必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ホンマX4実戦テスト|ヘッドスピード40m/s前後のプレーヤーのために設計されたウレタンカバーボール

ボール実戦テスト
専門家に相談してから買える「JUST GOLF」
ゴルフクラブを買うなら「JUST GOLF」で!豊富な知識を持った専門家に相談をして、あなたに最適なクラブを購入できます!私もアドバイザーとして参加していますので、クラブの買い替えを検討している方はお気軽にご相談ください。

コスパ抜群のホンマのゴルフボール

ホンマは2000円程度で購入できるD1が爆発的にヒットして、よくOBゾーンで見ますが実はツアーボールもちゃんと作っています。

 

前作ではTW-X、フューチャーXXの二種類のウレタンカバーのボールを販売していました。

 

特にTW-Xは1ダース4000円程度で購入できるにもかかわらず、大手のウレタンツアーボールに引けを取らない性能の高さで私も高評価したことを覚えています。

 

今回テストしたホンマX4は4ピースのウレタンカバーのゴルフボールで、ヘッドスピード40m/s前後のプレーヤーに向けて設計されています。

 

速くないヘッドスピードでも芯まで潰れて柔らかい打感と、スピン、飛距離を実現しているそうです。

 

中々このスピード域を対象にしたボールって少ないので貴重かもしれませんね。

 

ホンマX4の性能

飛距離性能

ドライバーを振れるのが上りのホールばかりだったので、計測結果はイマイチでしたが平均的には良く飛んでいたと思います。

スピン性能とアプローチ

写真撮るの忘れてしまいましたが、あんまり止まりません。

 

スピンバックはあまりせず、しても1mくらいです。

 

グリーン周りのアプローチの時のスピン量も多くはなく、グリーン周りではアイオノマーカバーのボールと似たようなフィーリングです。

 

方向性能

高さが低かったです。

ラウンド中は風が強く吹いてくる場面が多かったのですが、流されても2mくらい。

 

コントロールしやすいと感じました。

 

アイアンでもやや低いので止まらなかったのでしょう。

 

ホンマX4のデザイン

04の文字が、小さめでなんかちょっとかわいい(笑)

サイトスタンプのX4の字は大きめです。

 

ホンマX4の耐久性

耐久性はかなり高いです。が、打感は表面の硬さを感じるのであまりウレタンっぽくはないです。

 

もちろん、芯はソフトなのでアプローチとパター以外は柔らかい打感でした。

 

総評

私のようなヘッドスピードでどのくらいメリットがあるのかは分かりませんが、弾道の高さや耐久性は評価するに値します。

 

打感は正直柔らかいっちゃあ柔らかいですが、グニャグニャです。

 

個人的にはV1のようにもっちりしていたり、芯がやや硬めのボールが好みですし、パッティングの距離感が合いやすいです。

 

表面が硬くて芯が柔らかいのはハードヒッター向けでは無いと思います。

 

おススメ度

ホンマTW-X(2019)実戦テスト|コスパ抜群のツアーボール
ホンマTW-X(2019)の実戦テスト&レビューです。1ダース4000円のコスパ抜群なウレタンカバーのツアーボールです。アマチュアでもちゃんとスピンがかかるボールが使いたい、けどコストは抑えたいという人は本当に買った方が良いですよ。
キャロウェイクロムソフト実戦テスト|コアは歪んでいるが、性能は抜群、フィーリングも向上
キャロウェイクロムソフト2020年モデルをテストしました。前作を酷評したわけですが、2020年モデルは非常に完成度が高いです。トリプルトラックがとても使いやすく、パターにも貢献してくれる優れもの。新旧クロムソフトを切断して比較もしています。
クロムソフトX実戦テスト|前作から抜本的にモデルチェンジをして登場!!
キャロウェイクロムソフトX 2020年モデルのレビューです。クロムソフトと同時にコーステスト、切断をして検証した動画もあります。2020年モデルになって、前作とはまるで違う内部構造になっており、フィーリング、性能共に高評価のツアーボールです。
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ボール実戦テスト
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました