クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

プロギア02アイアン試打&評価|曲がらない、飛距離上等、完成度の高いポケキャビアイアン

スポンサーリンク
アイアン試打
スポンサーリンク

ポケキャビのバランス感

最近発売されるアイアンは、ポケットキャビティ構造が非常に多くなっていて、その多様性に驚かされます。

プロギア02アイアンは、実質プロギアRSアイアンの後継となるモデルで、ロフト角29°のポケキャビのスタンダードと言える仕様。

 

プロギアはプロギアチューンというブランドで上級者を引き込んでいるので、02アイアンは完全なアマチュア向け。ある意味はっきりとターゲットを絞れるので期待が高まります。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード46.3m/s
ボールスピード60.8m/s
平均キャリー184y
平均トータル193y
平均サイドスピン678rpmフェード
平均バックスピン6614rpm
平均打ち出し角1.6°
平均打ち上げ角23.0°
最大の高さ53y
落下角度54°
左右ブレ18y

こうして見ると、02アイアンはロフト角の寝ている01アイアンよりも少し飛距離が落ちていることが分かります。

 

ただ、他のデータを見ると決してネガティブにとらえるべきではないと私は考えています。

 

それは、高さ方向の数値です。例えば、バックスピン。これは私が評価基準としている6000rpmを超える高い数値。それを鑑みればキャリー184yはむしろ優秀と言えます。

 

さらに、打ち上げ角です。02アイアンの23°という打ち上げ角は01アイアンよりも0.6°高い数字。これとバックスピン量により最大高さが53yと01アイアンよりも平均5y高い弾道になっています。

ビジュアルで見る弾道

黄色が02アイアン、赤が01アイアンです。

弾道の形状がまるで違うのが非常に面白いです。かといって、ふけ上がっているという感じはしません。

デザイン的な特徴

ネックが非常に短く低重心化していることが良く分かります。

ソケットが長いのはネックの短さをごまかすためでしょうか。

ポケットは小さめで、ぱっと見はキャビティに見えます。

02アイアンは01アイアンよりもグースが強めでフェースもやや大きいように思います。

打感と振り心地

ポケットキャビティとして、打感は普通です。あまり特徴はありません。

 

ただ、01アイアンよりも、金属音ぽさは少ないように感じてしまうのが不思議。どちらかというと、02アイアンの方が好みです。なんというか、真後ろから叩いている感触がこちらの方があって、コントロールもしやすく思います。

ただし、マッスルバックやキャビティのような打感とはまるで別物ですから、あくまで、ポケキャビの中で良く出来ていると思ってください。

 

また、ヘッドは非常に鈍い動きをします。稀に見る慣性モーメントを感じるアイアンです。

これまではG410のアイアンで同じような感覚を覚えましたが、02アイアンも似たフィーリング。一般的には、操作性が悪いと言えるものですが、アマチュアとしてはこういうアイアンの方がコントロールショットが打ちやすいと思います。

 

というのは、操作性が良いとされるアイアンは軒並みほんの少しのミスにも反応してあらぬ方向に飛んで行ってしまうからです。

逆に、慣性モーメントの大きいアイアンは、思い切り右に飛ばそうとしても、大きく引っ掛けることは無いし、かといって左に飛んでいくなんてこともない訳です。

これって、操作性が悪いということになるでしょうか。私はならないと考えます。むしろ使いやすいですよね。

データチャート

評価はかなり高いです。

 

なんとなく、最近のポケキャビって完成度が高い物が多くて感動しています。やはり、メーカーはアマチュアに注力して商品開発をしているのでしょうね。

 

感覚的な部分、打感やルックスは価値観が分かれる部分なのでご自分でお確かめください。この性能なら妥協できる、という方も多いと思います。

総評

プロギアチューンがブランドとして確立したことは、ある意味プロギアにとって副産物的なメリットも生んでいる気がします。

 

ターゲットを明確に分けたことで、アマチュア向けは一部の上級者やプロを考慮する必要がなくなったので、とことんコンセプト通りに設計できているのでしょう。

 

プロギアは海外展開していませんが、これだけのアイアンを作れるならマーケティング次第で世界進出も可能だと思うんですけどねぇ、、、

 

おススメ度

プロギア01アイアン試打&評価|高級な構造と丁度良いサイズ感で飛びと安定を両立
プロギア01アイアン試打&評価です。プロギア01アイアンはチタンの塊をフェース裏に埋め込んだ画期的な構造で、価格のわりに凝っています。しかも、性能も抜群で心躍るアイアンです。プロギア01アイアンは多くのゴルファーにとって魅力的な物だと感じました。
プロギアRS5ハイブリッド試打&評価|小ぶりで扱いやすいハイブリッド
プロギアRS5ハイブリッド試打&評価。小ぶりで扱いやすいデザインと適度な捕まりが絶妙。特別おススメするほどのハイブリッドではありません。可もなく不可もなくって感じです。
プロギアRS5FW試打&評価|カーボンクラウン採用でイメージチェンジしたけど無難なFW
プロギアRS5のFW プロギアはRS5から、カーボンクラウンを採用しています。これは、ドライバーだけでなく、FWにも共通です。 カーボンにすると、FWはかなり印象が変わり音や打感に影響が出ます。そこをいかにうまくごまかして、性能をア...
プロギアRS5プラスドライバー試打&評価|打ち上げ角をプラスする新種の高弾道ドライバー
プロギアRS5プラスドライバーの試打&評価です。個人的に2020年モデルのRS5シリーズは当たりな感じです。RS5プラスは、これまでにないアプローチの高弾道を実現したドライバー。高打ち上げ、高スピンでキャリーを伸ばせるドライバーです。
プロギアRS5ドライバー試打&評価|捕まりの良さはのまま飛距離アップ!
プロギアRS5ドライバー試打&評価。プロギアらしい捕まりの良いドライバーで、カーボンクラウンになって打感や音が変わったものの、スピンのかかり方や方向性は変化なし。それでもしっかり飛距離アップしているのでそこは評価したいところ。
プロギアRS F(2020)ドライバー試打&評価|RS F史上最高の飛距離で外ブラに対抗できる実力派
プロギアRS F5ドライバー(2020)の試打&評価です。これまでのRS Fからかなりレベルアップして、飛距離性能、安定性共に抜群。海外のブランドに対抗できる数少ないドライバーだと思います。最大飛距離キャリー301y、トータル329y。平均でもキャリー290y超えのハイスペックです。
プロギアRSスピンボール実戦テスト|飛び系アイアンと相性が良いウレタンカバーの激スピンボール
プロギアRSスピンボール実戦テストです。ドライバーでの飛距離性能は大手メーカーと同等。アイアンでのスピンは同じかそれ以上。プロギアRSスピンは飛び系アイアンと組み合わせてスコアアップを狙うのにピッタリなスピン系ボールです。

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
アイアン試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました