ピン・ダイラウェッジグリップレビュー|小テーパーのウェッジ専用グリップ

スポンサーリンク
グリップ使用レビュー
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ピンのウェッジについているやつ

たまたま知り合いの方のウェッジを打たせてもらったときに、このダイラウェッジを知りました。

 

ピンが自社のウェッジに装着を推奨しているテーパーを小さくしたウェッジ用グリップです。

 

テーパーが小さいので、グリップのヘッド側も太くなっており、ウェッジを短く持つ際にも普通に持つのと似たフィーリングになるのです。

 

しかもピンのグリップですから重さが選べます。これはまた後で解説します。

 

ピン・ダイラウェッジのフィーリング

デザインはピンのグリップらしく縦のラインが入っています。写真だと分かりにくいですが、見た目からけっこう寸胴。

これが裏。

 

ピンのロゴが裏にあって、しかも上下がさかさまなのが特徴的です。

 

意味は知りません。

 

握り心地は柔らかめのラバーで、ねじれは少なめ。こういうタイプは摩耗が早いのがネックですが、安いので許します。

 

また、グリップの長さ自体が少し長いです。

 

振り心地やミスはどうなるのか

もともとアプローチが得意なので普段からミスが多い訳ではありませんが、引っ掛けのミスは減ります。

 

まぁ太いので手の無駄な動きは減りやすいです。

 

パター用グリップで太いタイプが人気を集めるのと同じ理由です。同じく太いと引っ掛けなくなるので、ピンタイプユーザーはいまだに細いタイプを使っていますね。

 

しかも、短く持った時も太いので近い距離でも安心感があります。

 

バリエーション

太さが三種類、バックラインの有り無しもあるので計6種類。

 

重さは以下の通りです。

カラーアクアホワイトゴールド
360 DYLAWEDGE LITE47.5g51g58.5g
DYLAWEDGE RIB 53g57g65g

 

これが360ダイラウェッジライト。

ウェッジ用でバックライン有りというのも面白いと思います。開いたときもどのくらい開いているかが手の感触で分かるので。

 

総評

ピンはグリップメーカー(だと思っている)ですから、重さが選べるのは非常にありがたいです。

 

私はウェッジのカウンターバランスを推奨していますから、重めのグリップでそれを再現しても良いでしょう。

 

と言いつつ、4gの鉛を入れています(笑)

 

まぁ、グリップは好みが分かれるところではありますが、私はリピート確定です。次組むウェッジもダイラウェッジで組むでしょう。

 

おススメ度

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
グリップ使用レビュー
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました