必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ステルス2プラスレスキュー試打評価|小ぶりなのに引っかけない

ハイブリッド試打

小ぶり&可変ハイブリッド

ハイブリッドといえば簡単に打てて距離が出せる便利なクラブです。しかし中には小ぶりなヘッドで決してお助けクラブとは言えないものもあります。

今回試打評価するステルス2プラスレスキューもまさにそんなハイブリッドです。ライバルは同じく可変スリーブを備えるTSi3ハイブリッドやAPEX PROあたりでしょう。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ステルス2プラスレスキューのデザイン

ステルス2プラスレスキューのソールデザインを一目見て私は M2ツアーアイアンを思い出しました。

三叉に分かれたソールですが、そもそも面積が小さいので抜けがどうこうと言うことはないでしょうね。

後方のウェイトは系が細いので通常のレンチでは入りませんが細い系なら入るので交換可能です。リングとネジの2ピース構造になっています。重量は6gでした。

ステルス2プラスレスキューのクラウンはこんな模様が付けられています。カーボン風なんでしょうが、実際はカーボンではありません。少し気持ちが悪いので普通の仕上げにしてほしいです。

フェースは四角いのでアイアンライクな面構えになっています。

ややオープンフェースになっているのはハイブリッドとしては悪くないと思います。フェースからそのままクラウンまで繋がっていますので、天ぷらしても傷が付きにくそうです。

試打データ

ステルス2プラスレスキュー19.5°×純正カーボンS

ヘッドスピード50.1m/s
ボールスピード67.6m/s
平均キャリー237y
平均トータル252y
平均サイドスピン131rpmドロー
平均バックスピン3817rpm
平均打ち出し角2.6°
平均打ち上げ角18.6°
最大の高さ53y
落下角度50°
左右ブレ6y

ロフトが19.5°なので他のハイブリッドの試打データと比べるのは難しいですが、18°のFWと比べて遜色ない飛距離は素晴らしいと思います。スピン量もそこまで多くないのでハイブリッドらしい弾道になっていると思います。

やや右に集まっています。サイドスピン自体はドローですが詳細ちは68rpm、75rpm、251rpmなのでストレートに近いです。ステルス2プラスはドライバーもストレートだったのでこの統一感は評価したいです。

ステルス2プラスレスキュー19.5°×純正スチールS

ヘッドスピード50.8m/s
ボールスピード68.4m/s
平均キャリー238y
平均トータル252y
平均サイドスピン37rpmフェード
平均バックスピン4078rpm
平均打ち出し角-0.8°
平均打ち上げ角17.0°
最大の高さ50y
落下角度50°
左右ブレ-1y

スチールでも飛距離は変わりませんでした。スピン量は若干多くてボリュームゾーンが4200rpmくらいでした。カーボンに比べて打ち上げ角度が小さいのでアイアンっぽい試打データです。

ステルス2プラスレスキューは基本的にストレートなのでシャフトによって多少の変化は起こりますが、小さいです。こちらもサイドスピンは少なく全て200rpm以下でした。

ステルス2プラスレスキューのシャフトの違いによって起こるのはアタックアングルの変化です。一般的な動きだとは思いますが、スチールの方が重いこともありダウンブローになりやすいです。それでスピンも増えると言うことです。

TaylorMade Stealth 2 Plus Rescue
product

シャフト

ステルス2プラスレスキューにもドライバーと同じデザインのシャフトが採用されています。

重量は70g台なので結構振れて良かったです。このシャフトはドライバーでもFWでも良い結果をもたらしていたので前作からの大きな改善に貢献していると思います。重量設定も絶妙です。

ステルス2プラスレスキューの良い点

  • 小ぶりなヘッド
  • やや開いたフェースアングル
  • 引っ掛けることがない
  • どのシャフトでも上手く打てる
  • 振り幅や強さの調整に機敏に反応してくれる

ステルス2プラスレスキューのイマイチな点

  • 気持ち悪すぎるクラウン
  • ハイブリッドとしてはやや高額
  • ロフトのバリエーションが寂しい
これだけ飛ぶのでロフトはもう少し寝ているものが選べると完璧だと思います。

ステルス2プラスレスキューが合う人

間違いなく押さえておくべき特徴は左への耐性でしょう。かなり捕まえるように打ってもドロー回転はほとんど増えません。

なので逆に言えばドライバーでスライスが出る人にはあまり合わないと言えます。ハイブリッドはドローするモデルが多く、中でもこの手の小ぶりなモデルは引っ掛けが突如出る印象なので、そう言う意味でステルス2プラスレスキューは非常に貴重です。

データチャート

飛距離性能、安定性、スピン量の全てで高評価です。性能が高いので値段が多少高くてもコスパは悪くないという評価です。一方で、ステルス2プラスレスキューに優しさは感じられないのでご注意ください。

総合評価

小ぶりなヘッドで捕まらないモデルを作るのは不可能かと思っていましたが、ステルス2プラスレスキューは見事に体現しています。記憶の限りテーラーメイドの小ぶりなハイブリッドで初の高評価だと思います。

おススメ度4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

ステルス2プラスドライバー試打評価|過去作からの焼き直しのかき集め
テーラーメイドステルス2プラスドライバー試打評価です。可変ウェイトを搭載するモデルです。前後重量バランスに優れ、振り心地が良いドライバーだと思います。純正やジアッタスなど癖の少ないシャフトとの組み合わせでの結果が良いのでそういった組み合わせの人にはおススメできます。
TaylorMade Stealth 2 Plus Rescue
product

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました