必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ステルス2レスキュー試打評価|ありきたりすぎて買い替え不要

ハイブリッド試打

一年おきのモデルチェンジ

テーラーメイドは毎年モデルチェンジをしていますが、実際はそうでもなくて隔年で特性の似たモデルを発売しています。

ハイブリッドは特に顕著で、一年おきに捕まるモデルと捕まりを抑えたモデルが出されています。2022年モデルのステルスレスキューは引っ掛けないギリギリで捕まるモデルだったので高評価しました。その前に高評価したのはやはりさらに2年遡ったSIM MAXレスキューでした。

なので2023年モデルであるステルス2レスキューはあまり期待していないのですが、細かい変更点もあるので試打評価していきます。

ステルス2ドライバー試打評価|これが本当に“新製品”とか言うわけ?
テーラーメイドステルス2ドライバー試打評価です。カーボンフェースのドライバー第三弾として、前作ステルスの後継モデル、ステルス2が登場。デザインもテクノロジーもそっくりで何が進化したのかよくわかりませんが新製品らしいです。
ステルス2プラスドライバー試打評価|過去作からの焼き直しのかき集め
テーラーメイドステルス2プラスドライバー試打評価です。可変ウェイトを搭載するモデルです。前後重量バランスに優れ、振り心地が良いドライバーだと思います。純正やジアッタスなど癖の少ないシャフトとの組み合わせでの結果が良いのでそういった組み合わせの人にはおススメできます。
実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ステルス2レスキューのデザイン

ステルス2レスキューのデザインは前作から何が変わったのか分からないほど酷似しています。

カラーリングは黒と赤のままで、ソールはVスチールソールになっています。

よく見るとステルス2レスキューは盛られているのではなく削られてソール形状を作っています。見た目は非常にかっこいいです。

ステルス2レスキューも他のモデル同様ツヤありのクラウンで、カーボンの模様が少し見えます。前作は艶消しだったのでデザインの違いはこれが一番大きいです。

フェースはあまり変化を感じません。

試打データ

ステルス2レスキュー22°×純正カーボンS

ヘッドスピード50.5m/s
ボールスピード68.2m/s
平均キャリー234y
平均トータル248y
平均サイドスピン722rpmドロー
平均バックスピン3979rpm
平均打ち出し角-1.6°
平均打ち上げ角19.8°
最大の高さ56y
落下角度52°
左右ブレ-34y

ステルス2

レスキューは予想通り捕まりの強いモデルでした。ハイブリッドは捕まりが強いモデルが多いのでここでの差別化はされません。飛距離はよく出ていて、最高でキャリー239yでした。

捕まるハイブリッドが欲しい人はいいかもしれませんが、それなら別のメーカーにもたくさんあるので決定打になりません。

ステルス2レスキュー22°×純正スチールS

ヘッドスピード50.2m/s
ボールスピード66.0m/s
平均キャリー228y
平均トータル243y
平均サイドスピン61rpmドロー
平均バックスピン3905rpm
平均打ち出し角0.8°
平均打ち上げ角20.2°
最大の高さ54y
落下角度51°
左右ブレ1y

スチールシャフトだと、捕まりが弱くなりました。これはなかなか面白いです。これまでもテーラーのスチールで使われるKBSのシャフトはフェードが打てたりしていたのでそれが現れています。

捕まりの強いヘッドでも抑えられると言うのはひとえにシャフトの功績かもしれません。打ち出しが右なので落下地点もセンターに近いです。

スチールシャフトでもカーボンシャフトでも縦ブレは7yでした。これはハイブリッドとして求められる性能だと思います。スチールでもスピンはしっかりかかっていますから、セカンドで活躍しそうです。

ステルス2レスキューの良い点

  • 純正スチールの組み合わせが優れている
  • 前作同様の打感の良さ
  • デザインがかっこいい
  • 番手が豊富

ステルス2レスキューのイマイチな点

  • カーボンシャフトは使い物にならない
  • 変わり映えしないデザイン
  • 引っ掛ける
  • ありきたりな特性

ステルス2レスキューのラインナップ

ステルス2レスキューは3番から7番までラインナップされています。7番ともなるとロフトは31°で昨今の7番アイアンくらい寝ています。これだけのラインナップがあるのはピンくらいなのでライバルとの差別化になっています。ちなみに純正シャフトでは7番だけが受注生産です。

データチャート

性能面では他のモデルと特別変わりませんが、飛距離性能は素晴らしいと思います。一方でカーボンシャフトでは曲がりすぎるので安定性が損なわれており、それにより他の評価もやや下がります。

総合評価

ステルス2レスキューは悪くもありませんが、良くもありません。全く印象に残らないハイブリッドだと思います。ステルス2レスキューを試打してまだ28時間しか経過していませんがもう忘れそうです。

スチールで組むのであれば左への心配は減りますが、それなら安くなっているステルスを買えば良いと思います。

おススメ度3 out of 5 stars (3 / 5)

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました