タイトリストU500・U510試打&評価|タイトリスト初?のアイアン型ユーティリティ

スポンサーリンク
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

タイトリストにアイアン型ユーティリティ登場

アイアンと同時にハイブリッドモデルを発売するタイトリストですが、アイアン型ユーティリティはゴルフ歴の浅い私の記憶にはありません。

 

もしかしたら初のアイアン型ですが、タイトリストのことなので何か意図があるのだと考えられます。

 

今回のアイアンのラインナップで気になることがありました。それは716、718で販売されていた飛び系の中空アイアンT-MBが無くなったことです。

 

中空構造にタングステンを配置して低重心化を図ったT-MBはまるでユーティリティのようなハイテクなアイアンでした。

 

しかも2番まで用意されていて、長い距離でもピンを狙える攻めた設計です。

 

このU500U510はその代わりに登場したのだと私は思っています。

 

構造的には、インサート(充填剤)に極薄フェース、タングステン内蔵とかなり似通っています。

 

U500U510は2、3、4番の三番手のみしかなく、度数で言えばU500とT-MBは全く同じです。

 

純正シャフトはMCIマットブラック70Sのみです。トルク値は3.4~3.8としっかりしたシャフトで、キックポイントは先中。

 

それでは試打データを見ていきましょう。

 

試打データ

U500(20°) × MCI Matte Black

ヘッドスピード49.6m/s
平均キャリー226y
平均トータル239y
平均サイドスピン308rpmフェード
平均バックスピン4554rpm
平均打ち出し角2.5
平均打ち上げ角16.5°
左右ブレ20y

ロフトは20°で番手としては3番に当たります。

 

U500は、バックスピンが少なく、よく飛んでいると思います。

 

方向性はやや右で、サイドスピンはフェードしかかかりませんでした。先中調子だからと言って捕まるわけではなさそうです。

 

また、打ち出し角も右でヘッドとシャフトの両方が捕まり弱めなイメージだと試打していて感じました。

 

ブレは縦3y、横11yと割と良かったです。タイトリストのアイアンシリーズと同等の精度が出せると思いますので、慣れれば武器になるでしょう。

 

U510(22°) × MCI Matte Black

ヘッドスピード48.4m/s
平均キャリー195y
平均トータル204y
平均サイドスピン855rpmフェード
平均バックスピン6648rpm
平均打ち出し角2.5
平均打ち上げ角19.2°
左右ブレ25y

こちらの試打クラブは22°の4番でした。

 

距離は正直期待できませんが、その分バックスピン量が非常に多いので上から落として止めるようなプレースタイルにフィットしそうです。

 

方向性はU500よりもさらに右で、私が試打している時もスライスが度々出る程でした。

 

ビジュアルで見る弾道

黄色がU500、赤がU510です。

 

見ての通り、打ち出しから右に出る弾道ですが、U500の曲がり幅は小さいです。

 

横から見た弾道では、黄色のU500の安定感が良く分かると思います。赤のU510は打ち出しの高さと頂点からの落下角の大きさが目立ちます。

 

どちらもアイアンのような弾道ですね。

U500・U510の価値

今まで試打してきた経験上、ハイブリッドは捕まるモデルがほとんどです。特にアイアン型ユーティリティは捕まりが強いです。

 

そんな中で、このU500U510は捕まりを抑えた仕様で発売されました。

 

市場にはこのような方向性を求めているユーザーが一定数いると予想されます。

 

シャフトは70g台ですし、振り心地も結構ハードでヘッドスピードの速い私が打っても弾道がよじれたり吹くような感じはしませんでした。

 

70g台のハードなカーボンシャフトは、ホンマやピンのピンツアーシャフトくらいしかありません。純正以外となると一気に値段も上がるので正直入れたくなくなります。

 

ですから、U500・U510には純正でもスペックの高いシャフトと方向性が他のメーカーと差がつくところだと思います。

 

見た目の違い

上がU500でしたがU510です。

 

ロフト自体はU500の方が2°立っていますが、ソール形状的にすっきり見えます。

 

U510はソールが厚いため構えた時に見えてしまうので好みがかなり分かれると思います。

 

ヘッドサイズも明らかにU500が小さく、上級者だけでなく見た目を重視するプレーヤーに好まれそうです。

 

バックフェースのデザインは、なんだかP790にしか見えません。構造が似ているので仕方ないかもしれませんが…

 

こうしてみても上のU500はほぼアイアンです。顔の繋がりを考えるならやはりこちらの方が良さそうです。

 

いかにもアイアン型ユーティリティって感じです。

 

データチャート

満点が無いのは、U510があまりよくなかったからです。

 

飛距離はU500だけなら間違いなく満点の評価をしたと思います。また、スピン量はとらえ方次第なので、スピン過多が悪いというわけでは無く高評価。

 

一方で、捕まりにくいだけでなくコントロールも難しいので難易度は辛口の評価になりました。

 

総評

まずまず良かったですが、私は欲しくありません。

 

上記に挙げなかった欠点としては、打感の悪さです。T-MBと同じパチンという打音と硬めの打感はアイアンの延長とイメージにそぐわないと思います。

 

これで可変スリーブだったらテーラーメイドのギャッパーに対抗できますが、挿しっぱなしなのでそうもいきません。

 

どうしてもFWやハイブリッドを打つ自信がない、イメージが無いという方以外は普通のハイブリッドで良いでしょう。

 

特にタイトリストで揃えたい方でも、TS2&TS3のハイブリッドは非常に優秀なのでわざわざこれを選ぶ必要はないと考えています。

 

おススメ度

 

ちなみに、このモデルは特約店でないと入手できませんので、近くにそういった店舗が無いのであれば、US版の購入が無難です。

フェアウェイゴルフならシャフトの選択肢も多いです。

Titleist U-Series U500 Utility Irons - Fairway Golf Online Golf Store – Buy Custom Golf Clubs and Golf Gear
Looking for golf clubs to improve your game? Shop for custom golf clubs, Japanese golf clubs, apparel, golf shoes, accessories and more!
Titleist U-Series U510 Utility Irons - Fairway Golf Online Golf Store – Buy Custom Golf Clubs and Golf Gear
Looking for golf clubs to improve your game? Shop for custom golf clubs, Japanese golf clubs, apparel, golf shoes, accessories and more!
タイトリストTS2&TS3ユーティリティメタル試打&評価|ピン狙いのプレーに対応の高性能ハイブリッド
タイトリストTS2&TS3ユーティリティメタルの試打&評価です。TS2とTS3の性能や見た目、フィーリングを比較しながら評価しました。ピンをデッドに狙えるコントロール性と、十分な飛距離がありますし、純正シャフトでも満足のハイスペックハイブリッドです。
タイトリスト620CB&MB試打評価|超玄人好みの進化形鍛造アイアンシリーズ
タイトリスト620CB&MBの試打評価です。軟鉄鍛造ボディの上級者向けなスペックで、打ちこなすのは難しいものの、前作よりも改善された点がいくつかあり、高評価に繋がりました。セッティングするなら、6番までを620MB、それより長い番手をCBにするのがおススメ。
タイトリストT100アイアン試打&評価|上級者が求めるものを全て揃えた完璧なアイアン
タイトリストT100アイアンの試打&評価です。名称をAPシリーズからTシリーズにして発売されました。T100はAP2の後継モデルで、番手別重心設計によりブレに強いヘッドになっています。T100はこれから70台を安定して出したい方にはかなりおススメのアイアンです。
タイトリストT200アイアン試打&評価|70台目指すのにぴったりの“ちょうどいい”アイアン
タイトリストT200アイアンの試打&評価です。前作からラインナップされたAP3の後継モデルです。7番のロフトが30°で現代のベンチマークにもなりそうなアイアンです。飛距離、スピン量、方向性の出しやすさなど全体的にちょうどいいアイアンんだと思いました。
タイトリストT300試打&評価|タイトリスト唯一?の易しい飛び系アイアン
タイトリストT300アイアンの試打&評価です。29°のストロングロフトで、鋳造ヘッド、ポケットキャビティの飛び系アイアンです。タイトリストに難しいというイメージがあるなら、このアイアンを打つと覆されると思いますよ。
タイトリストTS1ドライバー試打レビュー|高弾道、捕まり強めながらキャリー300y超え!
タイトリストTS1ドライバーの試打レビューです。TS1はキャリーで300yを超える数少ない飛びのドライバーです。270gという超軽量にして超オートマチックの易しいドライバー。シャフトが絶妙でヘッドスピードの最大化に貢献しています。
タイトリストTS2ドライバー試打データ付き評価|軽量化された易しめタイトリスト
タイトリストの新作TS2ドライバーの試打レビューです。300yヒッターの筆者が試打計測データをもとにTS2の性能を検証していきます。初速は本当に上がるのか、飛距離は伸びるのか、安定感はどうなのか、是非チェックしておきましょう。
タイトリストTS3試打データ付き評価|前作より初速アップ!?のニュードライバー
タイトリストのニュードライバーTS3の試打レビューです。詳細な計測データをもとにTS3の性能をレビューします。初速がアップしたと言われているTS3の飛距離、スピン量、安定感をレビューします。
タイトリストTS4ドライバー試打レビュー|430㏄&低スピンのハードコアモデル
タイトリストTS4の試打レビューです。430㏄で浅重心と古典的な設計です。求められるスイングレベルは高いですが、打ちこなせる人にとっては武器になるでしょう。飛距離も良く出ますし、サイドスピン、バックスピンも少なく、性能は高評価。
N.S.PRO MODUS³ HYBRID GOST試打&評価|松山英樹が導入で話題の"モーダスゴースト"
N.S.PRO MODUS³ HYBRID GOST試打&評価です。スチールシャフトにカーボンを巻き付けた新発想のハイブリッド専用シャフトです。松山選手が使用したことで話題となったゴーストがようやく発売しました。ハードヒッターが縦ける数少ないハイブリッド用シャフトだと思います。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました