必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

キャロウェイX-FORGED UT試打評価|何でも打てる傑作アイアン型ユーティリティ

ハイブリッド試打

シンプルなアイアン型ユーティリティ

キャロウェイは、アイアン型ユーティリティをこれまでも発売してきましたが、あまり販売店に並ぶようなことはありませんでした。

2020年モデルのアイアン型ユーティリティはX-FORGED UTというネーミングで、見た目はX-FORGED CBにそっくりです。

 

トピックとしては、AIが設計したフラッシュフェースをX-FORGED UTにも採用したことです。特に、ボール初速をあげることに力を入れたフェースになっているようです。

まずは性能から、試打データをもとに分析していきます。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

試打データ

ヘッドスピード48.7m/s
ボールスピード64.7m/s
平均キャリー217y
平均トータル230y
平均サイドスピン20rpm
平均バックスピン4723rpm
平均打ち出し角1.2°
平均打ち上げ角17.2°
最大の高さ46y
落下角度50°
左右ブレ-5y

初速64.7m/sは確かに速いです。驚きました。同じアイアン型ユーティリティであるZXユーティリティはヘッドスピード47m/sに対して初速61m/sですから、X-FORGED UTの初速の速さは間違いないかもしれません。

 

バックスピン量は4500rpm付近を推移しており、弾道の高さは非常に安定しています。打ち上げ角も全て17°~17.3°に収まっているのでアイアンのように打てるユーティリティです。

曲がり幅は少ないですし、フェードもドローも比較的簡単に打ち分けることが出来ました。この手のアイアン型ユーティリティはヘッドが大きくて持ったり動いて捕まりにくいのでドローを打とうとすると引っ掛けることが多いのですが、X-FORGED UTはグースも小さめでその辺をうまく作ってあります。

こうして見ると揃っていますね。高さと落下角度が揃っているのでグリーンを狙えそうです。

X-FORGED UTの良いところ

デザインは、X-FORGED CBとほとんど同じです。バックフェースを見ても違いはほとんど分からないくらい。

これまでのキャロウェイのアイアン型ユーティリティよりも“道具感”が増して魅力的です。

フェースが長いのは許容範囲内として、ブレードは薄め、ソールはほとんど見えなくしてあります。試打したのは21°ですが、18°はもしかしたらソールが完全に見えるかもしれません。

フェースは見かけは何の変哲もありませんが、”フェースカップ”になっているようです。カップフェースと何が違うのでしょうか(笑)

ちなみに、このフェースの内部にはウレタンマイクロスフィアが仕込まれていて、打感が良いです。実際、同じ素材を充填していたAPEXアイアンもこのX-FORGED UTもフェース下部での打感が良いです。

 

もちろん、中空構造なので打音は金属音がするものの、ピンやスリクソンほど露骨ではありませんから、好印象。

X-FORGED UTを深読みしてみる

私が感じたのは、キャロウェイの”ユーティリティアイアン”としての位置づけです。

プロパーで装着されたシャフトがアイアン用の汎用品であるということなど、あくまでアイアンであるというのを主張してきます。

ソールの厚さも飛び系アイアンとさほど変わりませんね。

データチャート

アイアン型ユーティリティが易しいということはありませんが、X-FORGED UTは比較的使いやすいです。弾道の安定感はキャリーの安定に繋がります。

総評

前からキャロウェイのアイアン型ユーティリティは高く評価していましたが、X-FORGED UTは傑作です。

 

アイアンが得意で、ユーティリティにも操作性を求める人には特におススメです。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました