クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

ブリヂストンツアーB 200MBアイアン試打レビュー|BS最高傑作のマッスルバックアイアン!

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク

限定500セット即完売

ブリヂストンは、ツアーBシリーズのアイアンの中でマッスルバックのモデルを特別扱いしています。2018年モデルのX-BLはマッスルとハーフキャビティのコンボセットでした。こちらは1500セットの限定ではありましたが、在庫が余ってしまったようです(笑)

2020年モデルの200MBは、それにビビッたのか500セットに減らしました。X-BLのような慣れ親しまないコンボではなくフルマッスルバックのセットにも関わらず500セットというかなり少ない限定数にしました。

当然、あのデザインですから即完売。発売前にはオーダーストップとなりました。

増産する予定はないとのことなので、まぁこのレビューが誰のためになるのか不明ですが、記事のコレクションとして書き記してみることにします。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード48.5m/s
ボールスピード58.2m/s
平均キャリー176y
平均トータル184y
平均サイドスピン79rpmドロー
平均バックスピン6925rpm
平均打ち出し角-0.9°
平均打ち上げ角22.6°
最大の高さ48y
落下角度53°
左右ブレ-4y

ロフトが7番で33°なので、マッスルバックではややストロングな部類に入ります。同じ国産のマッスルバックであるスリクソンZ-FORGEDと同じロフト体系です。

バックスピン量約7000rpm、キャリー176yなのでマッスルバックアイアンとしては、よく飛んでいると思います。

方向性は、ストレートですが、フェードすることはほとんど無いので、ドローと表記しておきました。200MBはマッスルバックとしては捕まるので飛距離がロスしなかったのだと考えています。

弾道の安定感が素晴らしいので、ストロングになって考えられるばらつきは最低限に抑えられています。というか、マッスルバックの中でも、33°のアイアンの中でもトップクラスの安定性を持ちます。

200MBのデザイン

かっこいいです。非常にシンプルなデザインで、コーポレートカラーのBマークが小さくあしらわれています。

ネックが短く、低重心化が図られていることが見て取れます。

3番でこのソール幅です。やや厚めと言って良いかもしれませんね。

3番を構えてみるとこんな感じです。200MBの特徴は、先に述べたネックの短さとこのグースです。少しオフセットされているので、3番アイアンでも打てそうな気持ちにさせてくれます。

5番だと少しソールが厚くなります。

こちらも少しグース。

7番になると、ネック側のフェースの膨らみが出てきます。打感は最高です。

和顔マッスルですね。

ブリヂストンツアーB 200MBのPWはかなりサイズが大きいですね。まぁ他の番手もちょっと大きめなので流れとしては自然です。

200MBの優れている点

200MBの最も優れている点は、うまく低重心化しているところだと考えています。ネックが短いので、低重心化されていることは容易に理解できるのですが、密度の高いマッスルバックのヘッドでうまく低重心化するのは難しいです。

実際に、失敗しているモデルもたくさんあるので、200MBは良く出来ていると思いました。

低重心化したメリットは、スイートエリアが下がるので容易に当てられるようになること、それゆえに打感が良くなりやすい(多くの人が感じられる難易度になっている)ことです。

ソールが厚いのもよく考えたら低重心化の特徴だったりします。

方向性とか操作性とか

マッスルバックを買う人には、憧れで買う人、打感で買う人、仕方なく買う人がいると思います。そんな中でも、操作性については重視する人が多いと予想できます。

200MBは、比較的オートマチックな動きをするアイアンであり、基本的にはドロー系の弾道が強くかかりやすいと思っています。逆に言うと、スライスを打とうとしても飛距離が落ちないのでトリックショットを打ちやすいと感じました。

データチャート

飛距離は、ロフトと構造を考えたら褒められると思います。安定性やスピン量はまったく異議なしで満点の評価をしました。

マッスルバックとしては非常にやさしいので、7点になります。さすがにポケキャビのような易しさではありませんからご注意ください。3番までしっかり打ち切れるというのがこの辺りの評価を上げた要因でしょう。

総評

200MBはすばらしいアイアンです。正直33°のマッスルバックはどうなのかと思っていたのですが、ソール厚やネック長でうまく調整してあるのが秀逸。

性能的にも、難易度的にも、多くのゴルファーにおススメ出来るマッスルバックアイアンです。

製造は、E社なので打感も間違いありません。これまで高評価したマッスルバックはいくつかあるものの、おススメ度で満点になったのはほんの一握り。200MBは私の評価も高いうえに、おススメしたいと思えるアイアンでもあります。

おススメ度

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました