必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ピン・ダイラウェッジグリップレビュー|小テーパーのウェッジ専用グリップ

グリップ使用レビュー
LINE追加してクラブ診断
シダドルは試打から購入までをご自宅に居ながら体験できる新サービスです。アンケートに答えるだけで、私(リキ)があなたのお悩みに合わせた中古クラブをご提案し、ご自宅に配送、好きな場所で好きなだけ試打して購入できます。もちろん、合わなかったら無料で返却可能です!

ピンのウェッジについているやつ

たまたま知り合いの方のウェッジを打たせてもらったときに、このダイラウェッジを知りました。

 

ピンが自社のウェッジに装着を推奨しているテーパーを小さくしたウェッジ用グリップです。

 

テーパーが小さいので、グリップのヘッド側も太くなっており、ウェッジを短く持つ際にも普通に持つのと似たフィーリングになるのです。

 

しかもピンのグリップですから重さが選べます。これはまた後で解説します。

 

ピン・ダイラウェッジのフィーリング

デザインはピンのグリップらしく縦のラインが入っています。写真だと分かりにくいですが、見た目からけっこう寸胴。

これが裏。

 

ピンのロゴが裏にあって、しかも上下がさかさまなのが特徴的です。

 

意味は知りません。

 

握り心地は柔らかめのラバーで、ねじれは少なめ。こういうタイプは摩耗が早いのがネックですが、安いので許します。

 

また、グリップの長さ自体が少し長いです。

 

振り心地やミスはどうなるのか

もともとアプローチが得意なので普段からミスが多い訳ではありませんが、引っ掛けのミスは減ります。

 

まぁ太いので手の無駄な動きは減りやすいです。

 

パター用グリップで太いタイプが人気を集めるのと同じ理由です。同じく太いと引っ掛けなくなるので、ピンタイプユーザーはいまだに細いタイプを使っていますね。

 

しかも、短く持った時も太いので近い距離でも安心感があります。

 

バリエーション

太さが三種類、バックラインの有り無しもあるので計6種類。

 

重さは以下の通りです。

カラーアクアホワイトゴールド
360 DYLAWEDGE LITE47.5g51g58.5g
DYLAWEDGE RIB 53g57g65g

 

これが360ダイラウェッジライト。

ウェッジ用でバックライン有りというのも面白いと思います。開いたときもどのくらい開いているかが手の感触で分かるので。

 

総評

ピンはグリップメーカー(だと思っている)ですから、重さが選べるのは非常にありがたいです。

 

私はウェッジのカウンターバランスを推奨していますから、重めのグリップでそれを再現しても良いでしょう。

 

と言いつつ、4gの鉛を入れています(笑)

 

まぁ、グリップは好みが分かれるところではありますが、私はリピート確定です。次組むウェッジもダイラウェッジで組むでしょう。

 

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
グリップ使用レビュー
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました