クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

G410ハイブリッド試打データ付き評価|フィッティング次第で化けるハイブリッド

スポンサーリンク
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

扱いやすい&高性能

G410のハイブリッドは松山英樹プロも使用したらしく(?)、注目されています。

 

ピンというメーカーは、ツアープロに無料で提供して良かったら契約するといった形態をとっていますので、「試しに使う」ということがよくあります。

 

おそらく松山プロもそれで使用したのだと思います。

 

本当に自信があるからこそ製品の性能や質で勝負できるのだと確信しています。

 

試打データ

ヘッドスピード48.8m/s
平均キャリー213y
平均トータル226y
平均サイドスピン439rpmドロー
平均バックスピン5291rpm
平均打ち出し角1.8
平均打ち上げ角13.8
左右ブレ-5y

今回試打したのはピンツアーシャフトを装着した22°の4番。

特長はバックスピン量の多さです。カーボンシャフトですが、ピンツアー85はトルク2.2なので結構硬いです。

 

ですのでスチールシャフトに匹敵するスピン量を実現しています。それにしても22°でバックスピンが5000rpmはすばらしいです。キャリーで210y飛ばしつつスピンで止めることも出来そうです。

 

飛距離はまずまずでしょう。

サイドスピンは少し多めで平均400rpm程。ただ、打ち出し角は安定して右なのでボールの集まりはブレ幅15yになりました。

 

度数の選択肢が多い

番手2番3番4番5番6番
ロフト角17°19°22°26°30°

2番ハイブリッドが17°なのでおそらくキャリー230yくらいになると思います。

 

ウッドが苦手だったり、パー3で使いたい方なんかは2番や3番を入れてみると良いでしょう。

 

さらに、下の番手は30°まで用意されています。ロングアイアンの代替として選択できますね。

 

ドライバーが4種類あって、すべてに対応させるためにこれだけの選択肢を用意したのだと思います。ただ、これだけあれば他のドライバーを使っている方でも入れたくなりますね。

 

弾道

硬いカーボンですが、弾道の中央にへこみが現れます。

 

バックスピン量が多いのは若干吹き上げているのもあるのかもしれません。ボールスピードはかなり出ていますが、この弾道だと風に負けてしまいそうです。

 

そこまでコントロールしたいなら、フレックスをXにするか、モーダス105などの硬いスチールにすることをおススメします。

 

データチャート

チャートにするとどの項目もまずまずの評価になりました。

 

シャフトも度数も選択肢が多いので、フィッティングして選ぶことをおススメします。硬いシャフトにすればより強弾道になり直進性が上がると思います。

 

このあたりは是非試打して確かめてみてください。

 

総評

これだけフィッティングの幅があるハイブリッドも少ないでしょう。

 

やはり、純正カスタムのピンツアーのスペックが高いからこそだと思います。ハードヒッターのかたはスチールの方が無難でしょう。

 

ライバルはテーラーメイドのギャッパーやタイトリスト818だと思います。G410にはウェイトギミックがありませんので、そこだけはどうしようもありません。

 

ハイブリッドもウッド同様ウェイトギミックがあったら間違いなく満点の評価だったことと思います。

 

おススメ度

フェアウェイゴルフだと2万5千円くらい。

PING G410 Hybrid
product
キャロウェイ・スーパーハイブリッド試打&評価|チタンボディの贅沢な超飛距離系ハイブリッド
キャロウェイから発売されたスーパーハイブリッドの試打&評価です。チタンボディ、チタンフェースというフェアウェイウッドでも中々見なくなった素材にこだわったハイブリッドです。フェアウェイウッドとハイブリッドのハイブリッドというある意味スーパーなハイブリッドだと思いました。
N.S.PRO MODUS³ HYBRID GOST試打&評価|松山英樹が導入で話題の"モーダスゴースト"
N.S.PRO MODUS³ HYBRID GOST試打&評価です。スチールシャフトにカーボンを巻き付けた新発想のハイブリッド専用シャフトです。松山選手が使用したことで話題となったゴーストがようやく発売しました。ハードヒッターが縦ける数少ないハイブリッド用シャフトだと思います。
ピンG410LST試打評価|低スピン?上級者向け?前作のLSTと何が変わった??
ピンG410LSTの試打評価です。G410プラスとSFTに遅れながら登場した低スピンモデル。前作同様の高い慣性モーメント、可変ウェイト、スリーブなどをフル装備。G410LSTとG400LSTを比べながら評価していきます。
G410プラスを試打&評価|しぶこ愛用のG410プラス|カタログに載っていない魅力満載のドライバー
ピンG410プラスドライバーの試打レビューです。今回のレビューではピンツアー173-65(S)と注目のテンセイCKプロオレンジの両方を試打しました。シャフトによって変幻自在に弾道を変えられる上に、ギミックも効果抜群で感動するほど楽しいドライバーでした。
ピンG410SFT試打データ付き評価|高い弾道で捕まえたい人にフォーカスしたドライバー
ピンG410SFTドライバーの試打レビューです。G410SFTドライバーは高弾道仕様で、打ち上げ角とバックスピンともに高い性能を誇り、ボールがドロップしてしまう方にピッタリでしょう。G410SFTドライバーの性能を試打データと一緒に見てみましょう。
ピンG410LST FW試打&評価|脱ひっかけ!強弾道の直線番長
ピンG410LST FWの試打&評価です。強い弾道で、叩いていけるハードなフェアウェイウッドです。渋野日向子選手や比嘉真美子選手が使用するのも納得のハイスペックなフェアウェイウッド。
G410STD/G410SFTフェアウェイウッド試打データ付き評価|ドライバーとの相性抜群
G410プラス/G410SFTフェアウェイウッド試打レビューです。G410ドライバーと同様の関係性を維持して作られた完成度の高いフェアウェイウッドです。飛距離も見逃せません。また、セッティングの幅はそこまで広くないもののキャパがあるのでセッティングを煮詰めたら最高でしょう。
G410アイアン試打データ付き評価|曲げ知らずの大きめヘッドでスピンもgood
G410アイアンの試打レビューです。G410アイアンは前作からバックスピン性能を格段に上げて登場しました。さらに、慣性モーメントが高くなったことで左右のブレはほとんどありません。頼れる相棒になりそうな素晴らしいアイアンです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ハイブリッド試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

  1. […] G410ハイブリッド試打レビュー|フィッティング次第で化けるハイブリッド… […]

  2. […] G410ハイブリッド試打レビュー|フィッティング次第で化けるハイブリッド… […]

  3. […] G410ハイブリッド試打レビュー|フィッティング次第で化けるハイブリッド | 300yヒッターのギアノート より: 2019年2月22日 9:53 AM […]

タイトルとURLをコピーしました