必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

テーラーメイドSIM²レスキュー試打評価|小ぶりで可変、低スピン強弾道なハイブリッド

ハイブリッド試打

M3以来の復活

テーラーメイドのレスキューは、M3を最後に小型のハイブリッド=レスキューを販売するすのを止めていました。M5、M6世代ではM6レスキュー、SIMシリーズではSIM MAXレスキューのみの展開でした。

SIM²シリーズで復活した小型のレスキューは、全ての番手が約100㏄で、17°の2番、19.5°の3番、22°の4番の3つのロフトを設定。可変スリーブで̟±1.5°出来ますので、実質15.5°~23.5°が調整可能範囲となります。

攻めたロフトばかりですが、まぁSIM²レスキューを打てる人はそのくらいの番手が必要でしょう。早速試打データから見ていきます。

専門家に相談してから買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

試打データ

ヘッドスピード52.5m/s
ボールスピード69.4m/s
平均キャリー247y
平均トータル263y
平均サイドスピン106rpm
平均バックスピン3684rpm
平均打ち出し角-1.4°
平均打ち上げ角15.0°
最大の高さ46y
落下角度47°
左右ブレ-1y

今回の試打は、3番(19.5°)で行いました。シャフトは純正カーボンです。

試打データを見てみると、平均飛距離でキャリー247yと高い飛距離性能であることが分かります。18°のFWで打つ場合、240y~245yが平均なので、19.5°のSIM²レスキューがこれだけ飛んでいるのは素晴らしいです。

方向性は両方打つことが可能。どちらかと言うと、フェードの方が打ちやすい挙動を示します。

打ち上げ角度が非常に小さく、15°。ドライバーよりも低い打ち出しです。バックスピン量が4000rpmを切るほど低いので強弾道。風に負けない「これぞハイブリッド」という弾道です。

最大飛距離はキャリー255yで、トータル269yと素晴らしい物でした。

SIM²レスキューのデザイン

SIM²レスキューはソール形状を他のクラブ同様Vスチールのような形状にしています。

カラーリングは黒がベースで、ソール、クラウンともに黒っぽくシャープさが際立っています。

構えるとこんな感じ。若干オープンフェースになっていると思います。こういった小ぶりなハイブリッドにありがちな捕まり過ぎるピーキーな挙動は無く、わりとどっしりとした動きをするため安定感を出しやすいです。

クラウンはカーボンではなく、ステンレススチール。フェースはマレージングということなので、素材は普通。ですが、見てもらうとクラウンは何やら凸凹しています。何の意味があるのかは分かりません。

SIM²レスキューの打感

カーボンクラウンではありませんから、打音は鋭い金属音を含みます。

ですが、打感がちょっと特徴的。非常に重く、球に当たり負けしないずっしりとした打感です。SIM²レスキューのように小ぶりだとオフセンターでの打点でヘッドが弾かれるようなものが多いのでこれは大きなメリットです。

データチャート

度数に対する飛距離性能は素晴らしくハイブリッドとしては珍しく最高評価です。さらに、スピン量もハードヒッターにピッタリの強弾道低スピン仕様。それでいて、価格はUS仕様なら3万円程度で購入できるのでコスパも高い評価にしました。

総評

総じて高評価です。

SIM²レスキューは上級者やハードヒッター、ハイブリッドのあの捕まる感じが嫌いな人にもマッチすると思います。可変スリーブでの調整も合わせれば相当万能なハイブリッドと言えます。

セレクトショップ限定商品というのが少し残念ではあるものの、ハイブリッドはある程度のレベルの人なら失敗することはありませんから、ネットで買えば良いだけの話。

是非とも試してみて欲しいハイブリッドです。

おススメ度

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ハイブリッド試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました