クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

スリクソンZ H85ハイブリッド試打データ付き評価|飛んで止まる高性能ハイブリッド

スポンサーリンク
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

スリクソンのハイブリッド

スリクソンから現在発売されているハイブリッドは2種類あります。

 

1つは、今回試打したかまぼこ型のハイブリッド、Z H85です。もう一つは、アイアン型のZ U85です。

それぞれシャフトがミヤザキマハナ、ミヤザキ、N.S.950GH DSTの三種類あり、充実したラインナップです。

 

ハイブリッドとしては、ホンマやピンと同じような選択肢の多さが魅力的です。

 

さっそく試打データから見ていきましょう。

 

試打データ

カーボンシャフトの試打データ

ヘッドスピード49.0m/s
平均キャリー214y
平均トータル225y
平均サイドスピン229rpmフェード
平均バックスピン6258rpm
平均打ち出し角0.2
平均打ち上げ角12.6
左右ブレ6y

こちらはカーボンシャフトの試打データ。飛距離は平均キャリー214yで、だいたいこのくらいの飛距離が出ていました。

 

カーボンとしてはバックスピンが多く、しかもフェードです。スリクソンのアイアンは度数のわりにバックスピンが多いのが特長でしたが、H85ハイブリッドも同様かもしれません。

 

打ち上げ角は12.6°でかなり低いです。フェアウェイウッドでも打ち上げ角が低かったので、スリクソンのヘッドはそういうものなのでしょうか。

 

スチールシャフトの試打データ

ヘッドスピード48.4m/s
平均キャリー219y
平均トータル232y
平均サイドスピン173rpmドロー
平均バックスピン4856rpm
平均打ち出し角-1.5
平均打ち上げ角15.3
左右ブレ-11y

なぜか、こちらの方が飛距離が出ていました。しかも、バックスピンはカーボンよりも少なく、サイドスピンはドロー。それでも5000rpm近くスピンがかかるので問題ありません。

 

最大飛距離はキャリーで222y。カーボンでも十分飛んでいましたが、スチールの飛距離はさらに魅力的かと思います。

 

こちらは打ち上げ角15°。最大の高さもカーボンより5yくらい高くなります。

 

シャフトによる違い

データの部分はもうお見せした通りです。

 

ここでは感覚的な部分をお話していきます。今回はミヤザキの青いシャフトを試打することが出来なかったので、最軽量と最重量のシャフトを試打したことになります。

 

まず、ミヤザキマハナはトルク4.1なのでしなります。それでも、しなり戻りは穏やかで左に飛ぶことはあまりありません。

 

ですから、タイミングはマハナの方が取りやすかったです。

一方で、950はDSTというダンロップ用のシャフトです。Sでもトルク2.7で良く走ります。結果としてドローばかりが出ていたのも感覚的には納得です。

 

私は、スチールシャフトのハイブリッドの方がアイアンとの組み合わせとしてはうまくいきやすいのでこのくらいのスペックのスチールが最適だと思います。

 

データチャート

性能面ではかなり高評価です。

 

特に飛距離とスピン量は他のメーカーのハイブリッドにない良さだと思います。

 

価格はカーボンの方が少し高いものの、それでもコスパは十分高いと思います。

 

総評

ドライバーやフェアウェイウッドは中途半端で評価できませんでしたが、Z H85ハイブリッドは良かったです。

 

H85はシャフトによって性格がかなり変化するので、試打してみて決めると良いでしょう。これなら単品で入れるのもアリです。

 

おススメ度

N.S.PRO MODUS³ HYBRID GOST試打&評価|松山英樹が導入で話題の"モーダスゴースト"
N.S.PRO MODUS³ HYBRID GOST試打&評価です。スチールシャフトにカーボンを巻き付けた新発想のハイブリッド専用シャフトです。松山選手が使用したことで話題となったゴーストがようやく発売しました。ハードヒッターが縦ける数少ないハイブリッド用シャフトだと思います。
キャロウェイ・スーパーハイブリッド試打&評価|チタンボディの贅沢な超飛距離系ハイブリッド
キャロウェイから発売されたスーパーハイブリッドの試打&評価です。チタンボディ、チタンフェースというフェアウェイウッドでも中々見なくなった素材にこだわったハイブリッドです。フェアウェイウッドとハイブリッドのハイブリッドというある意味スーパーなハイブリッドだと思いました。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました