるにつれて右に寄っていくのもブループリントの一つの特徴だと感じました。

 

まぁ、単純にオーバースペックと言えばそれまでですが、練習場で打っていても油断すると右にプッシュする特徴的な弾道が見られました。

 

アイアンが割と得意ですので、これには違和感を覚えます。

 

ただ、右に飛ぶとはいえ、サイドスピンが多いスライスではありません。

 

操作性とは何か

このブループリントは、ピン初の軟鉄鍛造マッスルバックです。

 

一般的にマッスルバックは操作性が高いとか、スピンが良くかかるとか言われていますが、本当にそうなのでしょうか。

 

操作性ってなんですか?

 

スティンガーショットを打てるのが操作性と仮定するなら、要素を分析してみてください。スティンガーショットを打つには技術とクラブ、どちらの貢献度が高いでしょうか。

 

例えば、タイガーウッズやゲーリーウッドランドなどスティンガーショットをツアーで多用する選手がゼクシオを使ってスティンガーショットが打てないのでしょうか。

 

そんなことは無いでしょう。厳密には、曲がり幅を変化させやすいのは直進性の低いマッスルバックですが、それは慣れで解決できてしまいます。

 

ボールの記事でも時々言いますが、スピンがかかるから良いのではなく、そのスピンに慣れていて転がりが予想できれば良いんです。

 

また、操作性を当て方による距離の変化やバックスピンのかかり方を変えることと仮定してみたらどうでしょう。

 

距離は番手変更で解決できますし、スピン量も先ほどと同じ論理で技術に依存していますのでこれも成立しているとは言えません。

 

つまり、操作性とは非常に曖昧で不確定な言葉なのです。

 

まず、自分がそれを引き出せる技術を持っているのか考え直してください。シングルハンデやスクラッチプレーヤの中でも、限られた人しか恩恵は受けられないと、私は思います。

 

重量

私がレンタルしたブループリントはモーダス120Sを装着していたので7番では総重量426g。カタログ値430gです。たぶんこの秤が間違っています(笑)

 

5番で414g。

 

4番で407gでした。

 

ピンの他のアイアンは、ステンレススチールで出来ていますのでこれよりも15gほど軽く仕上がります。

 

例えば、同じモーダス120Sを装着してもi210は414gですから、16g軽い訳です。

 

正直、i210で重めのシャフトにした方がヘッドが相対的に軽くなって操作性が上がるのではないかと思います。

 

ブループリントはヘッド重量だけでピンの他のモデルよりも5~7%重いので、シャフトもそのくらい重くしないと似たような振り心地にはならないでしょう。

 

感覚的な部分

まずは、見た目。

ピンらしいつや消しの仕上げですが、フェース面はよく見るとミーリングが見えます。

確かに薄い。ピンの他のアイアンはこうやって見るとバウンスが付いているのが良く分かるのですが、ブループリントは良くも悪くもイマイチ分かりにくいです。

 

単独で見ても分かりにくいので、他のメーカーのマッスルバックと比べてみました。

左からブループリント、タイトリストMB、Z-Forged、ミズノMP5。

 

ほぼタイトリストMBと同じサイズ感でした。

構えると左のブループリントの方が薄く見えますが、ヘッドの長さに差は感じません。

 

次に打感です。

 

軟鉄の売りはその打感の良さ。鉄はどれだけ炭素を混ぜるかで靭性が変わります。なので同じ軟鉄でも使っている鉄の炭素含有量が違えば打感も変わります。

 

ブループリントの打感は確かに良いです。が、スイートエリアが激狭なので再現性は低く一般レベルの人からしたら打感が悪いクラブになるでしょう。

 

9割センターに当てられなければ打感が良いとは思えません。

 

スイートエリアにヒットした時の打感はまぁそこそこ。タイトリストMBやZ-Forgedよりは打っていて気持ち良いですが、自分が使っている三浦技研やキャロウェイAPEX MB、オノフラボスペックMB247Dほどではありません。

 

データチャート

あくまで客観的にまとめると、飛距離、安定性は高い技術を要するので易しさに連動する形で評価は下がります。

 

ただ、スピン量は誰が打とうがおそらく多くなるので評価しました。

 

また、1本32000円(税抜)で最大2割引きまでしかされないので高いです。それだけ払うならオノフのMBを買います(笑)

 

総評

私個人としてはこういうクラブは好きです。

 

とにかく見た目がかっこよくて、芯に当てた時の打感の良さも抜群。

 

ただ、誰がこのクラブを使いこなせるのでしょうか。このサイトでは、私が他の人におススメできるかを軸に評価しています。

 

ほんの一握りのエリートゴルファー以外にこのクラブを進めることは出来ません。

 

マッスルバックの中でもハードコアなクラブですから、一度打って体感してみるのも良いかもしれませんね。

 

おススメ度

テーラーメイドP・7TW試打&評価|タイガー・ウッズのために作られた特別なアイアン
テーラーメイド、P・7TWの試打&評価です。タイガーの82勝目を記念して再販されることになったこのマッスルバックアイアンは、フェース裏にタングステンを内蔵。超上級者でも扱いきれないハードスペックですので、腕試しに試打してみてはいかがでしょうか。
ピンG410LST FW試打&評価|脱ひっかけ!強弾道の直線番長
ピンG410LST FWの試打&評価です。強い弾道で、叩いていけるハードなフェアウェイウッドです。渋野日向子選手や比嘉真美子選手が使用するのも納得のハイスペックなフェアウェイウッド。
ピンG410クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)試打&評価|ぶっ飛びアイアン型ユーティリティ
G410クロスオーバーの試打&評価です。アイアン型ユーティリティの17°と23°を試打しました。低スピンなので、度数のわりに飛距離も出て風にも強い。中上級者向けではありますがぜひチャレンジしてみてください。

マッスルバックならこれが高評価でした↓

オノフラボスペックMB-247D試打データ付き評価|三浦技研製200セット限定の軟鉄鍛造アイアン
オノフラボスペックMB-247D試打レビューです。オノフが設計、三浦技研が製造した軟鉄鍛造のマッスルバックアイアンです。オノフらしいシンプルなデザインと、高い飛距離性能、スピン性能が感動ものです。
ホンマTW-MBローズプロト試打&評価|世界のジャスティン・ローズ仕様のハイスペックマッスルバック
ホンマのマッスルバックTW-MBローズプロトを試打してきました。世界トップレベルのジャスティンローズのために作られたこのマッスルバックアイアンは、国産らしいデザインと素晴らしい打感が特徴。性能面では、球を低く抑えてスピンをかけることに長けています。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました