スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

パラダイムスーパーハイブリッド試打評価|チタンハイブリッドの時代は来る?

ハイブリッド試打
スポンサーリンク

チタンのハイブリッドブームは?

個人的に予言していた、FWのチタン化が進んだ後のハイブリッドのチタン化はあまり見られません。今回紹介するスーパーハイブリッドシリーズや地クラブで一部ありますが、全然ブームにはなりませんね。

今回はパラダイムスーパーハイブリッドを試打データをもとに評価していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

パラダイムスーパーハイブリッドのデザイン

試打したのは21°です。前作のエピックスーパーハイブリッドよりもソールトゥ側のボリュームが小さくなったように思います。

パラダイムスーパーハイブリッドは、パラダイム感があまりなくハイブリッドの独立モデルという感じがします。

チタンボディにカーボンクランというのは過去のスーパーハイブリッドと同じです。パラダイムスーパーハイブリッドはこんな感じで境目がはっきりしています。

かなりヘッドは大きいです。シャフトが細く見えるくらいのでかヘッド。

試打データ

ヘッドスピード51.0m/s
ボールスピード68.3m/s
平均キャリー233y
平均トータル246y
平均サイドスピン223rpmドロー
平均バックスピン4360rpm
平均打ち出し角-1.5°
平均打ち上げ角17.6°
最大の高さ52y
落下角度51°
左右ブレ-14y

チタンということもあり、21°としてはかなり初速性能が高いです。最高で70m/s近い初速が出ていますので、優秀です。平均キャリーも233yなので飛ぶハイブリッドという感じです。

弾道はややドローです。左に飛ぶ心配はかなり少ないという印象でした。数値を見ると打ち出し角度も左なので結構捕まるのではないかと思われそうですが、パラダイムスーパーハイブリッドに関しては別の理由です。

バックスピン量はしっかりかかります。弾道の高さも安定して高めという感じですね。最高キャリーは画像の一番高い弾道のもので237yです。

パラダイムスーパーハイブリッドの良い点

  • 左が全く怖くない
  • 初速性能が高い
  • よく飛ぶ
  • 打感が良い

パラダイムスーパーハイブリッドのイマイチな点

  • トゥ側が重く捕まえるのにコツがいる
  • ヘッドが大きく動きにくい

パラダイムスーパーハイブリッドの打感

チタンのハイブリッドって打感良いんですよ。

軽くて弾く感触が気持ち良いです。

データチャート

飛距離性能は高いです。安定性も悪くないのですが、ヘッドの動きにはやや癖があるため簡単なクラブではないかなという評価です。性能面での欠点はほとんどありません。

総合評価

褒める点は数多くありますが、決定的なのは振りにくさ。

このヘッドサイズと形がなんとも振りにくいので性能を引き出すのが難しいと感じました。特にライ角が立つような動きが出やすい人はそれが助長されるので注意して見ましょう。

おススメ度3 out of 5 stars (3 / 5)

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました