必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ローグST MAXハイブリッド試打評価|FW並みに飛ぶハイブリッドはいかが?

ハイブリッド試打

ハイブリッド何個作るの?

キャロウェイはハイブリッドが大好きで、毎年アイアンのライン以外にもいくつかのモデルを発売します。2021年はエピックスーパーハイブリッドやAPEX UWを出しましたし、2022年モデルのローグSTシリーズではなんと4種類も同時に発売。

今回はそのローグSTシリーズの中でも最もベーシックなモデルであるローグST MAXハイブリッドを特集します。面白い特徴がたくさんあるので細かいところまで解説していきます。

ローグST MAX(マックス)ドライバー試打評価|最高レベルの安定性で”軽くても曲がらない”を実現
ローグの復活 キャロウェイは2つのモデルを2年ごとに更新する形で毎年新作を登場させます。2022年のキャロウェイはローグSTシリーズ。2018年に初めて登場したローグは、これまでの流れから、方向性重視に大きく舵を切ったモデルでした。 ...
ローグST MAX LSドライバー試打評価|スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバー
ローグST MAX LSドライバー試打評価です。一世代跨いで復活したローグSTシリーズの低スピンモデル、ローグST MAX LSドライバーを試打。スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバーだと思います。
キャロウェイAPEX UW試打評価|クラブセッティングに革命を起こす新種!
キャロウェイから発売された新しい”ユーティリティウッド”、APEX UWを試打評価します。ユーティリティの長さで、スピンバランスはFWといういいとこ取りのクラブはクラブセッティングに新たな風を吹かすのか。
エピックスーパーハイブリッド(2021)試打評価|チタンの高初速でFW越えの飛び
キャロウェイエピックスーパーハイブリッドの試打評価です。前作はFWとハイブリッドのハイブリッドという評価をしましたが、今作のエピックスーパーハイブリッドは、ちゃんとハイブリッド。チタンの高初速を扱いやすいサイズ感で仕上げた傑作です。

ローグST MAXハイブリッドのデザイン

ローグST MAXハイブリッドは、ドライバー同様、放射状に広がるようなソールデザインになっています。

キャロウェイのハイブリッドらしくフェースが分厚いです。ジェイルブレイクスピードフレームの楕円形のパーツが見えます。これあまりかっこよくないので止めても欲しいです。

ローグST MAXハイブリッドがしれっと採用したこのソール。最近流行りのバフラーレールっぽいですね。抜けの良さを演出するだけでなく、後方部分になるにかけて下駄が高くなるこの形状は座りの良さにも貢献。

ローグST MAXハイブリッドは艶消しのクラウンです。カーボンではなく全て金属のクラウンです。キャロウェイのハイブリッドはカーボンクラウンが多いのでいつぶりのフル金属でしょうか。

ヘッドはコンパクト。お尻まで分厚いのでボリューミーです。

構えるとこんな感じです。ローグST MAXハイブリッドは、少しオフセットされた四角いフェースがストレートに入っています。この画像では開いて見えるかもしれませんが、どちらかというと閉じやすい感じがしました。

このフェースはいかにもキャロウェイのハイブリッドという感じがしますね。

試打データ

ローグST MAXハイブリッド(20°)×純正ベンタス5S

ヘッドスピード52.0m/s
ボールスピード70.2m/s
平均キャリー248y
平均トータル263y
平均サイドスピン100rpmドロー
平均バックスピン3768rpm
平均打ち出し角-1.5°
平均打ち上げ角17.4°
最大の高さ53y
落下角度50°
左右ブレ-11y

かなり飛んでいます。ハイブリッドでヘッドスピードが50m/sを超えるとはありますが、初速が70m/sを超えるのはすごいです。ミート率は1.35でドライバーのあたり損ねと対して変わらない値でした。

打ち出し角度は小さくほぼストレート。オフセットされていて、しかも柔らかいシャフトなのにローグST MAXハイブリッドは引っ掛けませんでした。地面との接地感が独特で、滑るというよりも軌道に許容範囲があって、それを越えなければ全て同じような弾道になるという印象です。

これだけ初速が出てもキャリーの距離は安定しています。平均キャリー250yに迫るのでFWと同じくらい飛んでいます。まぁローグST MAXハイブリッドは4番で20°なので飛ぶのは当然だとしても、素晴らしいですよね。

ローグST MAXハイブリッド(20°)×MC70S

ヘッドスピード52.1m/s
ボールスピード68.7m/s
平均キャリー243y
平均トータル259y
平均サイドスピン71rpmフェード
平均バックスピン3752rpm
平均打ち出し角-1.4°
平均打ち上げ角17.6°
最大の高さ52y
落下角度50°
左右ブレ-3y

純正には2種類のカーボンシャフトがあります。こちらがもう一つの純正カーボンMC70Sです。APEXハイブリッドにもあったシャフトです。

こちらの試打データも素晴らしく平均キャリーは243y。バックスピン量は、純正ベンタスもMC70Sも大差なく4000rpmを切る少ない数値。

初速は、MC70Sとの組み合わせの方が2m/sくらい低いものの、それでも尚素晴らしいです。ローグST MAXハイブリッドは基本的に低スピン気味にチューニングされているみたいですね。

まぁローグSTシリーズだけで4種類のハイブリッドがあるので上から2番目のローグST MAXハイブリッドがこんな数値になるのは納得ですが。

ローグST MAXハイブリッドの良さ

キャロウェイのハイブリッドはそれぞれかなり個性があるので、合うハイブリッドを探すのは至難の業です。正直ローグST MAXハイブリッドも万人受けしそうかと言えばそうでもないです。

では何が良いのか。それはレールに乗る独特の接地感かなと思います。

分かりにくいと思うので説明しますと言いたいところですが、それは愚かなので試打しなさい。

データチャート

飛距離がエグすぎて他の部分を評価し忘れている気もしますが、安定性も十分高いです。ハイブリッドは、基本安定するのでそれ自体は差別化にはなりませんが、飛距離がこれだけ出るなら良いです。

総合評価

ローグST MAXハイブリッドは、キャロウェイの中ではこれまでに無いタイプの良いモデルだと思います。ソールデザインはあまり積極的に変えてこなかった印象をもちますが、ローグST MAXハイブリッドは革新的で洗練されたソールデザインを採用。やるじゃんキャロウェイ。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました