スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ピンブループリントSアイアン試打評価|本来のアイアンの姿を思い出せ!

アイアン試打
スポンサーリンク

ブループリントが分岐進化

ブループリントと言えばピンが最初に発売した軟鉄鍛造アイアンです。2024年、そのブループリントが分岐進化しました。ブループリントSのSはスコアのイニシャルだそうです。

中々面白いラインナップになってきましたので、このアイアンの性能を試打データを見ながら分析していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ブループリントSのデザイン

ブループリントSアイアンは7番のロフト33°のキャビティバックです。3番〜5番の長い番手にはバックフェースにカスタムチューニングポートと呼ばれるパーツを内蔵しています。

バックフェースの形状などを見るとi210に似ています。

私が最も驚いたデザイン的な特徴はこのヘッドサイズです。かなり小さいです。他社製品のマッスルバック並みの小型ヘッドです。33°でこのサイズ感は久々に見ました。

ブレードもこの通り細く丸いです。ピンのヘッドは艶消しのようなフィニッシュなのでより細く見えます。中空アイアンなど、細く見せたいモデルはこのようにヘッド全体の仕上げをブレード部分まで繋げてあります。

バウンスは8°で、ピンらしいハイバウンス仕様です。ブレードやヘッドサイズの割にはソール厚は普通かやや細めという印象でした。これもピンらしいです。

ここ数モデルのピンのアイアンはやたら溝の数を増やして気持ち悪かったですがブループリントSはそういう小細工はなしの正統派です。

PWは45°で、ハイバウンスです。ライ角は正常。

試打データ

ブループリントSアイアン7番×モーダス105S

ヘッドスピード48.9m/s
ボールスピード58.9m/s
平均キャリー178y
平均トータル187y
平均サイドスピン270rpmドロー
平均バックスピン6101rpm
平均打ち出し角-0.3°
平均打ち上げ角25.9°
最大の高さ55y
落下角度55°
左右ブレ-6y

ロフト33°のアイアンのライバルはZ-FORGEDⅡやVD/R、ミズノプロ243あたりです。それらと比較するとややスピン量が少ないように感じます。

ほとんどストレートに近いドローです。バックスピン量はボリュームゾーンでも6200rpmくらいでした。ピンのアイアンは基本的にスピンが少なめなので驚きもしませんが初速も大して速くないので距離はやや不安が残ります。

縦ブレは4y、横ブレは10yでした。高さは最高レベルに出ますからスピンの少なさを十分補えると私は考えています。

ブループリントSアイアン5番×モーダス105S

ヘッドスピード46.0m/s
ボールスピード60.6m/s
平均キャリー201y
平均トータル214y
平均サイドスピン281rpmドロー
平均バックスピン4415rpm
平均打ち出し角0.7°
平均打ち上げ角22.1°
最大の高さ50y
落下角度52°
左右ブレ-5y

5番アイアンのロフトは26°です。距離は平均で200yほどと、7番アイアンとのバランスも良いです。バックスピン量も5番アイアンのギリギリ下限であり7番との差も適度です。

方向性も7番と変わりません。5番から番手別重心にするためのパーツが搭載されていますがそれの効果ということでしょうか。方向が揃うと”打てる気がする”という信頼感を獲得することが出来るのでこれはよく出来ています。

縦ブレは6yでした。これも悪くない数値です。高さに関しては絶大の信頼を置けるわけではありません。7番でも少し気になった低スピンが顕著に出るようになります。また、初速に関してもばらつきがあるので厳密に綺麗に打点が揃っているわけではなく、あくまで弾道が安定しているだけです。これをブループリントの名前で出しているのは興味深いです。

ブループリントSアイアンの良い点

  • デザインがかっこいい
  • レアな小型ヘッド
  • 打感が素晴らしい
  • 左側への操作が容易

ブループリントSアイアンのイマイチな点

  • スピンが減りやすい
  • 引っ掛けやすい
  • やさしくはない

ブループリントSは本来のアイアンの姿だ

確かにマイナス面はあると思います。スピン量の傾向であったり、引っ掛けやすい点などです。

しかし、この引っ掛けやすさって一昔前のピュアアイアンそのものなんです。初代のブループリントもあまりの難易度の高さに未熟だった私は恐れすら感じましたがブループリントSはその血を間違いなく受け継いでいます。

ブループリントシリーズとして出したということで今後4年くらいはモデルチェンジしないでしょうし、これはまさにピンが“長く使うアイアンはこれだ”と言っているようなものです。

このさらに上級者向けにブループリントTがあることを考えるとこれでも手加減してくれているのでしょうから恐ろしいもんです。

セッティング

マトリックスチャートではP770の左下あたりです。

【全194モデル掲載】アイアンヘッド&シャフトマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
私が考える究極のコンテンツがビジュアルで性能を分類出来るマトリックスチャートです。常日頃から自分自身が不要になるようなコンテンツを作ることを心がけているので私はこれを作るために試打評価をしているようなものです。 この記事では既に販売しているドライバー、シャフトのマトリックスチャートのアイアンバージョンを掲載します。これ...

シャフト依存度はかなり高いと判断しています。ブループリントSアイアンはこのスピン領域で最もピュアなモデルかもしれません。

データチャート

安定性に関しては最高評価ではないものの、高い水準だと思います。飛距離は初速が出ていないのでこんなものでしょう。飛びすぎないというか、振っても59m/sが限度なのでその把握できている感じは悪くないです。

総合評価

ブループリントSアイアンは正直かなり攻めていると思います。

性能面での懸念材料はスピン量と引っ掛けですが、これマトリックスチャートを見て分かる通りモーダス105の特徴そのものです。高さも出ていますし。つまりモーダス115などにすればほとんどこれらのネガティブな要素は排除できるはずです。

しかもブループリントSにはそれらのシャフトが標準設定されています。見事だと思います。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました