スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

キャロウェイAPEX UT試打評価|飛距離性能がバグりすぎてるw

アイアン試打
スポンサーリンク

毎作評判のアイアン型UT

キャロウェイのアイアン型UTは歴代モデルで高評価を獲得した製品が多いです。アイアン型UTというのはニッチなモデルなのでそこをどう考えるかで製品の完成度に影響します。

APEX UTはAPEX PROと同じパターンのデザインなので統一感も出せて良い感じです。今回はAPEX UTを試打データをもとに評価していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

APEX UTアイアンのデザイン

バックフェース側から見てもフェースが長いのが分かります。

面構えとかは過去作と大体同じような感じでキャロウェイのアイアン型UTの典型です。

今回試打したロフトは20°です。かなり立ってるように見えます。

ソールの後方は肩を落としたようになっています。厚めのソールですがボリューム感は控えめでした。

モッチモチのヘッドです。

打点は安定していました。

試打データ

APEX UTアイアン 20°×モーダス105S

ヘッドスピード50.9m/s
ボールスピード66.8m/s
平均キャリー244y
平均トータル261y
平均サイドスピン66rpmフェード
平均バックスピン3251rpm
平均打ち出し角0.2°
平均打ち上げ角16.6°
最大の高さ45y
落下角度47°
左右ブレ3y

20°となると、5番ウッドよりも2°寝ているわけですが、APEX UTはかなり飛んでいます。FWと同じくらいの飛距離を20°で達成しています。初速はそこまで高くないのですがスピン量が常に低めに集まっているので飛んでいるという感じです。

最高飛距離はキャリー252yでトータル270yでした。めちゃくちゃ飛びますね。弾道の高さも心配するほど低くはないので完成度が高いと思います。

流石に高さまで安定することはありませんが、キャリーは大幅にずれていないのでセカンドで使えなくはないと思います。

APEX UTアイアンの良い点

  • 飛距離性能が高い
  • スピンを抑えやすい
  • 左が怖くない
  • スライスはしない

APEX UTアイアンのイマイチな点

  • スチールシャフトではかなり難しい

APEX UTアイアンのセッティング

マトリックスチャートのポジション的には2作前のAPEX UTの真下あたりです。

全147種のUT/FWヘッド&シャフトを一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
非常に好評頂いているドライバーのヘッド&シャフトマトリックスチャートとアイアンのヘッド&シャフトマトリックスチャートですが、まだまだ表現出来ることがあると私は思っています。 この記事ではその一つであったUT(HY)とFWのマトリックスチャートを作りました。他のマトリックスチャートと同様に、UT(HY)やFWの性能や特...

スチールシャフトでは弾道の高さを上げるというのは難しいです。カーボンの純正があればもっと良かったかなと思います。高さが出るカーボンシャフトと組んでみるともっと打ちやすいかもしれません。

データチャート

飛距離性能は抜群です。安定性を出すのは少々難易度が高いのでそこだけは覚悟が必要です。ただ製品としてかなりキャラクターが立っているので需要はありそう。

総合評価

APEX UTアイアンはやはり良いです。

とりあえず初めてアイアン型UTを使ってみたいのであればAPEX UTをおススメします。もちろん今作でないものでも良いですが、デザインのかっこよさは十分買う理由になります。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
アイアン試打ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました