必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ガーミンアプローチG80使用レビュー|レーダー測定機能付きのGPS距離計

ゴルフ周辺機器

ガーミンアプローチシリーズの手持ちタイプ

ガーミンアプローチG80は、大型ディスプレイを持つ手持ちタイプのGPS距離計です。有名なイーグルビジョンやショットナビと比べて倍以上の価格で販売されていますが、その機能の多さと使いやすさから人気のGPS距離計です。

今回は、ラウンドでの使用感と、G80の機能のうちトピックである飛距離計測器としての機能もレビューしてみます。

動画はこちらから。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

基本的な機能

電源を付けたら、ゴルフ場を選択。他社のGPS距離計とこのあたりは変わりませんね。

基本はこの画面が出ます。中央あたりにあるラインが最初に設定した自分の飛距離です。

メニュー

メインの左下の三本線がメニューです。ここをタッチすると、以下のような画面に移行します。

ホール選択

メイン画面の左上の赤いところをタッチすると、1~9の数字が出てきますので、今自分がいるホールを選択します。

基本的には自動で場所を検知するので、これを使うことはあまりないかと思います。

表示を大きく

メニューから「画面を大きく表示」を選択すると、こんな表示になります。さらに右下をタッチするとピン位置を変更できます。

ピン位置変更

先ほどの操作か、メイン画面のグリーンの所をタッチするとピン位置を変更できます。

グリーン上でドラッグすると、ピン位置が変わり、ピンまでの距離も見ることが出来ます。

3点間距離表示

ゴルフ場のカートについているナビのように、画面の任意の点をタッチすると3点間距離表示が出ます。

これにより、得意な距離を残すにはティショットやセカンドで何y打てば良いのかがすぐに分かります。

計測機能

ラウンド中であれば、この横のボタンを押すことで飛距離を測定する機能が使えます。

表示は、キャリーのみ、キャリーとトータル、トータルの距離の3種類から選択可能。

裏側のくぼみにボールをはめてセットします。

実際に計測された距離がこれ。

キャリーはほぼ正確かなと思います。この計測ではカート道に跳ねたので、8番アイアンでしたが、こんなくらいかなと。

mevoとの比較は動画で。

ガーミンアプローチG80の使い心地

画面が大きく見やすいので、操作は非常に簡単。スマホやカートに搭載されたGPSナビに使い慣れている人にとっては、説明書すら要らないと思います。

それだけ使いやすいです。

一方で、距離測定がワンタッチでなかったり、表示情報が少なかったりとやや画面サイズを持て余している感は否めません。

そしてもう一つ、測定器としての使い道です。初速はmevoと同程度なので、中々厳しい数値が出ます。バックスピン量は出ませんから、あくまで簡易計測器という印象です。

ただ、ゲームモードがあったりするので、ユピテルよりは使い道が多いと思います。7万円弱でこれだけの機能が買えるのは奇跡です。

総評

正直、お金があるならこれを買っておけば間違いないです。ラウンドでの使いやすさは同じくガーミンのアプローチS62には敵いませんが、練習場での使い道を考えるとこれもアリだなと思います。

ハイエンドなモデルとしてもかなり高価ではありますが、パフォーマンスが高いので十分価値はあると思います。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ゴルフ周辺機器
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました