クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

ボルビックS3実戦テスト|ボルビックらしい飛びと耐久性を実現

スポンサーリンク
ボール実戦テスト
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

3ピースウレタンボール

ボルビックは、ドラコン大会のスポンサーをしているメーカーで、飛距離系のボールやビビッドカラーののボールが有名です。

 

ウレタンカバーのボールも今回紹介するS3だけでなく、4ピースのS4の二種類を販売しています。

 

ヴィクトリアゴルフなどで正規販売していて、価格は6000円くらい。

 

S3とS4では対応ヘッドスピードが違い、S3は38~47m/s、S4が42~53m/s。

 

V1とV1xみたいな感じですかね。

 

ボルビックS3の性能

飛距離性能

最大飛距離は319y。きみさらずゴルフリンクスの10番ホール打ち下ろしでフォローの弱風。

結構飛んでいると思います。S4もそうでしたが、S3も思ったより飛んでいることが多いボールでした。

弾道はV1くらいのやや低め。強風の中池に入れる以外失くさずに済みました。

 

方向性能

高さが低めということ以外は普通です。

 

曲がり幅が狭いということも特にありません。

 

スピン性能とアプローチ

グリーンがやや硬かったのもあり、あまり止まりませんでした。

これは8番アイアンで乗せた時の画像。

 

落下角度がやや浅いからかもしれませんね。

 

ショートアプローチではスピンがめちゃくちゃかかるわけでは無く低めに打ち出してコロコロ転がる感じです。

 

S3のカバーはウレタンカバーといってもV1やTP5のような薄い感じではなくトップフライトのようなちょっと分厚いカバーかなぁと思いました。

 

S3のスピン量をデータで検証

思った通りなスピン量でした。

ウレタンカバーとしては多くありませんが、必要十分な感じです。

S3の耐久性

非常に耐久性の高いウレタンカバーだと思います。

ハーフ使ってこんな感じです。

画像では分からないくらいの傷しかつきません。

 

フィーリング

打感は柔らかめです。

 

カバーは少し硬くて、パターでは弾く感触がありました。

 

ドライバーやウッドは柔らかく、アイアンなどのヘッドスピードが遅いクラブではしっかりとした打感です。

デザイン

シンプルなデザインなのは相変わらず。

サイドスタンプはグレーの矢印とS3のロゴのみ。

ディンプルはぎっしり詰まった感じではなく、小さめのディンプルがぽつぽつあるようなデザインです。

総評

ボルビックS3はウレタンカバーでも飛距離重視のボールだと思います。

 

個人的には、このフィーリングならアイオノマーカバーのディスタンス系の方が、球が高くて止まりますし、方向性も良いので好きです。

 

ウレタンカバーなら、パターのフィーリングが良くてアプローチのスピンがかかるものが欲しいと思ってしまいます。

 

高いのもあってあまり押すめはしません。

 

おススメ度

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ボール実戦テスト
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました