クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

カエデボール実戦テスト|特殊なディンプルは飛距離に貢献しているのか?

スポンサーリンク
ボール実戦テスト
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

カエデディンプル

空力を重視して設計された”カエデディンプル”で、飛距離の最大化を狙っています。

 

通常の丸いディンプルではなく、三角形の出っ張りがたくさん配置されたお洒落なデザインです。

 

構造は3ピースで、アイオノマーカバー。

 

所謂ディスタンス系の構造、カバー素材ですね。ディンプルで飛んでいるかどうか、となると対抗馬はやはりJGRです。

 

ちょうど、テストした日もJGRの時と同じシャフトでしたので、比較しながら評価していきます。

 

カエデボールの打感

アイオノマーカバー特有のプラスチックのような打音で、打感も音に対応したような硬めのものでした。

 

丸いディンプルよりも、マッシプな部分が大きいので、硬く感じたのかもしれません。

 

カエデボールの性能

飛距離性能

調べる限り、トピックはやはり飛距離です。スピンのことはホームページには全く書かれておらず、ひたすら飛距離推し。

 

結果はどうだったかというと、全くもってダメでした。

 

かなり良い当たりで測ったのですが、278y。衝撃的だったので画像削除してしまいました(笑)

 

にわかに信じがたく、次のホールは5番ウッドでテスト。

 

その日一番の当たりでした。弾道は非常に高く、Z-STAR並み。

 

しかし!
飛距離は217y…

あの当たりで、これだけしか飛んでいないので、確信しました。

 

まぁ、私は一般人からはかけ離れたヘッドスピードですから、少なくともヘッドスピード50クラスのハードヒッターでは飛距離を伸ばすことはできないという結論にしておきます。

 

JGRとの違いは弾道の高さでした。おそらく、カエデボールの弾道を見ると吹き上がってしまっているのでしょう。

 

スピン性能とアプローチ

スピンは普通です。以前テストした2ピースのアリスターよりは止まります。

 

ただ、グリーン周りのアプローチではフェースに当たったそのままの角度で直線的に飛んでいきます。

 

方向性能

唯一この項目だけは満足できるものでした。

 

同伴の方に一球渡してテストしてもらったら、いきなりOBしていましたけど、私としては良い感触でした。

 

とにかく打ち出しの強さを感じますので、アイアンでもドライバーでも真っ直ぐ飛びます。

 

デザイン

 

耐久性

一応、素材自体はアイオノマーなので、耐久性は高いはずなのですが、そうでもないかも…

 

これは1ホール使った後の画像です。

 

総評

ナシ。

 

高い、飛ばない、止まらない。

 

おススメ度

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ボール実戦テスト
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました