必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ブリヂストン221CBアイアン試打評価|完成されたキャビティアイアン

アイアン試打

ヤワになっていくブリヂストン

ブリヂストンといえば、全盛期のジャンボ尾崎氏が契約していたツアーステージの印象が強いですが、ツアーステージが生産を終了してからはパッとしないブランドになりつつあると感じてしまいます。

当時ブリヂストンを使っていたユーザーが高齢化していくにつれてツアーステージのハードなイメージが障壁となっていたのでしょう。そんな中段々と優しくなっていきましたが、それもイマイチ良いものが出なかったと私は感じています。

2022年モデルのブリヂストン221CBはそれを打破できるのか、期待したいところです。

ブリヂストン221CBアイアンのデザイン

ブリヂストン221CBアイアンはシンプルなキャビティバックアイアンです。

バックフェースの彫り込みはそこまでアグレッシブではなく全体的に肉厚感があります。ハーフキャビティに近いバックフェースソール側のボリューム感が特徴。

ブレード厚はそこまで薄くはないのですが、かといって気になるほど分厚いわけでもありません。

面構えはややヘッドの長さを感じますが、実は約76mmなのでテーラーメイドのP770と同じくらいの長さなんですね。大きく見える理由は少しオフセットされているからかなと考えています。

フェースのサイズ感はかなり丁度良いかなと思います。スピンをかけられそうな感じも、飛ばそうと思えば飛ばせる感じも両立する顔です。

ソールはノンテーパーで厚さは普通。全体を通してデザインは普通をかき集めた無難なものに仕上がっていると思います。

試打データ

ブリヂストン221CB×モーダス105S

ヘッドスピード47.4m/s
ボールスピード58.3m/s
平均キャリー182y
平均トータル191y
平均サイドスピン53rpmドロー
平均バックスピン6019rpm
平均打ち出し角0.9°
平均打ち上げ角22.3°
最大の高さ47y
落下角度53°
左右ブレ2y

純正シャフトはモーダス105とモーダス120です。バックスピン量がかかりにくいモーダス105でもこれだけスピンがかかっているのは素晴らしいと思います。

221CBは7番のロフトが32°ですから、6000rpmを超えているという時点で高評価です。

白がモーダス105、赤がモーダス120

以外にも曲がり幅は小さく、しかもストレートに近いドローが打てました。感覚的にはフェードの方が打ちやすいかなと思うくらいです。

安定してキャリー180yを超え、バックスピン量とのバランスは極めて高次元。

ブリヂストン221CB×モーダス120S

ヘッドスピード48.1m/s
ボールスピード59.8m/s
平均キャリー183y
平均トータル192y
平均サイドスピン441rpmドロー
平均バックスピン6465rpm
平均打ち出し角-0.4°
平均打ち上げ角22.5°
最大の高さ50y
落下角度54°
左右ブレ-9y

今回、ブリヂストン221CBに純正シャフトとして選ばれたのはモーダス105とモーダス120でした。ブリヂストンは昔からモーダス120を採用してきましたが、この組み合わせで標準を設定したことは何か意味がありげです。

試打データを見ると、モーダス105を上回るバックスピン量。キャリーはほとんど同じ距離なので、こちらの方が相性は良さそうに思えます。実際はどっちもありなので難しいところですが。

単純に私が得意なのがモーダス120ということもありますが、素晴らしい完食でした。

シャフトの違いと選び方

今回、珍しく標準シャフトとしてモーダス120を設定したわけですが、理にかなっていると感じます。

今回ブリヂストンは221CBと222CB+、限定のマッスルバックの3種類。

そうなると221CBは恐らく人数的にかなりの層をターゲットとすることになると思われます。ですから、それを両方取り込めるのはこの2種類と言うことなのでしょう。

基本的には仕出して決めれば良いと思いますが、迷っているのであればモーダス120をおすすめしたいです。このクラスのアイアンとの相性が良いと言う点、単純に安定感が高いという点がおすすめの理由。

打感

ブリヂストン221CBアイアンの打感は中の上です。構造やロフトを考えると最高レベルの打感とは言えませんが、評価が下がるほどでは全然ないです。

トゥヒットした際にはちゃんと分かるくらいの打感なので、そういった感触を重視している人にもマッチするでしょう。

221CBの魅力

ブリヂストン221CBは、まさにスコアアップのためのアイアンだと思いました。試打データのバランスも良く打感もまずまず。

4番アイアンと5番アイアンはポケットキャビティになっていて、重心設計がされています。

データチャート

ブリヂストン221CBアイアンは特に欠点がなく、良いアイアンだと思います。これまでのブリヂストンのアイアンも特別評価が低いものはありませんでしたが、221CBは非常に完成度が高いです。

総合評価

ブリヂストン221CBの評価自体も高いですが、2022年モデルのブリヂストンに関してはラインナップ自体も評価できるかなと考えています。

別記事にしますが、222CB+が絶妙に221CBにない魅力を持っているので相互に補完し合っていると感じました。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

ブリヂストン222CB+アイアン試打評価|安定性の高いポケキャビでスコアアップ!
ブリヂストン222CB+アイアン試打評価です。2つのポケットを備えたポケキャビで、センターヒットの打感は良いままに、ポケキャビのメリットを引き出すことに成功。安定性とフィーリングを絶妙なバランスで保っているアイアンです。
ブリヂストンツアーB 201CBアイアン試打評価レビュー|より再現性を高く、より打感を良く
ブリヂストンツアーB 201CBアイアンの試打評価&レビューです。ブリヂストンのアイアンらしい打感の良さはそのままに、より簡単に再現できるようになりました。201CBはデザインも一新してかっこよくなったので売れそうな予感がします。
ブリヂストンツアーB 202CBPアイアン試打レビュー評価|欲張りなあなたへおススメするポケキャビアイアン
ブリヂストンツアーB 202CBPアイアン試打評価レビューです。ライバルの多い30°アイアンですが、202CBPは高い飛距離性能と十分な安定性で差別化しています。デザインも工夫が見られる評価したいアイアンです。
ホンマTW757Vxアイアン試打評価|さすがとしか言えない万能アイアン
ホンマTW757Vxアイアンの試打評価です。ホンマのキャビティバックアイアン。7番のロフトが30°で最もアベレージヒッター向け、万人向けに作られているアイアン。さすがホンマのキャビティと言わざるを得ない完成度。
ヨネックスEZONE CB511アイアン試打評価|安定性の高いフルキャビティは打感も最高
ヨネックスEZONE CB511アイアンの試打評価です。ヨネックス得意のキャビティアイアンはカーボンプレートを内蔵して制振することでフィーリングを向上。やや大型のヘッドは安定性抜群で素晴らしい仕上がり。
フォーティーンTB7アイアン試打評価|小ぶりになったTBシリーズの最新作!
フォーティーンTB7アイアン試打評価です。大人気のTB5アイアンをさらに小ぶりにした秀逸なデザインで、ロフトは万人受けしそうな7番30°です。どう言った点が進化したのか比較しながら評価していきます。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
アイアン試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました