スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

Qi10MAXレスキュー試打評価|使い方はほぼアイアン

ハイブリッド試打
スポンサーリンク

レスキューに慣性モーメント?

ハイブリッドはそもそも非常に簡単なクラブです。だから、ドライバーやアイアンが巨大化する割にはサイズが変わっていません。

しかし、今回テーラーメイドが出してきたQi10シリーズのハイブリッドでは、MAXの名を冠したモデルを展開してきました。MAXは慣性モーメントが高い≒安定性が高いモデルを意味します。

果たしてレスキューにそれは必要なのでしょうか。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

Qi10MAXレスキューのデザイン

ヘッドサイズ自体はそこまで大きくなく、通常のQi10シリーズと何が違うのかわかりません。

ソールのモデル名はMAXと記載されています。

正直本当に何が違うのか分かりません。それもそのはずで、内臓ウェイトが仕込まれているからです。

クラウンはカーボンです。これも重心を下げることに貢献しています。

フェースアングルはやや閉じていて初めてデザインの差を感じます。

試打データ

Qi10MAXレスキュー4番×純正シャフト

ヘッドスピード49.0m/s
ボールスピード66.9m/s
平均キャリー213y
平均トータル224y
平均サイドスピン442rpmドロー
平均バックスピン5552rpm
平均打ち出し角-1.9°
平均打ち上げ角19.5°
最大の高さ55y
落下角度53°
左右ブレ-19y

デザインの違いはほとんどありませんでしたが、試打データを見て納得です。スピン量がかなり多いので飛距離は落ちます。ただ、縦距離の安定性と初速の高さは評価したいところです。

捕まりは強めですが曲がり幅がそこまで大きくはないので使える範囲内だと思います。サイドスピンというよりも角度で左に飛んでいるという感じです。

5球の試打データで縦ブレは6yだけ。スピン量も安定しているので、これは打点が安定しているという直接的な証明になっています。打点が安定するほど重心設計が上手くいっているということでもあります。

Qi10MAXレスキューの良い点

  • 同じところに落としやすい
  • かなりの落下角度
  • アイアン感覚で打てる
  • 初速性能が高い

Qi10MAXレスキューのイマイチな点

  • 飛ばない
  • スピンが多すぎる

Qi10MAXレスキューのセッティング

マトリックスチャートでのポジションはSIM2MAXの近くです。

全147種のUT/FWヘッド&シャフトを一気見出来るマトリックスチャート|リキ@300yヒッターのギアノート
非常に好評頂いているドライバーのヘッド&シャフトマトリックスチャートとアイアンのヘッド&シャフトマトリックスチャートですが、まだまだ表現出来ることがあると私は思っています。 この記事ではその一つであったUT(HY)とFWのマトリックスチャートを作りました。他のマトリックスチャートと同様に、UT(HY)やFWの性能や特...

確かにMAXモデルとして近い位置にきました。

データチャート

安定性は高いので最高評価しました。スピン量は多すぎるので飛距離にも影響しています。ただ、初速は出ているのでスピンが少なすぎて困っている人や、ハイブリッドでグリーンから溢れるという人には合うでしょう。

総合評価

需要はあると思います。私はQi10MAXドライバーを評価していますし、このシリーズが今作Qi10の最大の進化だと思っています。そしてレスキューもこれまでなかったアプローチで価値を生み出していると思います。

おススメ度4 out of 5 stars (4 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました