ボルビックVIVID SOFT使用レビュー|性能とフィーリングをレビュー

スポンサーリンク
ボール実戦テスト
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ボルビックVIVID SOFTとは

ボルビックは主にゴルフボールを作っているメーカーで、ドラコンに詳しい方なら海外の選手が使っていることで知っているかもしれません。

 

このVIVID SOFTは3ピースボールで、つや消し蛍光塗料でコーティングされています。対応ヘッドスピードは33~42m/s。私はヘッドスピード50m/s超えなので本当は使わない方が良いです。

 

では早速ボルビックVIVID SOFTをレビューしていきます。

 

ボルビックVIVID SOFTの打感

名前にソフトと入っているだけに、打感はとても柔らかいです。スネルのMTBブラックと同じくらい柔らかかったです。

 

クラブ別だと、ドライバーでも十分柔らかく感じるほどでアイアンではずっと打っていたいほど気持ち良いです。

 

また、パッティング時はすこし弾くような打感で距離感重視というよりかは直進性が高いです。

 

ボルビックVIVID SOFTの性能

飛距離性能

実測では上りで290yでした。

 

上りとしてはそんなに悪くないかと思います。どうしてもこの手のソフトな打感のボールは飛距離が出にくい傾向がありますので。

 

ですから、飛距離は普通と思ってください。特に困ることも得することもありません。

 

スピン性能とアプローチ

長めのアイアンからスピンがかかりにくくなります。

 

PWは5yほどバックスピンで戻ってきますが、7番アイアンでは少しだけランが出るのでスピンで戻ってくることはまずありません。

 

それから、アプローチは弾道が低いです。ロブショットのつもりで打っても思ったよっりだいぶ低く出るので、ランニングアプローチの方がイメージしやすいです。

 

方向性能

ボルビックVIVID SOFTを使用して一番良かったのが方向性でした。

 

ドライバーもアイアンもほとんど棒球で、打ち出し角にそのまま飛んでいくような弾道です。これは、パターでも同じで、パターが下手な私でも良いタッチが出ました。

 

デザイン

ボルビックと言えばこの蛍光色ですね。しかも、つや消しですから反射も気にならない。性能と利便性(視認性)を両立したデザインだと思います。

書いてある文字は太いので目立ちますがコンパクトなのでそこまで気になりません。

総評

打感飛距離スピン&アプローチ方向性デザイン

直進性に尽きるかなと思いました。飛距離もスピンもそんなにイメージが良くないので正直どんな人に向いているのかすら不明です。

 

トータルとしての性能はかなり中途半端です。デザインがシンプルで珍しい色なので他の人と被るのが嫌な人にはよいかも?

 

おススメ度★★☆☆☆

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
ボール実戦テスト
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました